■新型車情報/スパイフォト/噂など >VW(フォルクスワーゲン/Volkswagen)

フォルクスワーゲンはなんとしてもアルテオンを定着させたい!ワゴンに続いて今度は「R」の試作車が目撃に

更新日:

| アルテオンはフォルクスワーゲンにとって対中重要戦略車 |

volkswagen-arteon-r-

さて、コロナウイルスに負けず積極的にニューモデルを開発しているフォルクスワーゲン。

今回はニュルブルクリンクにてテストを行う「アルテオンR」の姿が目撃されています。

およそ同じ時期にキャッチされたと思われるゴルフR同様にボディカラーはホワイト、そして非常に軽いカモフラージュにとどまっていることがわかります。

ただ、ゴルフRと異なるのはフロントバンパーが「ハの字」基調つまりオメガデザインではなく、先日発表されたばかりのトゥアレグRと同じデザインを持っていること。

ヘッドライト中間、そしてその下にあるグリルには横方向のルーバー、そしてバンパーサイドにはホームベース状のエアインテークが設けられており、これらは標準のアルテオンR-Lineに比較してもかなりアグレッシブな印象です。

vw-touareg-r

フォルクスワーゲンがトゥアレグ”R”発表!最近見なくなったと思ったら、もうトゥアレグは日本で売ってなかった

「R」シリーズにはラピスブルー

ホイールは現行アルテオンとよく似た形状を持ち、ボディサイドも現行同様ですが、アンダー部には金属調の加飾が無いようにも思われます(サイドスカットル同様、ホワイトのシートが貼られているだけなのかもしれない)。

volkswagen-arteon-r-spy-shots (1)

なお、これまでに目撃されたアルテオンRと思われるプロトタイプに比較すると「より完成形に近づいた」ように思われ、ブレーキキャリパーにも「R」っぽいブルーが採用されています。

volkswagen-arteon-r-spy-shots (2)

テールランプについてはアウターレンズがクリア、インナーにはダーク調のレッドが採用されているように思われるものの、これは「そう見えるだけ」かもしれず、実際のところは不明。

volkswagen-arteon-r-spy-shots (4)

トランクリッドにはブラックの小さなスポイラーが装着され、リアバンパー下部はディフューザー形状が与えられているようにも。

現段階ではパワートレーンなどスペックは予想にとどまるものの、404馬力を発生する3リッターターボ(VR6)、もしくは新型ゴルフRに搭載される2リッターターボ(330馬力)という見方があるようです。

ただし現行アルテオンR-Lineに積まれるエンジンは2リッターターボ/280馬力なので、「330馬力」だとちょっとインパクトに欠けるという印象でもありますね。

volkswagen-arteon-r-spy-shots (3)

ちなみに先日発表された「トゥアレグR」はR」は3リッターV6ガソリンエンジン(340馬力)+エレクトリックモーター(136馬力)を組み合わせたPHEVで、システム合計出力は462馬力(両者のピークパワー発生条件が異なるために単純な合計値にならない)。※アルテオンRにトァレグRのパワートレインが移植される可能性もゼロではない

アルテオンRに搭載されるトランスミッションについては7速デュアルクラッチ、駆動方式は4WDというのは間違いなさそうで、しかし現行アルテオン4 Motion R-Lineアドバンスの価格でも618万円と非常に高価なので、「R」となるとさらに高くなりそうなのが懸念でもありますね。

なお、フォルクスワーゲンはこのアルテオンにかなりな力を注いでおり、この「アルテオンR」以外にも「アルテオン・ワゴン(名称は未定)」を投入する計画を持っていて、なんとしてもアルテオンの販売を軌道に載せ、プレミアムセグメントにおいても存在感を発揮したいというところなのだと思われます。

このクルマ長すぎ!新型VWアルテオン”ワゴン”の試作車が目撃される

VIA:Motor1

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

  • この記事を書いた人

管理人:JUN

ランボルギーニ/ポルシェ/ホンダオーナー。 ハイパフォーマンスカーを中心に、それにまつわる話、気になるクルマやバイク、モノ、出来事などを紹介します。

-■新型車情報/スパイフォト/噂など, >VW(フォルクスワーゲン/Volkswagen)
-, , , ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5