>AMG/メルセデス(Mercedes-Benz) ■新型車情報/スパイフォト/噂など

メルセデス・ベンツも「北米よりも中国」。広州モーターショーにて、マイバッハGLSを世界に先駆けて初公開すると発表

投稿日:2019/11/14 更新日:

| 中国市場は今でも自動車メーカーにとって魅力的に映るようだ |

メルセデス・ベンツ(ダイムラー)が、ブランニューモデルでもあるメルセデス・マイバッハGLSのワールドプレミアを、11月21日から行われる広州モーターショーにて行う、と発表。※画像はマイバッハ・アルティメイト・ラグジュアリー・コンセプト
同じく広州モーターショーにてニューモデルの世界初公開を行うのはレクサスですが、ほかではアルファロメオも「世界に先駆け」中国で新型(フェイスリフト版)アルファロメオ・ステルヴィオ/ジュリアを公開しています。

つまり、高級車においても(市場の性質に合わせたとはいえど)中国重視の傾向が顕著になっているということを意味しており、これは「中国以外の市場での限界、伸び悩み」を感じているということなのかもしれません。

室内空間は「ファーストクラス」

メルセデス・ベンツによれば、マイバッハGLSは最先端の技術を用いており、それが乗り心地含む「高級体験」を生むと主張。
ベースとなるのは、メルセデス・ベンツではもっとも大きなSUVであるGLSで、よって前席、後席ともに「ファーストクラスのような」快適さ、スペースを提供するとも述べています。※メルセデス・ベンツは実際に、ルフトハンザ航空機のファーストクラスのデザインを手掛けているので説得力がある

現時点でメルセデス・マイバッハGLSについて、内外装やスペックは公開されていないものの、これまでに目撃されたプロトタイプから判断するに前後バンパーは専用品となり、GLSに比べると「カドが取れたまろやかさ」を持つように思われます。

メルセデス・ベンツの最高級SUV、「マイバッハGLS」がほぼ偽装なしで走行中。この巨大さを見よ

【動画】クーペSUV?何それ?巨大でボクシーなボディを持つ新型メルセデス・ベンツ・マイバッハGLSが偽装無しで悠々と路上を走る

なお、メルセデス・マイバッハGLSのライバルとしては、ベントレー・ベンテイガ、レンジローバーSVオートバイオグラフィーといった2000万円台半ば以降の車になると思われ、場合によってはロールスロイス・カリナンも。
もしかすると「豪華なインテリア」という点ではアストンマーティンDBXも競合しそうですね。

高級SUVは中国がメインマーケット

そして、当のアストンマーティンDBXは「中国がメイン」と言い切っていて、それはメルセデス・ベンツとて同じ。
メルセデス・ベンツは中国の富裕層に向けた「マイバッハ・アルティメイト・ラグジュアリー・コンセプト」を北京モーターショーにて公開していますが、これに採用された要素のうちいくつかは、新型メルセデス・マイバッハGLSに取り入れられるかもしれません。

かつて、多くの自動車メーカーが「普及価格帯の」自動車市場として中国になだれ込んだものの、現在では中国の自動車メーカーも力をつけてきており、低価格帯のクルマにおいては、(中国)国産メーカーのシェアがどんどん高くなってきている、とも報じられます。

ただし高級車市場においては、まだまだ海外自動車メーカーが大きな存在感を示すことができるものと思われ、各社とも生き残りをかけ、高級車市場にチャンスを見出している、ということなのでしょうね。

Vision Mercedes-Maybach Ultimate Luxury, Auto China 2018

メルセデス・ベンツが全力で中国に媚びた「マイバッハ・アルティメイト・ラグジュアリー・コンセプト」発表

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5

f