■新型車情報/スパイフォト/噂など >VW(フォルクスワーゲン/Volkswagen)

VWはすでに新型ゴルフの生産を開始。加えて10月24日のイベントにてゴルフ8を公開すると発表

投稿日:

| イベントはヴォルフスブルグにて、GMT16:00から |

フォルクスワーゲンが10月24日にヴォルフスブルクにて開催(GMT16:00)されるイベントにて、新型VWゴルフ、つまりゴルフ8をお披露目する、と発表。
なお、新型ゴルフのテーマは「Life Happens with a Golf」。
さらにフォルクスワーゲンは、ゴルフ8の持つ完璧なデザイン、デジタル化、ネットワークアシスト(つまりコネクティッド?)、経済性、エレクトリック化において新しいスタンダードを確立する、と述べています。

新型フォルクスワーゲン・ゴルフは侵攻準備完了?

加えてフォルクスワーゲンは「新型ゴルフの生産はもう始まっている」とも唐突に語っており、発表後は即座に世界中に出荷されることになるのかもしれません。

ちなみに、ゴルフ8については、本来であれば今年3月のジュネーブにて発表されて5月から生産が始まる予定であったものの、何らかの事情によって発表延期。

その後9月のフランクフルト・モーターショーで発表されると目されていましたが、やはりここでも発表されず、フォルクスワーゲンブースのメインを飾ったのはピュアエレクトリックカーのID.3。※さすがにフランクフルトではID.3に花を持たせたかったのかも

こんな感じで遅れに遅れてしまった新型ゴルフの発表ですが、日程まで公開された以上はここから遅れるとは考えにくく、あと数週間の辛抱ということになりますね。

現在、フォルクスワーゲンから新型ゴルフについて多くは語られず、そのデザインについては「パワフル・プロポーション」とだけ。
ただしこれまでのスパイフォトを見るにその姿は「どこからどう見てもゴルフ」。

そしてゴルフはフォルクスワーゲンにとって「絶対に失敗してはならない」モデルでもあり、そして販売数量が見込めるだけに多大なコストをかけられているはずで(それはゴルフ7も同様)、フォルクスワーゲン自身の言う通り「新たなるスタンダードを確立」するのはまず間違いないだろう、と考えています。

フォルクスワーゲングループはシナジー効果を最大化している

フォルクスワーゲンは今や世界一の販売台数を誇る自動車メーカーであり、グループ内にはアウディ、ポルシェ、ランボルギーニ、ベントレー、ブガッティなど錚々たる顔ぶれが揃い、各ブランドが強みを活かした開発を行うのが特徴。

たとえばポルシェであればそのモータースポーツで培った技術を生かしてグループ内の高性能エンジン開発を引き受け(変わりのほかブランドは基本的に高性能エンジン開発を行わない)、アウディはエレクトリック技術を担当するといった具合ですね(さらにデザイン面に関しては”イタルデザイン”も有している)。

そんな「役割分担」といったこともあってフォルクスワーゲングループの各ブランドは「他ブランドの開発した強みを」利用することが可能となり(アウディやベントレー、ランボルギーニはポルシェのエンジンを利用できる)、より低いコストで、より性能の高い車を開発することが可能となります。

つまりVWグループ内では、すべてのブランドがシナジー効果や技術の平準化という恩恵を受けることできる体制が整っており、それはフォルクスワーゲンブランドとしても例外ではなく、よって新型ゴルフは「VWグループの技術の結晶」として登場し、圧倒的優位を発揮するだろう、とも考えているわけですね。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

  • この記事を書いた人

管理人:JUN

ランボルギーニ/ポルシェ/ホンダオーナー。 ハイパフォーマンスカーを中心に、それにまつわる話、気になるクルマやバイク、モノ、出来事などを紹介します。

-■新型車情報/スパイフォト/噂など, >VW(フォルクスワーゲン/Volkswagen)
-, , , ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5