ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>レンジローバー/ランドローバー(RangeRover) ■新型車情報/スパイフォト/噂など

【動画】新型ランドローバー・ディフェンダーがニュルを走行中!もともとサーキットを走るクルマではないので転んでしまいそう

投稿日:2019/07/31 更新日:

| 新型ランドローバー・ディフェンダーはオンロード走行性能も重視していると考えるべきか |

ちょっと前までは新型ランドローバー・ディフェンダーに関し、内外装のリークがネットを賑わせていたものの、ここ最近はそれもパタリと止んでしまい、おそらくはランドローバーの「管理」が厳しくなったものと思われます。

そんな中、今回はランドローバー自身がニュルブルクリンクにて、新型ディフェンダーを走行させる様子が動画に収められることに。

そしてこれを見ると、ショートボディ、ワイドボディ両方がテストされているようですね。

新型ランドローバー・ディフェンダーは「日常的に使えるクルマ」だと言えそうだ

なお、レンジローバー・スポーツはもちろん、ヴェラールやイヴォークともディフェンダーは異なり、「ディフェンダーは生粋のオフローダー」。
それでもこうやってニュルブルクリンクでのテストを行うということは、ランドローバー自身、ディフェンダーに対して日常性、つまりオンロードでの走行性能も求めている、ということになりそうですね。

l6

こちらは「ロングボディ」。
まだまだ偽装が厚く、真のディフェンダーの姿を想像するのは難しい状況ではあるものの、これから徐々にその姿が判明してゆくことになりそう。

l2

そしてこちらはショートボディ。
見るからに「転びそう」ではあるものの、もちろんランドローバーは「タイムアタック」をしているわけではなく、「どのくらいまで(転ばずに)イケるのか」をマイルドに試しているようにも見えます(走行している速度はかなりゆっくり)。

l1

なお、新型ランドローバー・ディフェンダーには「3つの」ボディタイプが存在することが明らかになっており、ひとつはショートボディの「90」、そしてロングボディの「110」。
ここまでは従来のディフェンダーから容易に想像でき、しかし今回の新型ディフェンダーではさらに長い「130」が(遅れて)発売されることが(ランドローバーの)プレゼンテーションから明らかになっています。

こちらが今回の「ショート」「ロング」両方を収めたスパイビデオ。

あわせて読みたい、新型ランドローバー・ディフェンダー関連投稿

現在のところ、まだまだ情報が少ないのが新型ランドローバー・ディフェンダーですが、いくつかリーク画像も登場しており、なんとなくではあるものの、その姿が想像できるところまで来ています。

https://intensive911.com/?p=178336

VIA:Carspotter Jeroen

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->レンジローバー/ランドローバー(RangeRover), ■新型車情報/スパイフォト/噂など
-, , , , , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5