>パガーニ(PAGANI) >マクラーレン(McLaren) ■そのほか車関連のネタなど

【動画】部屋の中にパガーニ・ゾンダを置く男!そのガレージもまたファンタスティックだった

投稿日:2019/08/13 更新日:

| その職業はレーシングドライバー。レーシングカー、スーパーカーを中心にコレクション |

以前にネットをザワつかせた、「リビングルームにパガーニ・ゾンダを飾ってしまった男」の自宅ガレージそしてリビングルームが公開に。
その様子を紹介してくれるのは我らがユーチューバー、Shmee150氏です。

なお、このマイアミにある自宅そしてガレージのオーナーはインスタグラマー69rideordie氏(アルゼンチン出身で、本名はPablo Perez Compancというらしい)。
ここでその驚きの内容を見てみましょう。

コレクターの個性はそのクルマに現れる

なお、これまでにもいくつか「驚きの」ガレージを紹介してきましたが、こうやって見ているといくつかの「パターン」があるようですね。
たとえば「特定カラー」のクルマのみを集める人、特定メーカーのクルマのみを集める人、メーカーこだわらずにハイパフォーマンスカーのみに特化する人、そしてクルマの他にも「グッズ」にこだわる人などなど。

そして今回の69rideordie氏のガレージは「レーシングカー」がテーマのうように思われます。

こちらはガレージの「一部」。
複数台のフォーミュラカーが見えますね。

p12

そしてガレージ中央にはパガーニ・ゾンダ・レボルチオン。
ゾンダ・レボルチオンはわずか5台のみが製造され、その価格は2億8000万円。
出力は800馬力、公道走行は不可能だと言われています。

p11

ガレージ内でもこのゾンダ・レボルチオンが特別扱いされていることがわかりますが、パガーニ愛が強く感じられるガレージでもありますね。

p8

なお、パガーニ創立者、オラチオ・パガーニ氏もアルゼンチン出身であり、「同郷」というところがさらにパガーニ愛を強めているのかもしれません。

こちらはパガーニ・ゾンダ・レボルチオンのインテリア。
通常のゾンダに比較してもさらにスパルタン。

p7

Pablo Perez Companc氏の職業はレーシングドライバーとのことで、どうりでこのガレージの内容も「納得」。
なお、ガレージ内のストックルームには多数のタイヤやパーツ、オイル等が保管されています。

そしてカートの奥にはラリースペックのスバル・インプレッサ。
バイクにカート、サーキットにラリーといった具合で「なんでもあり」の人のようですね。

p6

こちらはランボルギーニ・ガヤルド・スーパートロフェオ・ストラダーレ、そしてウラカン・スーパートロフェオ。

p9

パリダカ用の車両、NASCARも。

p10

ポルシェ911GT2RS。
結構珍しいカラーで、グレーにホワイト、そしてライトブルーのライン入り。

p5

そうとうに珍しい、ミントグリーンのマクラーレン・セナ。
ボディカラーはもちろんですが、ホイールのセンターロック、ブレーキキャリパーまでもがグリーンですね。

p3

インテリアもグリーン。
ブラック部分はアルカンターラです。

ちなみにこのマクラーレン・セナは友人がこの場所を借りて置いているとのことで、本来であればパガーニ・ウアイラBC(現在はイタリアのパガーニ本社に送られている)が鎮座しているスペースのようですね。

p4

そしてこちらが、リビングルームの真ん中に鎮座するパガーニ・ゾンダR。
リアウイングにはパガーニのスタッフのものと思われるサインが記されており、当然ではありますが、この人が「相当に高いポジションにある」VIPだということもわかります。

このゾンダRについてはおそらく展示用で、内装やエンジン等は入っていないようですが、それでもボディは「実車と同じ」ように見え、かつ裏側もフルカーボン仕様となっています。

p2

そしてこちらはアマルガム製、1/8サイズのモデルカー。
当然ですが、こちらも相当な金額になると思われ、おそらくはゆうに100万円を超えるのは間違い無さそうですね。

p

あわせて読みたい、パガーニ・ゾンダ関連投稿

VIA:Shmee150

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->パガーニ(PAGANI), >マクラーレン(McLaren), ■そのほか車関連のネタなど
-, , , , ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5