■新型車情報/スパイフォト/噂など >VW(フォルクスワーゲン/Volkswagen) ■ニュース

なんかカッコイイじゃない?VWティグアン”クーペ”の試作車が目撃される

更新日:

| VWグループはここへ来て急激にクーペSUV攻勢に出たようだ |

中国カーメディア、Autohomeにて新型フォルクスワーゲン・ティグアン”クーペ”と思われるプロトタイプが目撃に。
なお、目撃されたのは中国本土においてだそうですが、中国専用車となるのか、はたまた全世界で販売されるのかは不明です。

ちなみにこの「ティグアン・クーペ」は今年後半に発表されるであろうフェイスリフト(マイナーチェンジ)版のティグアンをベースにしているといい、見る限りではルーフライン等大きな変更がなされていて、そのコストを吸収することを考えると「広く世界で販売される」と考えて良さそう。

なぜフォルクスワーゲンは今までクーペSUVを発売していない?

なお、フォルクスワーゲンはグループあげて「SUV大好き」な会社ですが、意外とこれまでクーペSUVを導入してこなかったという経緯も。
つまりフォルクスワーゲンはもちろん、傘下にあるポルシェ、アウディも「その販売の半分がSUV」であるにもかかわらず、つい最近までクーペSUVを発売していない、ということですね。

反面、メルセデス・ベンツやBMWは比較的早い時期から「GLCクーペ」「GLEクーペ」、そして「X4」「X6」といったクーペSUVを発売しています。

そういった状況でなぜフォルクスワーゲンやポルシェ、アウディがクーペSUV投入について後手に回ったのかは謎ですが、同グループは「ひとつひとつの車種につき、基盤を固めてから次を出す」傾向にあることが原因かも。

VW-Tiguan-Coupe (3)

つまりニューモデルにつき、複数ボディ形状を同時に発売することはせず、まずひとつ発売し、しっかり売れるようになってから別のバリエーションを追加する、といった具合ですね。

反面,BMWは新型8シリーズについても「クーペ」「コンバーチブル」「グランクーペ」を同時に開発してほぼ同時に発売しており、ここは各メーカーの考え方に大きく差があるところ。

ティグアン・クーペは中国で人気が出そうだ

なお、今回の画像を見るに、カモフラージュが施されている上から見てもわかるほど「スタイリッシュ」。
中国で目撃されたところを見るに、中国市場を主なターゲットとしてVWの中国拠点にて開発されているのかもしれません。

ちなみに中国では「クーペSUV」の人気が高く、たとえばマツダCX-4(下の画像)やBMW X6はとくに大人気だと言われますが、「生活臭のしないクルマに乗りたいが、2ドアクーペは実用性を考えると選べない」という事情を反映しているのかも。

2月の中国ではCX-4効果でマツダのみが絶好調。CX-4が人気のワケを考えよう

日本においてはさほどクーペSUVの人気は高くないように見えるものの、C-HRのヒットを見るに、やはり「スポーティーなSUVに乗りたい」という需要も垣間見え、ティグアン「クーペ」が導入されればけっこうな人気となるかもしれませんね。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

  • この記事を書いた人

管理人:JUN

ランボルギーニ/ポルシェ/ホンダオーナー。 ハイパフォーマンスカーを中心に、それにまつわる話、気になるクルマやバイク、モノ、出来事などを紹介します。

-■新型車情報/スパイフォト/噂など, >VW(フォルクスワーゲン/Volkswagen), ■ニュース
-, , , , ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5