■新型車情報/スパイフォト/噂など >マクラーレン(McLaren) ■ニュース

これがマクラーレンの新型ロードスターだ!サイドウインドウなし、フロントウインドウは申し訳程度。運転時にヘルメットは手放せない

投稿日:

| 過去のレーシングカー「M1」風の優雅で力強いスタイル |

マクラーレンが、ウワサされていた「ロードスター」のティーザー画像を公開。
これはマクラーレンのトップレンジ「アルティメットシリーズ」からの発売となり、つまりP1やセナ同様に究極のパフォーマンスをもつクルマ、ということになりますね。

そしてこの画像を見ると、申し訳程度のフロントスクリーンがあるだけで、サイドウインドウも無いという状態。

ただ、そういったスパルタンな仕様にもかかわらず、これまでのマクラーレン(とくにアルティメットシリーズ)とは異なり、エレガントな印象すら感じられる、と思います。

運転するにはヘルメットが必須

現時点ではスペックについて公開されていないものの、フェラーリ・モンツァSP1/SP2の対抗といわれるからには800馬力以上だと思われ、となると「相当なスピードが出る」ため、運転時はヘルメットの着用が必須だと言えそうですね(おそらくはボディカラー同色のヘルメットが付属)。

今回公開された画像ではその細部までを伺うことはできないものの、フロントはけっこう「尖って」いるように見えます。
ヘッドライトはなんとなく720Sやスピードテール風に見え、フロントフード中央にはエアアウトレットがあるようにも。

a

そして問題は「サイド」で、ドアのサイズはかなり天地に小さく、つまりサイドシルが相当に高いということがわかります。
ドア継ぎ目の形状からすると、おそらくはマクラーレンのアイコンとも言えるディヘドラルドア(バタフライドア)を採用していると思われますが、ドアミラーはこれまでのモデルとは全く異なる形状を持っています。

フロントスクリーンは「申し訳程度」になにか取り付けられているだけで、ルームミラーはダッシュマウント。

シートのヘッドレスト形状を見ると、セナと同じ「超軽量なカーボン製バケットシート」のように見え、その後ろにはスピードスターカバーも。

a2_edited-1

リアフェンダー上には大きなエアインテークが見られ、テールにかけて優雅なラインが連続。
テールはなだらかに下がっているようで「ウイングなし」。
ただしパネルの継ぎ目を見るとリトラクタブル式のスポイラーを持つようです。

テールランプは「スピードテール」「GT」同様の「横一直線」形状を持つものと思われます。

a3

やっぱり新型ロードスターのオマージュ元は「M1」?

なお、今回の新型ロードスターについて、「過去のレーシングカー」へのオマージュだとされていましたが、マクラーレンにとって「アイコニックな」レーシングカーは「M1」のみだと思わます(バリエーションはいくつかある)。

こうやってM1を見ると前後の盛り上がったフェンダー、尖ったフロント、小さなドア、リアフェンダー上のサイドウインドウなどが今回発表された新型ロードスターと共通しており、やはりこのニューモデルは「M1へのオマージュ」なのかもしれませんね。

VIA:McLaren

この記事を読んだ人は、他にもこんな投稿を読んでいます

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

-■新型車情報/スパイフォト/噂など, >マクラーレン(McLaren), ■ニュース
-, , , , , ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5