■新型車情報/スパイフォト/噂など >ロータス(Lotus) ■ニュース

【動画】スーパーカーブロンディ、ロータス・エヴァイヤに乗る。さらには女性ならではの視点でエヴァイヤの細部を斬る

更新日:

| スーパーカーブロンディは「ロータス・エヴァイヤを運転した、最初のロータス社外の人」に |

ドバイ在住のユーチューバー、スーパーカーブロンディさんが「ロータス・エヴァイヤ」のレビューを動画にて公開。
スーパーカー系としては珍しい女性ユーチューバーですが、これまでにもスーパーカーブロンディさんは「5000馬力のデヴェル・シックスティーン」や「アポロ・インテンサ・エモツィオーネ」、そして世界で最も高価なペイントを持つ、日本のブガッティ・シロン等、一般人では見ることができないようなクルマを紹介しています。

まだ試作品なるも、ちょっとだけ走行が可能

そして今回はモンテレー・カーウィークにて登場したロータス・エヴァイヤを早速チェックしていますが、実際にエヴァイヤを走らせており、「ロータス社外の、そしてユーチューバーとしては最初にロータス・エヴァイヤを運転した人」に。

まず、充電ポートは車体後部にビルトイン。

s5

ヘッドライト内部にはリブが設けられており、けっこう繊細な作り。
これまでのロータスは「走行性能のために、すべてを犠牲に」してきたように思われますが、現代においてハイパーカーを購入する人々は、性能よりも「美しさ」「排他性」を重要視する傾向があり、ロータスはそこに着目してきた、ということになります(もう性能だけでスーパーカー、ハイパーカーが売れる時代ではない)。

s14

エヴァイヤ(Evija)というネーミングは、「始まり」を指し、ロータスにとっての新しい出発点を示すとアナウンスされていますが、まさにこういった”走行性能に影響がない、細部の造形にこだわった”ところは「ロータスの新しい考え方」を示すものだと言えそう。

s14

フレームはマクラーレン同様に「カーボンモノコック」。
後ろの方はかなりな高さがあるものの、足先を入れる方はその高さを抑え、乗降性に配慮しています。

s11

エヴァイヤに乗り込むのはかなりキツそうだ!

s4

エアコン等の操作はセンターコンソール上のタッチ式パネルにて。

s3

ステアリングホイールはかなり小さい!
なお、ペダル、センターコンソール、ステアリングホイールセンター脇にある調整用ノブにはいずれも同じ「六角形の」意匠が用いられており、高いデザイン製を持つことがわかります。

s2

チョイとわかりにくいのですが、シートの中央には金属製のベルトが通っており、ここには好きなメッセージを入れることができる、とのこと。
この車両の場合は「FOR THE DRIVER」という文字が入っていますが、こういった部分も「新しいロータス」を感じさせるところですね。

s12

こちらのプッシュボタンを押すと、その下にある小物入れが出てくるようですね(動画では実際に作動していないので、この機能は現在調整中なのかも)。

s13

そして実際にドライブ。
おそらくこの個体はプロトタイプであり、さほどスピードを出せないものだと思われ、駐車場を軽く走るのみ。
それでも、このクルマを運転できる人はごくわずかしかおらず、羨ましい限りです。

s

ロータス・エヴァイヤはこんなクルマ

ロータス・エヴァイヤは発表されたばかりの「ロータス最新モデル」。
2000PSを誇るピュアエレクトリックカー(EV)で、生産は2020年からの予定だと紹介されています。

0-100キロ加速は3秒以下、最高速は実に322km/h、そしてこのハイパフォーマンスにかかわらず一回の充電あたり走行可能距離は402キロ。
なお、車体重量は1,680kgだと発表されています。

s7

上述の通り、ロータスの新しい時代を示し、これからのロータスの道標となるクルマですが、エヴァイヤの価格は2億5000万円前後だと見られ、限定台数は130台のみ。

VIA:Supercar Blondie

あわせて読みたい、ロータス・エヴァイヤ関連投稿

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

  • この記事を書いた人

管理人:JUN

ランボルギーニ/ポルシェ/ホンダオーナー。 ハイパフォーマンスカーを中心に、それにまつわる話、気になるクルマやバイク、モノ、出来事などを紹介します。

-■新型車情報/スパイフォト/噂など, >ロータス(Lotus), ■ニュース
-, , , , , ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5