■服や小物、時計、雑貨など ■ニュース

デイトナ、サブマリーナが下げ止まらず、GMTマスターIIは過去最安を更新中、エクスプローラーの中古はほぼ定価に。ロレックスの相場はどこまで下がるのか?

更新日:

| まさかここまで下がるとは思ってもみなかった |

さて、日を追うごとに深刻さを増すコロナショック。
ニューヨークダウ、日経平均含め世界中の株式相場は下落を続けていますが、さすがのロレックスもそれに連動する形で下落傾向に歯止めがかからない模様。
なお、コスモグラフデイトナは1ヶ月以内に10万円相場を下げていて、バットマン(GMTマスターII)は過去最安を更新し続け、サブマリーナデイトの中古は100万円を切るかどうかという局面を迎え、エクスプローラーの中古はほぼ定価同様の価格にまで下がり、ヨットマスターも最安を更新といった状況です。

つまりはここ1年でもっとも「買いやすい」状況にあるのが現在のロレックス相場で、ここから戻すのか、それともまだ下がるのかはちょっと不明。
ただ、今回のコロナショックについてはリーマンショックのように「経済システムが崩壊」したわけではなく、外的要素による一過性のものだと誰もが理解していて、かつ昨年6月のロレックス暴落からも回復したことを鑑みるに、中長期的に「価格を戻す」のは間違いなさそう。

なお、ロレックスは腕時計としての価値よりも「投機商品」としての価値が支持されているように思われ、さらにはどんな世の中であっても人々はお金を儲けようとするため、その手段たるロレックスが人気を失うことはまずないだろうとも考えています(ロレックスが投機商品としての価値を失うようであれば、文字通り世界はそのとき終わっている)。

コスモグラフ デイトナ 116500LN

いったんは下げ止まったもののそこからズルズルと下がりだしたのがコスモグラフデイトナ。
平均相場については2月末に2,962,673円、そして3月中旬には2,910,107円、そして現在は2,826,940円。
つまり一ヶ月以内に10万円以上下がったということになりますね。

なお、昨年6−7月の「暴落時」の最低平均相場が2,765,652円なので、あと6万円ほど下がると直近の最安値を更新するということになり、そして欧州や米国の雰囲気を見ているとまだまだコロナショックが深刻化する可能性も高く、おそらく近いうちに「最安更新」となるんじゃないかと考えています。

参考までに新品最安は2,697,900円、中古最安は2,548,000円。

q

GMTマスターII 126710BLNR(バットマン)

もともとプレミア率が非常に高く、定価918,000円に比較して1.8倍ほどで相場が推移していたバットマン。
2月末には1,693,945円、3月中旬には1,676,678円と「やや」下がっていたものの、現在の平均相場は1,602,810円と大きく下げ、最安の個体だと15,799,000円という水準です。※中古最安だと1,528,000円

そして現在の相場は発売開始以後「最安」を更新し続けており、これまでにも強気で推移していたバットマンが”ここまで崩れる”というのは異常事態と言えるかもしれません。

qw

サブマリーナデイト 116610LN

これまで絶大な人気を誇っていたサブマリーナも下落気味で、2月末の平均相場は1,376,798円だったものの、3月中旬では1,339,948円、そして現在は1,309,622円。※新品の最安は1,259,000円
中古最安だと1,029,850円という個体も出現しており、100万円を切るのも時間の問題かもしれません。
ちなみに定価は943,000円なので、中古だと「定価以下でサブマリーナを買える」時代がやってきそうですね。

za

サブマリーナデイト 116610LV(ハルク)

天下のハルクもコロナショックには勝てずに価格を下げ続け、2月末の平均相場であった1,856,127円から3月中旬では1,705,145円へと下がり、直近では1,707,048円へ。
こちらもやはり1ヶ月以内に10万円近く下げたことになりますが、新品最安は1,637,900円、中古最安は1,499,850円。
それでも定価である987,000円に対してはまだまだ高値をつけているということになりますね。

なお、昨年の「底」は6月の1,660,798円なので、これを割る曲面も出てきそうです。

zx

エクスプローラー 214270

意外や下げ止まっているのがエクスプローラー。
平均相場について2月末の878,515円から3月中旬には852,650円、そして現在は850,655円に下がってはいるものの、グラフを見るとけっこう踏ん張っている印象も。

最安については798,000円となっていて、定価の687,500円に比較するとまだまだ高い状態ですが、中古最安は690,000円なので、中古だと「ほぼ定価」まで下がっています。

c

エクスプローラー II 216570

下げ続けるサブマリーナやデイトナとは異なり、しかしエクスプローラーと同じように「踏ん張っている」のがエクスプローラーII。
2月末の平均相場である1,106,137円は3月中旬には1,057,936円へ、そして直近ではちょっと戻して1,062,455円に。

新品最安は102,000円と「100万円を割りそう」なレベルですが、中古最安だと100万円大きく切って928,000円へ。
ちなみに定価は875,600円なので、中古だと「かなり定価に近い」ということになりますね。

なお、昨年の底値は昨年6月の973,240円なので、現在の相場はそれよりもけっこう高い水準にあり、ちょっと不思議な値動きをしているモデルでもあります。

as

ヨットマスター 126655(ヨットマスター40)

こちらも一旦下げ止まっていて、エクスプローラー、そしてエクスプローラーIIと同じく踏ん張りを見せているモデルのひとつ。
2月末の平均相場は3,089,950円、そして3月中旬には2,926,566円、最近ではほとんど変わらず2,926,425円。

新品の最安は2,899,600円、定価は2,886,400円なので、ほぼ定価で購入できるようになったということですね。
ちなみに現在の相場は、ヨットマスター40(126655)発売以来”最安”の水準です。

bv

コスモグラフ デイトナ 116518LN

ステンレススティールモデルのデイトナ同様、下落が続くゴールドデイトナ。
2月末の平均相場は4,018,750円であったものの3月中旬には3,803,925円、直近では3,772,760円。

1ヶ月足らずで25万円ほども下げてしまったことになりますが、それでも定価の3,007,400円を大きく超えているのは「さすがデイトナ」。
なお最安は3,729,900円、中古最安では3,480,000円という個体も登場しています。

cv

VIA:価格.com

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

  • この記事を書いた人

管理人:JUN

ランボルギーニ/ポルシェ/ホンダオーナー。 ハイパフォーマンスカーを中心に、それにまつわる話、気になるクルマやバイク、モノ、出来事などを紹介します。

-■服や小物、時計、雑貨など, ■ニュース
-, , , , , , ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5