>AMG/メルセデス(Mercedes-Benz) ■新型車情報/スパイフォト/噂など

なんか格好いいぞ?メルセデス・ベンツのフラッグシップEV、「EQS」試作車が目撃される。ウエッジシェイプの5ドアサルーン

更新日:

| ボンネットはかなり低く、リアデッキはかなり高い |

おそらくは市販モデル同様と思われるボディを身にまとうメルセデス・ベンツEQSのプロトタイプがはじめて目撃。
なお、「EQS」はメルセデス・ベンツのエレクトリックブランド「EQ」から発売される「Sクラスに相当するモデル」。

ただ、同じ「S」といえども「メルセデス・ベンツSクラス」とは大きく異なり、EQSはウェッジシェイプの効いた5ドアボディが与えられるようです。

なお、5ドアとする理由についてはおそらく「ユーティリティ」を優先させたものと思われ、これはポルシェ・タイカン、アウディe-tron GTも同様。
しかしながら本当の理由としては、各社がターゲットとする「テスラ・モデルSが5ドアだから」なのかもしれません。

6612c19e-2021-mercedes-eqs-spy-shots-36

今回目撃されたプロトタイプを見ると、ボンネットの形状は「メルセデス・ベンツらしくなく」、レンジローバー・イヴォークのようなフラットな形状を持っています。
ただ、先に発表された「EQC」には、ほかのメルセデス・ベンツ同様になめらかな丸みを持つボンネットが与えられていることを考えると、このEQSの「平らに見える」ボンネットは、物理的な構造材を用いたカモフラージュなのかもしれません(サイドの盛り上がりとともに、おそらくは物理的な偽装)。

76a9dffe-2021-mercedes-eqs-spy-shots-1

ヘッドライトは「暫定」なのかどうかわかりませんが、「吊目」っぽく偽装していて、CLSっぽく見せようとしているのかもしれませんね。

eaad33a0-2021-mercedes-eqs-spy-shots-41

テールランプは「暫定」ではあるものの、リアバンパー等は今すぐにでも生産にかかれそうな形状を持っていることがわかります。
こちらも厚い偽装によって形状の判断が難しく、しかしおそらくは「CLS」のような、なだらかに下がるテールエンドを持つ可能性が高そう。

そしてちょっと興味深いのは、後部ドアに、上に向かって伸びるプレスラインが見えること。
現在メルセデス・ベンツはプレスラインとエッジを廃止する方向に動いており、それはEQCも同様なので、これはかなり意外な部分でもありますね。

5f38c311-2021-mercedes-eqs-spy-shots-35

こうやって見ると「かなりフロントが下がっている」ことがわかりますが、いろいろな意味で「既存のメルセデス・ベンツとは異なる」部分が多そう。
なお、ドアはサッシュレスのように見えますね。

3b73ce14-2021-mercedes-eqs-spy-shots-39

このメルセデス・ベンツ「EQS」については、2021年に発売されると言われ、ダイムラーグループの新しいプラットフォーム(EV専用のMEA=モジュラー・エレクトリック・アーキテクチャー)を採用することになると思われます。

これまでの話だと前後に一つづつモーターを備える「2モーター」駆動となり、EQCの「400馬力」以上の出力を持つ可能性が高く、さらには600馬力を超えるAMG版も発売されるとも。

一回の充電あたり走行距離は500キロを予定し、メルセデス・ベンツSクラス同様、48ボルトシステムにて稼働するアクティブサスペンションを持つ、という話もありますね。

VIA:CARSCOOPS

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

  • この記事を書いた人

管理人:JUN

ランボルギーニ/ポルシェ/ホンダオーナー。 ハイパフォーマンスカーを中心に、それにまつわる話、気になるクルマやバイク、モノ、出来事などを紹介します。

->AMG/メルセデス(Mercedes-Benz), ■新型車情報/スパイフォト/噂など
-, , , ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5