>マクラーレン(McLaren) ■ニュース

【動画】マクラーレン・セナがフェラーリ488ピスタの記録を大幅に更新しコースレコード樹立!ホッケンハイムGPコースにて

投稿日:2019/12/21 更新日:

| ニュルブルクリンクでどれだけのタイムを出せるのかが気になる |

欧州の各サーキットへと車両を持ち込み、タイムアタックを行うことで知られるSport Auto。
今回はマクラーレン・セナをホッケンハイムGPコースへと持ち込んで市販車におけるコースレコードを更新し、そのオンボード映像を公開しています。
ちなみにそのタイムは1:40.79で、これまでの「最速」であったフェラーリ488ピスタのタイムを5秒以上更新するという驚愕の結果に。

なお、マクラーレンは自社のトップエンドとして「アルティメット・シリーズ」というラインアップを持ち、ここに属するのはP1、セナ、スピードテール、そしてエルヴァ。
ただしそれぞれにキャラクターがあり、P1はハイブリッド、セナはピュアなサーキット志向モデル、スピードテールはツアラー型の最高速追求モデル、エルヴァはドライビングエクスペリエンス特化型、というイメージ。

セナはデビュー当時、そのスタイルがあまりに「イケてない」という批判を招くことになり、デザイナーは「全てを速さ追求のために特化させた」結果このデザインになったという反論を発表したことも。

【動画】マクラーレンはセナのデザイン酷評に苦慮?「デザインは機能が優先された結果である」と再度主張

ただし今回、ホッケンハイムGPコースにて「コースレコード」を樹立したことで、マクラーレンは「セナのルックスは速さのため」ということを立証でき、その矜持を保ったということになりますね。

マクラーレンは公式ではタイムアタックを行わない

ポルシェそおよびランボルギーニは好んでサーキット(主にニュルブルクリンク)でのタイムアタックを行うものの、マクラーレンとフェラーリは公的にタイムアタックを行うことはなく、よってこれらのブランドにてサーキットでのラップタイムを期待できるとすれば、今回のようにメディアが独自に車両を持ち込んだ場合。
今回のセナについては、おそらく広報車を(マクラーレンの許可を取って)使用したものだと思われます。

このタイムを見るに、同じマクラーレンの720Sに比較して7秒半速く、600LTに比しても8.9秒速い数字。
マクラーレン720Sは現在ニュルブルクリンクで12位(7:08.34)というタイムを記録していますが、ホッケンハイムでの数字をもとに「セナが720Sよりも7%速いとすると」、セナはニュルブルクリンクを6.63あたりで走れる可能性が高そう(机上の空論)。※このタイムでニュルブルクリンクのランキング10位

m

ただ、ニュルブルクリンクの市販車(無改造)最速のランボルギーニ・アヴェンタドールSVJをホッケンハイムにおいて下していることを考えると、ニュルブルクリンクでもアヴェンタドールSVJを凌駕するタイムを叩き出す可能性も十分にありそうですね。

反面、コース特性が(ニュルブルクリンクとホッケンハイムとでは)かなり異なり、ニュルブルクリンクの上位ランカーは4WDが多く、ホッケンハイムではMRもしくはFRが強いということも考慮に入れる必要があります。

ホッケンハイムGPコース/ニュルブルクリンクのランキングはこうなっている

以下はホッケンハイムGPコース、「無改造」市販車ランキングですが、とにかくセナがずば抜けて速い、ということがわかります。

1.マクラーレン・セナ・・・1:40.79(800馬力/1374kg)
2.フェラーリ488ピスタ・・・1:45.90(720馬力/1474kg)
3.ランボルギーニ・アヴェンタドールSVJ・・・1:47.30(770馬力/1677kg)
4.ラディカルRXCターボ・・・1:48.00(460馬力/?)
5.メルセデスAMG GT R Pro・・・1:48.00(585馬力/1640kg)
6.マクラーレン720S・・・1:48.20(720馬力/1431kg)
7.ポルシェ918スパイダー・・・1:48.50(887馬力/1665kg)
8.マクラーレン600LT・・・1:48.90(600馬力/1399kg)
9.ランボルギーニ・ウラカンEVO・・・1:49.00(640馬力/1593kg)
10.ポルシェ911GT2RS・・・1:49.10(700馬力/1508kg)

一方、ニュルブルクリンクだとこんな感じ。

1.ランボルギーニ・アヴェンタドールSVJ・・・6:44.97
2.ポルシェ911GT2 RS ・・・6:47.3
3.Next EV NIO EP9・・・6:45.90
4.ラディカルSR8LM・・・6:48.00
5.ランボルギーニ・ウラカン・ペルフォルマンテ・・・6:52.01
6.ラディカルSR8・・・6:56.08
7.ポルシェ911GT3 RS・・・6:56.4 
8.ポルシェ918スパイダー・・・6:57.00
9.ランボルギーニ・アヴェンタドールSV・・・6:59.73
10.ダッジ・ヴァイパーACR・・・7:01,30

VIA: sport auto

この記事を読んだ人は、他にもこんな投稿を読んでいます

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->マクラーレン(McLaren), ■ニュース
-, , , , , , ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5