>ポルシェ911関連 ■ニュース

ジンガーがまたまた最新の、しかしレトロな911カスタムを披露。快適性を重視した”ドロレス・コミッション”

更新日:

| どうやらジンガーの引き出しは無限にあるらしい |

singer-porsche-911

さて、ここ最近、オナー・ロール・コミッション、ウォーレン・コミッションといった具合に立て続けに新作を発表し続けているジンガー・ビークル・デザイン。

そして今回リリースされたのが「ドロレス・コミッション」ですが、これはドライビングコンフォートを重視したモデルだそう。


ジンガーが最新のポルシェ911カスタムを公開!過去最高レベルのカスタム内容を持ち、やはりレストアでも「最新が最良」?

| ボディカラーは「ダークバトルシップグレー」 | 2008年の創業以来、独自の解釈にて130台以上もの水冷世代911をレストモッドしてきたジンガー・ビークル・デザイン。主には901そして964世代の ...

続きを見る

ジンガー・ビークル・デザイン「ドロレス・コミッション」はこんなクルマ

まず、このドロレス・コミッションのボディカラーは「シーフォームグリーン」。

ベースモデルは明かされていないものの、おそらくは964世代の911を「901世代風にアレンジしたものと思われます。

ここ最近発表されたモデル同様、ウインドウモールやヘッドライトベゼルなどはメッキではなく渋い「チタンカラー」。

ヘッドライトはLEDプロジェクター、そしてドアミラーにはコンパクトなCNC加工風砲弾型を使用するなど、単に「レトロ」なだけではなく最新の技術が盛り込まれていることもわかります。

95265014_10156969292901496_308126030466383872_o

リアフードはダックテール風、そしてリアバンパーはバンパレット含めてボディカラー同色にペイントされていますが、給油口と思われるキャップがリアフェンダー上にあるのがこのモデルの特異点。

もともとポルシェの燃料タンクはフロントにあり、ジンガーはフロントフード中央に給油口を設けることが多いものの、このドロレス・コミッションはおそらく燃料タンクがリアに移設されているか、給油口がリアに引っ張られているということになりそうです(燃料タンクの移動は安全上の問題があり、タンク自体は移動していない可能性の方が高い)。

96157915_10156969292986496_7951838696766963712_o

さらに珍しいのは、ほかモデルに見られるジンガー(Singer)の文字がないこと。

加えて「PORSCHE」のバッジもなく、かなりシンプルなリヤビューを持っています。

エキゾーストシステムはマット仕上げ、そして出口付近にはポリッシュがかけられているようですね。

95719506_10156969293116496_7087907953616879616_o

エンジンルーム内、エンジンそのものが美しく仕上げられるのもジンガー・ビークル・デザインの特徴。

エンジンルーム内にはキルティングが施されたレザーが用いられていて、こういった仕上げはおそらくジンガー以外では「できない」フィニッシュかもしれませんね。

エアクリーナーボックスはチタン仕上げ、そして表面のメッシュも”ジンガーならでは”。

エンジンそのものは空冷4リッター・フラットシックスが採用されています。

95810411_10156976249051496_7113117139606700032_o

ジンガー・ビークル・デザイン「ドロレス・コミッション」のインテリアはこうなっている

そしてこちらは「快適仕様」を目指したというドロレス・コミッションのインテリア。

サイドシルやセンターコンソールはボディカラー同様のシーフォームグリーン、そしてシートなどのレザーはひとつトーンの濃いグリーン、そしてシート中央やダッシュボードには珍しい「グレンチェック」。

96259168_10156973056691496_5438682443718590464_o

各部はレザーや金属パーツを用いたレトロな仕上がりを用いていますが、装飾性が非常に高いということもわかりますね。

96584614_10156973057116496_9135350620608266240_o

グレンチェックには微妙にグリーンが入ります。

96153385_10156973056936496_3960466283685740544_o

リアシート形状は大きく変更され、背もたれは左右独立ではなく「左右共通」に。

ホワイトのステッチが効果的に使用され、そのパターンも様々。

95499895_10156973057296496_1184929211509374976_o

ダッシュボードにようやく入るジンガーのロゴ。

95669174_10156976249411496_4392837467393228800_o

トランスミッションは5速から6速へと換装済み。

95345098_10156976249136496_4552003676868182016_o

メーターも完全にリダンされていますが、ノーマルに近い印象もあります。

96107453_10156976248921496_4040871082238935040_o

フロントトランク内はエンジンルーム同様にキルティングが施されたマットで覆われますが、見たところ燃料タンクがその下に隠れている模様。

96266481_10156973057406496_3175103257022300160_o

ジンガーはこれまでにも130台を超える911をカスタムしてきたと言われますが、ここ最近その速度が上がっているように思われ、もしかするとその陣容を拡大したのかもしれませんね。

こちらはまた別のジンガーによる911。

いくつかのモデルの画像を集めたものですが、「こういったことができる」という見本を示しているようですね。

VIA:Singer Vheicle Design

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

  • この記事を書いた人

管理人:JUN

ランボルギーニ/ポルシェ/ホンダオーナー。 ハイパフォーマンスカーを中心に、それにまつわる話、気になるクルマやバイク、モノ、出来事などを紹介します。

->ポルシェ911関連, ■ニュース
-, , , , ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5