>アルファロメオ/フィアット/アバルト(Alferomeo/FIAT/ABARTH)

アルファロメオ最後のロードゴーイングレーシングカー「TZ2」が54年ぶりに蘇ったら?”コンセプト・ストラダーレ”登場

投稿日:

| アルファロメオはもともと豊富なモータースポーツヘリテージを持つスポーツカーメーカー |

レンダリングアーティスト、オスカー・ヨハンソン氏がアルファロメオ・コンセプト・ストラダーレを公開。
近年のアルファロメオというと、MiToやジュリエッタのようなコンパクトカーの印象、もしくはジュリアやステルヴィオといった4ドアセダンやSUVのイメージが強くなっていますが、もともとアルファロメオというと高級車、そしてモータースポーツをバックボーンに持つ自動車メーカー。
実際にF1でもドライバーズタイトルを1950年(ジュゼッペ・ファリーナ)、1951年(ファン・マヌエル・ファンジオ)に獲得するなど華々しい活躍を見せています。

アルファロメオTZ2の現代版?

今回公開されたレンダリングを見ると、かつてのレーシングカー、「アルファロメオTZ2」の姿も。
アルファロメオTZ(チュボラーレ・ザガート)2は1959年にデビューした、そしてアルファロメオ最後のロードゴーイングレーサーとも言われたモデル。
これはジュリアをベースとしてチューブラーフレームにて組み上げたロードカー/レーシングカー「TZ」の改良版で、そのボディをFRP化するなど戦闘力を高めたクルマであり、12台のみが生産された、とも言われます。

なお、エンジンは1.6リッター165PS、車重はなんとわずか620キロ(TZよりも40キロ軽い)。
ロードゴーイングレーサーとは言われるものの、実際はレーシングカーのみの生産で、顧客に納車されたのは10台のみ(残り2台はショー用)。※ベースとなるアルファロメオTZはロードカーとレーシングカー両方が存在

そして今回のコンセプト・ストラダーレはこの「アルファロメオTZ2」を現代に蘇らせたとも考えられますが、1965年のTZ2から54年分の進化を果たした、ということになりますね。

8e591285811257.5d8761aca056a

そして、こういった「数十年の空白」があるクルマをデザインする場合、オリジナルモデルの数年後に後継モデルが登場していたらという仮定を行って「仮」デザインを行い、そのまた数年後に後継モデル、また何年後かに後継モデル・・・という感じで数十年のブランクを埋めると言われます(今回、どういった手法でコンセプト・ストラダーレがデザインされたのかは不明)。

ef13a585811257.5d8761aca13c3

今回の「アルファロメオ・コンセプト・ストラダーレ」を見ると、低く、長くそして流麗なスタイリングが見られますが、レッドとブラックの色使いは「TZ3ストラダーレ・ザガート(2011)」っぽさも感じさせますね。

00a30d85811257.5d8761ac9fe0f

ちなみにこちらがアルファロメオTZ3ストラダーレ・ザガート。

L1100129

VIA:Behance

未来派アルファロメオのレンダリングはほかにもこんなものが

アルファロメオは上述のようにモータースポーツと強いつながりを持っており、過去には豊富な「アイコン的モデル」も。
よってデザイナーにとっては格好のモチーフということになりますが、ここで「これまでに公開された」未来派アルファロメオのレンダリングの一部を見てみましょう。

未来のアルファロメオはこうなる?過去の名車「テーィーポ33」「モントリオール」がモチーフのレンダリングが登場

伝説のアルファロメオ・ティーポ33が現代に蘇ったら?オリジナルの雰囲気をよく捉えたレンダリングが公開

アルファロメオ8C後継、「18C」のレンダリング登場。過去と未来の融合したナイスなデザイン

9c7840e9-alfa-romeo-discovolante-homage-17

もしもアルファロメオ「ディスコボランテ」が復活したら?古典的ロードスター風味のスーパースポーツが公開に

アルファロメオ「LEA 2019」コンセプト登場!かつてのレーシングカーを思わせる優雅なデザインに最新テクノロジーを投影

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5