>ホンダ/アキュラ(HONDA/ACURA)

ホンダがオートサロン2020の出展概要を公開!新型フィット「モデューロX」のほかNSX(新色)、フリード・モデューロXコンセプトも

投稿日:2019/12/20 更新日:

| ホンダは今後「モデューロX」を拡大したい? |

ホンダが東京オートサロン2020の出展概要を公開。
今回の目玉はシビックそしてS660のマイナーチェンジ版、そして新色「インディイエロー・パールII」を身にまとうNSX、そして新型フィットのカスタマイズカー。
そのほか二輪や四輪のレーシングカーの展示、2020 SUPER FORMULA / SUPER GTキックオフミーティング、ファン向けのイベント開催など様々な催しが企画されているようです。

ホンダのニューモデルはこういったクルマが登場

まずはニューモデルについて、2020年1月にマイナーチェンジを迎えるCIVICセダン/ハッチバック、S660、NSX、ヴェゼル・ツーリング・モデューロX。
シビックについてはすでにティーザーサイトが公開済みですが、S660のマイナーチェンジ版については今のところなんらかのアナウンスはなく、その詳細は不明です。
NSXについては、つい先日発表された、「初代NSXに採用されていた」インディイエローパールを現代に蘇らせたものですね。
ヴェゼル・モデューロXについてもすでに発売済みで、こちらはホンダの純正オプションブランド「MODULO」を最初から組み込んだスタイリッシュなクルマ(MODULOをひとつのグレードに設定するのは比較的珍しい。今後はホンダにおいて定番化し、トヨタの”GR Sport”みたいな扱いにしたいのかも)。

c

ホンダが欧州向けシビックをマイナーチェンジ!日本版は2020年に変更予定なるも生産工場(英国)はじき閉鎖予定。今後タイプR含むシビックの生産は中国がメインに?

ホンダNSXの2020年モデルが受注開始!初代NSXに設定された「インディイエロー・パール」が現代に蘇り、価格は2420万円

ホンダはこういったカスタマイズカーも展示予定

そしてカスタマイズカー(オートサロンの性格を考えると、こちらが本分)になるとN-ONE Café Racer Concept、CR-V BLACK EDITION Custom Concept with THE CHECK SHOP、FREED Modulo X Concept 2020、FIT Modulo X Concept、MUGEN S660 Concept 、MUGEN FIT Prototypeというラインアップ。

なお、モデューロは上述の通り、ホンダの純正オプション(ホンダアクセス)をブランド化したものですが、現在は「ホンダアクセス」「モデューロ」の名称2つが表に出ていて、「ホンダアクセス」名義ではオートサロンに「S2000 20thコンセプト」が発表予定となっています。

ホンダがオートサロンにS2000そして初代シビック・タイプRを”現代風に”カスタムしたコンセプトカーを展示!パーツの市販化を期待したい

ちなみにトヨタだと各車の製品ページに「モデリスタ」「TRD」などカスタムパーツへのわかりやすいリンクが貼られている(”カスタマイズ”というタブがある)ものの、ホンダの場合は「ホンダアクセス」「モデューロ」へはジャンプしにくく、かつ飛んでいったとしてもその内容が非常にわかりにくい構成となっています。
よって、もっとわかりやすい表示を行ったり、パーツと価格の一覧を掲載しておけばもっと売上が伸びるのになあ、と思った次第。

なお、トヨタも以前はこのような状態であったものの、業務効率化を目的に「社内競業の禁止」と部署の統廃合を行い、現在は消費者にとってもわかりやすい商品構成に。
それが「モデリスタやTRD等との連携」であり、これらによってシナジー効果を出しているわけですね。

一方、ホンダは「高度に複雑化された組織」を持っていて、かつ各部署間の繋がりが薄く(仲が悪い?)、それによってコスト高体質が常態化している、と言われます。
これが「ホンダが儲からない」理由だと断じられている模様。

なんでこんなことに・・・。ホンダ社長「車種、グレード、オプションを減らす」。営業利益率はトヨタの1/4へと転落し、”儲からない会社”へと没落

それはさておき、「モデューロ」からは新型フィット・モデューロXコンセプトが出展される予定。
「モデューロX」は、「モデューロブランドのパーツを組み込んだコンセプトカー」という位置づけで、現在はヴェゼル、ステップワゴン、S660に設定済みです。
そしておそらくは、新型フィットにもこれが設定されるであろう、ということですね。

m_fit_visual

そして同じくモデューロからは「フリード・モデューロXコンセプト2020」も。

m_freed_visual

その他にはこういった車両も展示予定

そしてバイク(市販モデル)としてはCB1100 RS(限定カラー)、販売好調なレブル250。
そのほか、レーシングカーとしては、Scuderia Toro Rosso STR13、Aston Martin Red Bull Racing RB14、CIVIC TCR、NSX-GT MOTUL MUGEN NSX-GT、SF19 TEAM MUGEN、レース用のバイクとしてはRC213V、CRF450RW、COTA 4RTを出品予定。

東京オートサロン2020の開催は2020年1月10日~12日、会場は幕張メッセ。
ホンダブースは「中ホール」小間番号437となります。

VIA:HONDA

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5

f