■新型車情報/スパイフォト/噂など >マクラーレン(McLaren)

720Sの姿を借りたマクラーレンの新型ハイブリッドスポーツがテスト中。V6ターボ+エレクトリックモーターにて1000馬力?

投稿日:

| マクラーレンもフェラーリに対抗しないわけにはゆかない |

マクラーレン720Sの「ハイブリッド版」プロトタイプが目撃に。
なぜハイブリッドだと編別できるのかということですが、これは「電圧注意」の黄色いステッカーが車体に貼られているため。

なおマクラーレンはハイブリッドに対して非常に積極的なメーカーとして知られ、マクラーレン初のハイパーカー「P1」はハイブリッドですし、最新ハイパーカー「スピードテール」もハイブリッド。

ハイブリッド・プロトタイプはむしろ”アピール”?

加えてマクラーレンは「SUVを発売しない」かわりというわけではないですが、開発資源をハイブリッド、その先にあるEVに集中させるということも述べており、今後発売されるモデルはハイブリッドが中心になる、とも。

そこで今回の「ハイブリッド」プロトタイプにつき、これは720Sがハイブリッド化されるというよりは、720Sの車体を利用して新型ハイブリッドカーのテストを行っていると考えるのが妥当かもしれません。

mclaren-720s-hybrid-test-mule-spy-photo (1)

なお、マクラーレンの最近の通例というか、このプロトタイプにも「MVY04-BP23」という文字がオレンジで再現されています(最近のマクラーレンはプロトタイプ個別のナンバーを車体に記す傾向にある)。
加えて、左サイドには「ハイブリッド・プロトタイプ」の文字もあり、これはすなわち「目撃されても構わない」というか、むしろ「ハイブリッド開発中」のアピールなのでしょうね。

mclaren-720s-hybrid-test-mule-spy-photo (2)

マクラーレン自身はあたらしい「トラック25」ビジネスプランに基づいて18のニューモデルを(2025年までに)発売し、ハイブリッドモデルの拡充も宣言しているために今回のハイブリッド・プロトタイプについても唐突感はなく、そこにあるのは「何馬力になるのか」という純粋な興味。

フェラーリは今月末に「986馬力の」ハイブリッドスーパースポーツを発売しますが、これに直接対抗してくるのは間違いなさそう。

現在マクラーレン各モデルに採用されるエンジンは「V8ツインターボ」一本ではあるものの、新型ハイブリッドスポーツについては「V6ターボ」を採用する可能性が大きいとも報じられており、新型アストンマーティン・ヴァンキッシュも「V6+ハイブリッド」。
フェラーリの新型ハイブリッドについてはエンジン型式など不明ですが、今後は「V6+ハイブリッド」がひとつの新しい潮流になるのかもしれません。

mclaren-720s-hybrid-test-mule-spy-photo (3)

これについては、CO2排出量の問題もあるかと思われるものの、(ハイパワーな)ハイブリッドシステムを搭載するのであればガソリンエンジンでさほどパワーを稼がなくても良くなり、かつ軽量化や、既存シャシーにハイブリッドシステムを押し込むことを考えると、「2気筒削らないといけない」という切実な事情がありそうですね。

mclaren-720s-hybrid-test-mule-spy-photo (4)


この記事を読んだ人は、他にもこんな投稿を読んでいます

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

-■新型車情報/スパイフォト/噂など, >マクラーレン(McLaren)
-, , , ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5