>ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど >ランボルギーニ・アヴェンタドール関連 >ランボルギーニ・ウラカン関連

ランボルギーニがウラカン、アヴェンタドールの「アートカー」を製作。ウラカンを手掛けるのはセレブを顧客に持つタトゥーアーティスト

投稿日:2019/08/11 更新日:

| アヴェンタドールを担当するのは19歳のストリートアーティスト |

ロサンゼルスを中心に活動し、ハリウッドセレブに大人気のタトゥー・アーティスト、ドクター・ウー(Dr.Woo)とランボルギーニがコラボ。
今回はランボルギーニ・ウラカンEVOスパイダーの内外装を「ドクター・ウー仕様に」カスタムしています。

なお、これはランボルギーニが最近ポルト・セルボ(リゾート地)にオープンさせた”ランボルギーニ・ラウンジ”にて披露したもの。

ちなみにランボルギーニ・ラウンジとは、「ランボルギーニが高級マンションをプロデュースしたら」というコンセプトに基づき、期間限定にて「高級空間」をオープンさせるもの。
これまでにもニューヨークやモンタレーにオープンさせていますね。

ウラカンEVOのシートに直接「タトゥーを彫る」

今回、ドクター・ウーがウラカンEVOスパイダーに施したのは「円と直線」とをモチーフにした図柄。
外装についてはおそらく「彫った」わけではないと思われるもの、インテリアではそのレザー部分に直接タトゥーを「彫って」いるようですね。

q3

なお、このウラカンEVOスパイダーのボディカラーは「Giallo inti」、インテリアカラーは「Nero Ade」と「Giallo Tauras」とのコンビネーション。

q1

ランボルギーニは「アートカー」に注力?

そしてランボルギーニはもう一台、アヴェンタドールSのアートカーを作成。
これは19歳のストリートアーティスト、スカイラー・グレイ氏がアヴェンタドールSをキャンバスに見立ててペイントを行う、というもの。

q5

今回公開されたのは「ペイント中」の画像のみで完成状態は「次回」に持ち越されるようですが、こちらも「二台と無い」個性を持った車になりそうですね。

q6

VIA:Lamborghini

その他にはこんなアートカーも

日本の自動車メーカーは「アートカー」を作成することは非常に少ないと認識していますが、欧州のメーカーは積極的にこれを作成し、中には「定期的」にアートカーを発表するメーカーもあるようですね。

単にプロモーション目的で製作する場合もあれば、これをオークションにかけ、その収益金を寄付するなど社会貢献のために行うケースも見られます。

一方、欧州であっても「全くアートカーを作らない」メーカーも存在し、フェラーリは公式にアートカーを作ったことがないと記憶していますが、これも「フェラーリはけして広告活動を行わない(フェラーリ・ネバー・アドバタイズ)」という方針の現れなのかもしれませんね。

この記事を読んだ人は、他にもこんな投稿を読んでいます

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど, >ランボルギーニ・アヴェンタドール関連, >ランボルギーニ・ウラカン関連
-, , , , , ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5