ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

■車/バイクの試乗記、展示会やイベントなど ランボルギーニ・ウラカン

ちょっとした意識の変化。ウラカンと組み合わせて使用する車について

投稿日:2015/03/07 更新日:

DSC02994

ぼくは幸いな事に基本2台体制で車を運用していますが、「完全に趣味の車」+「ある程度実用的で知的好奇心を満たしてくれる車」という組み合わせになるように意識しています。

ガヤルドを保有していた期間は、もう一台としてVWシロッコ、アウディTT、ポルシェ981ボクスターなど、スポーティ/スポーツカーを選択することが多くなっています。

これはなぜかというと、ガヤルドは乗り心地や燃費、快適性を考えると「どこにでも」乗ってゆくのは難しく、しかしガヤルドに乗りたいという気持ちもあり、その「乗りたいが乗れない」という気持ちを代弁するものとして、スポーティー/スポーツカーを選んでいた、と考えています。
かつ、ガヤルドの心理的バイアスによって、ランボルギーニと同じグループの車を選んでいた、とも言えますね。

さて、ウラカンですが、これはガヤルドに比べて日常性が飛躍的に向上しています。
燃費はじめ静粛性、そしてクリープのあるデュアルクラッチ。
となると、今までは「ガヤルドともう一台」でカバーしていた領域を、「ウラカン一台」でカバーできることになります。
そこで、「+一台」に求める要素が変わってきた、ということです。

ガヤルド「+一台」のときはガヤルドに似た要素を求めていたものの、ウラカンの場合は「ガヤルド+一台」の要素をウラカンが持っているために、今までとは全く別の選び方が出来る、ということですね。

そういった意味において、今まではなかなか選ぶことが出来なかった電気自動車という選択にて「知的好奇心」の要素を重視したいと考えるようになっていますが、自分でもちょっと面白い傾向だなあ、と考えています。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

  • この記事を書いた人

JUN

人生において戻せないもの、それは4つ。「失われた機会、過ぎ去った時間、放たれた矢、口から出た言葉」。とにかくチャレンジ、しかし紳士的にありたいと思います。

-■車/バイクの試乗記、展示会やイベントなど, ランボルギーニ・ウラカン
-, , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5