>AMG/メルセデス(Mercedes-Benz) ■新型車情報/スパイフォト/噂など ■ニュース

【動画】メルセデス・ベンツはピュアエレクトリック版Eクラス、「EQE」を用意?EQSよりもコンパクトなプロトタイプが目撃に

投稿日:2020/03/07 更新日:

| メルセデス・ベンツはガソリンモデルとエレクトリックモデルとのデザインを大きく差別化? |

メルセデス・ベンツはそのエレクトリックブランド「EQ」から第一弾となる”EQC”を発表し、その後にEQA、EQSを発売する計画を明らかにしていますが、今回「EQE」が存在するのでは?という疑問が浮上。

これはいつもプロトタイプのスパイ動画を公開してくれるWalko ARTが疑問を呈したもので、一見するとEQSに見えるものの、ボディが短いように見える謎プロトタイプが目撃されている模様。

「EQE」がないほうが不自然?

よくよく考えてみると、EQA、EQC、EQSとくれば「EQE」がないほうが不思議でもあり、メルセデス・ベンツは新たなるEQEモデルを用意しているのかもしれません。
なお、EV用プラットフォームは、ガソリン車に採用されるモノコックに比較してサイズの変更が比較的容易であり、その観点からもEQEの発売は「ありそう」ですね。

a6

こちらがそのメルセデス・ベンツEQEと見られる試作車。

a7

横から見るとたしかに短いようにも見えますね。
車体前部にエンジンを搭載しないというEVの性質上か、かなりフロントが低いように思われ、メルセデス・ベンツは通常の(ガソリンエンジン搭載の)ラインアップとの差別化のためか、EVにしかできないスタイリングをEQEに与えるのかもしれません。

a5

これを見るに、まだまだ実際の姿をうかがい知ることは出来ないものの、結構期待できそうなルックスを持っているように思えます。
なお、ウワサだとEQEは2モーターによるAWDレイアウトを採用し、出力は402馬力に至る、とも。
一回の充電あたり走行距離は600キロだとされ、これが実現できれば外観だけではなく性能面でも期待できそうですね。

a2

テールランプはまだまだ暫定と思われる形状を持ち、バンパー下部にはマフラーエンドのようなものも。
ただ、このマフラーエンドはフェイクではなく実際に機能するパーツのようにも見え、もしかするとEQEはピュアEVのほかに「PHEV」もあるのかも。

a3

EQSとEQEとは細かい差も

そして今回、WalkoARTが指摘する着目点が、黄色い円で囲んだ部分。
まずはフロントフェンダーに見られるパネルのようなもの、そしてドアにフラッシュマウントされたハンドル。
前者はおそらく格納式のリヤビューカメラだと思われ、後者は新型メルセデス・ベンツSクラスにも採用されるであろう新デバイスですね。

a4

こちらは後ろから見たところ。
EQEのほうはハイマウントブレーキランプがルーフに、EQSではトランクリッドに。
ナンバープレートやフェイクマフラーの位置も少しづつ異なるようですね。

a

VIA: walkoARTvideos

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->AMG/メルセデス(Mercedes-Benz), ■新型車情報/スパイフォト/噂など, ■ニュース
-, , , , , ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5