>テスラ(TESLA) >中国/香港/台湾の自動車メーカー

「コロナ後」の中国。自動車ディーラーは99%が営業再開、客入りは66%まで回復。なおルイ・ヴィトンは反動で前年比150%に

更新日:

| 意外と経済はすぐに元どおりになるのかもしれない |

L1160083

さて、真っ先にコロナウイルスの影響を受け、ロックダウンが行われた中国。

当時はそういったニュースを見て「やりすぎなんじゃないのか・・・」と言う声が大半でしたが(ぼくもそう思った)、今となっては世界中がそれに倣っており、日本に至っては非常事態宣言発令が「遅すぎた」と言われるほど。

つまりは行き過ぎたように思えた中国の判断が正しかったのだろうということになり、その中国は現在徐々に「平常運転」に戻りつつあるようです。

自動車ディーラーは「ほぼ」営業を再開

そして現在、中国全土における自動車ディーラーは99%程度まで再オープンにこぎつけたようですが(先週は80%くらいだった)、今のところ客足は平均すると66%程度に留まっているようです(調査対象は中国の自動車ディーラー8,271件)。

一方の販売については平時の64%程度に留まるようではあるものの(パーツ供給、サービス提供レベルは67%)、これは少し前までロックダウンされていたことを考えると「結構な回復力」なんじゃないかとも考えています。

もちろん、最大でマイナス80%程度まで落ち込んでいた販売をカバーすることまでは期待していませんが、改めて中国の購買能力には驚かされますね。

ちょっと前にはルイ・ヴィトン筆頭のLVMHグループ会長が「コロナウイルスによる外出規制が半年続いたとしても、通年で取り戻すことが可能」と発言していましたが、その背景には「中国人は買い物中毒」というものがあり、抑えられていた欲求を一気に今年後半に爆発させるだろうという見込みがあるようです(実際のところ、営業を再開したエルメス、ルイ・ヴィトンでは売り上げがコロナ比で150%くらいに増えているらしい)。

L1160359

中国ではテスラが大人気

ただ、この販売状況については「ディーラーやブランドによって差がある」ようで、つまりは売れているクルマ、そうでない車がある、ということに。

もっとも売れているのは(報じられる範囲だと)テスラだと思われ、数日前にモデル3のオーダー受付を再開した後、直後の24時間で2万台が売れたと報じられています。

テスラの人気が高いことについては、中国はもともと電気自動車が(様々な優遇措置にて)売れやすい状況があること、そして全般的に起業家意識が高いため、優れた経営者が率いる会社の製品が好まれやすいこと(アップル製品が好まれるのも、スティーブ・ジョブズのカリスマ性が大きく影響)。

IMG_2256

テスラの場合はもちろんイーロン・マスクCEOの人気が高いということですが、つまりテスラよりもイーロン・マスクの人気が高いということなのかもしれません。

なお、テスラは上海にその工場「ギガファクトリー」をオープンさせていますが、ここで生産するのは現在モデル3のみ。

ほかのモデルSやモデルXは輸入車扱いとなり、関税が課されることや(ちょっと前まではEVは非課税だったが課税対象に)輸送コストがかかること、そもそもの価格が高いことから、相対的に「かなり割安に見える」モデル3に人気が集中しているという実情もあるようです。

そして気になるのが「中華テスラ」の品質。

ただ、これについては「上海はもともと、フォルクスワーゲンやGMの自動車工場があり、経験豊富な工員を確保しやすい」という環境もあって、実際のところはアメリカ製のテスラより品質がいい、という話も。

【動画】中国でのテスラ・モデル3の生産が開始される。米国製と中国製モデル3を比較したレビュワー「なんてこった。中華テスラのほうが品質がいいぞ・・・」

実際のところアメリカ製の品質がいいかというとそういったこともなく、新型シボレー・コルベットについては多くの品質問題が指摘されていますね(一種のブームにもなっている)。

新型コルベットの話題いろいろ。「高いお金を払ってOP装着したのに内装ステッチがひどい」「0-100km/h加速は実測2.7秒」「ベースグレードで十分」

なお、このモデル3の販売ペースは「10秒に1台」とも換算することができ、まさに恐るべきペース。

ちょっと前までにはイーロン・マスク氏の言動、テスラがこっそりと一分機能を「アップデートで取り除いた」ことに対して中国国民が怒りを爆発させて不買運動にまで発展しましたが、「喉元すぎればなんとやら」で、そんなことは忘れて大量にオーダーを入れているということになりそうです。

こういった状況を見るに、中国経済が元通りになり、もしくはそれ以上の活況を見せるだろうというLVMH総裁の意見も”もっとも”なのかもしれません。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

  • この記事を書いた人

管理人:JUN

ランボルギーニ/ポルシェ/ホンダオーナー。 ハイパフォーマンスカーを中心に、それにまつわる話、気になるクルマやバイク、モノ、出来事などを紹介します。

->テスラ(TESLA), >中国/香港/台湾の自動車メーカー
-, , , ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5