>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) >ホンダ/アキュラ(HONDA/ACURA) ■ニュース

ホンダもこっそりサブスク「マンスリーオーナー」を始めていた!トヨタのKINTOと違って”想定よりも上”に推移する理由とは

投稿日:

| 根本的なスタンスがトヨタとホンダではまったく違うとボクは考えている |

さて、ホンダは2020年1月28日より、月額モビリティサービス(つまりサブスク)であるホンダマンスリーオーナー(Honda Monthly Owner)を開始していますが、これが比較的好調、とのこと。
このサービスの特徴としてはまず「中古車を利用していること」、そして「1ヶ月という短期間で利用できること」「クレジットカードがあれば利用について審査が不要であること」。

サブスク用の車両はそのコストが重要

なお、トヨタもサブスクリプションサービス「KINTO」を開始していて、しかしKINTOでは新車を利用するためにそのコストが高く、よってコストがちょっと高め。
反面、ホンダマンスリーオーナーについては中古車を利用するためにそのコストが安く、たとえばヴェゼル・ハイブリッドだと月額49,800円から。
ただしこれは「2014年式から」という条件も付与されますが、トヨタのKINTOでC-HRを契約すると58,300円なので、価格だけ見るとけっこうな差がある、ということになります。

KINTOのウリは「購入よりも安い価格で”新車”に乗れる」というもので、しかし実際のところサブスクリプション利用者は「クルマを道具」として捉えている可能性が高く、「新車に乗れるというメリット」よりも「安く乗れる」ということを重視しているのかもしれません。※新車にこだわっているわけではない

ただ、トヨタの場合は新車を利用しているという性質上、月額利用料を下げることは難しく、今後は中古車を導入したり、もしくは「サブスク専用に」もともとコストを削った車種を開発するという対策が望まれます。

愛車サブスクリプション「KINTO」は本当にお得なのか!損得を計算してみたら意外な結果に

短期間の利用が可能なのは大きなメリット

そしてホンダマンスリーオーナーはそのサービス名からもわかるとおり、「1ヶ月でも」利用可能。
逆に最長は11ヶ月と短いものの、契約が終了すればまた別のクルマに乗り換えればOK。

反面トヨタのKINTOについては「3年乗らねばならず(途中解約も可能だが、その際は中途解約金として残利用料と追加精算金の支払いが必要)」、しかし3年の間には引っ越しや家族構成の変化、職場環境の変化もあると思われ、この縛りはちょっとキツいな、と思うことも。

一方でホンダだと「長期出張の間だけ借りる」「レジャーシーズンだけの利用」といった選択のほか、様々な環境や用途にも対応でき、大変便利だとも考えています。

トヨタの場合はやはり新車を用いるため、「短期で返却されてしまうと、その後どうにもできない」ということになり、リスクを考慮しての「3年」縛りなのでしょうね。

ホンダは申込みも簡略化

KINTOの場合は、サブスクというよりは「クルマを新規に一台、リース用としておろす」ことになり、よって最初の段階では車両の仕様を決めたり、「長期リース」のために支払い能力の審査があったり、かつ新車購入と同じく「納車待ち期間」もあって、乗りたいと思った時にすぐ乗れない、乗るまでがけっこう面倒、ということも。

一方でホンダマンスリーオーナーの場合はクレジットカードと運転免許証をもって会員登録を行い、その後はWEBと書類郵送を行い、その後はクルマを取りにゆけばOK。
クレジットカードを保有していて、カードが通りさえすれば審査は不要であり、かつ中古車なので「すぐに乗れるクルマがすでにある」ために大変スピーディーだと言えそうです。

ただ、ホンダマンスリーオーナーは利用できる拠点が限られていて、現在利用できるのは埼玉県の「U-Select城北」のみ。
ここは全国規模で利用できるKINTOとは大きく異るところ。

利用できる車種にも(現在では)限りがあり、N-BOX、FIT HYBRID、FREED HYBRID、VEZEL HYBRID、N-BOX車椅子仕様車の5つのみ。
料金は29,800円~59,800円/月という設定です。

トヨタとホンダのサブスクは「考え方」の根本が異なる

こうやって見ると、ホンダはクルマを「生活のための道具」として捉え、ライフスタイルにあわせて選びやすいように提供しているのに対し、トヨタは「新車を所有する楽しみ」を中心的価値として捉えているようにも。

TVコマーシャルを見てもそれをうかがい知ることができますが、「クルマが高くて買えないんだろ?じゃあ安く乗れるようにしてやろう」というイメージ。
つまりトヨタは「若者は潜在的にクルマを欲しがっている」というスタンスに立っていて、しかしホンダはそうではない、ということに。

そしてもう一つ重要なのは、メーカーとしての社会的貢献度。
トヨタのKINTOは契約者が増えればそのぶんクルマが売れるのと同じことになるので、トヨタにとっては利益が発生します(利益優先のサービス)。
反面、ホンダはすでに生産したクルマを貸すので新規に精算や販売(リース)契約が生じるわけではなく、金銭的、また登録台数的なメリットはまず無さそう。

ただ、ホンダの場合、自社の生産した製品を無駄なく有効活用するという考え方、クルマを社会を構成する要素の一つとして様々な要望に対応しようとする姿勢については非常に好感が持てる、とも考えています。

トヨタ入魂の自動車サブスク「KINTO」の申込みは1日わずか5.7件。なぜ見込み違いとなったのか、トヨタの”2つの誤算”について考える

VIA: HONDA

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5