>マクラーレン(McLaren) ■ニュース

【動画】マクラレーンが「GT」でいかに高級さと機能性とを両立させたかを解説!航空宇宙産業由来の”マット”も仕様

投稿日:2020/05/30 更新日:

| マクラーレンGTはけっこうなヒットとなりそうだ |

mclaren-gt-unique-interior-materials-8

マクラーレンはここ最近、「Tech Club」なる動画シリーズを公開しており、これはマクラーレン各モデルに採用される技術を紹介するもの。

これまでエルヴァに採用されるAAMS、セナGTRのリアウイング等がアップされていますが、今回はGTのインテリアについて紹介する動画がリリーズされています。

マクラーレン「GT」はその名の通りグランドツアラーで、これまでのマクラーレンには見られない快適性や高級感をもたせたことが特徴。

もともとマクラーレンは「アルティメットシリーズ」「スーパーシリーズ」「スポーツシリーズ」という3つのラインでモデルラインアップを展開する方針であったものの、570GT(スポーツシリーズ)を投入した際に「快適にスーパーカーを乗りたいという需要が相当数あることがわかった」と述べており、そこで新たなるシリーズとして追加されたのが「GT」です。※マクラーレンのウエブサイトを見ても、GTが独立したシリーズとして扱われている

マクラーレンGTのインテリアはここが新しい

そしてマクラーレンが今回公開した動画ですが、さすがにGTは快適性やグランドツーリングカーを謳うだけあってほかのマクラーレンとはやや性質が異なる模様。

まずは様々な好みや要望に対応しうる素材や仕上げの多様性を特徴として挙げており、ナッパレザーやアルカンターラという、ほかのマクラーレンでも選択できる素材に加え、カシミアも選べる、としています(MSO=マクラーレン・スペシャル・オペレーション扱いでかなり高価)。

なお、英国ではヴィーガン人口が増えており、とくに富裕層にその傾向が顕著だと言われるため、ベントレーやレンジローバーなどの高級車メーカーはマクラレーン同様、ウールを使用したインテリアを取り入れることが増えてきているようですね。

メルセデス・ベンツは将来的に「内装からレザー全廃」?ヴィーガンのルイス・ハミルトンにメルセデスCEOが「レザーやめようと思う」と相談

この記事のもくじ1 | まさか高級車の代名詞=レザー内装がなくなる日が来ようとは |1.1 ルイス・ハミルトンはヴィーガンに転向1.2 自動車メーカーもヴィーガンには配慮1.3 この記事を読んだ人は、 ...

続きを見る

さらにはアルミニウムをCNC加工にて仕上げたナーリング仕様コントロールノブ、マクラーレンではじめて採用された「間接照明によるアンビエントライト」もGTならではの特徴で、このあたりはサーキット走行を主眼においた、マクラーレンの他モデルにはない特徴だと言えそうです。

0bfee6a5-mclaren-gt-mso-pebble-beach-12

マクラーレンは航空中産業由来の素材も使用

そしてマクラーレンが強く主張するのが「航空宇宙産業由来の素材」である”スーパーファブリック”。

これは汚れ、傷、摩耗に強く、マクラーレンGTのリアカーゴスペースに採用されているようですね(実車を見たときには全く気づかなかった)。

mclaren-gt-unique-interior-materials-10

そのほか、マクラーレンGTは内装のステッチ、テールパイプのフィニッシュなど、ほかのマクラーレンには見られない「手間」がかけられており、これまでとは異なる客層を獲得できそう。

加えて「けっこう豪華なのにそんなに高くない(2645万円)」のもGTの特徴であり、けっこう多くの注文を集めているんじゃないかとも考えています。

344f72d3-mclaren-gt-mso-pebble-beach-7

マクラーレンGTの見積もりを取ってみた!基本的には「全部入り」なクルマなのでノーオプションでも不足はない

この記事のもくじ1 | それでもオプションを付けると価格は上がって32,722,961円 |1.1 マクラーレンGTは「ほとんどなんでも付いている」1.2 マクラーレンGTの乗り出し価格はランボルギー ...

続きを見る

マクラーレンによると、GTは美しさ、高級さに加え、機能性や先進性を持ち合わせたクルマだとしており、そこに使用される素材や加工方法、仕上げについては「すべて理由があり、見た目だけのために採用したのではない」とも。

もちろんこういった「豪華さの演出」についても軽量化を常に意識し、機能を損なうものはひとつも採用されていない、と語っています。

【試乗:マクラーレンGT】パドルは高級腕時計のようだ!マクラーレンはこういった”高級車”も作れるブランドに成長していた

この記事のもくじ1 | マクラーレンには新型車が出るたびに驚かされる |1.1 マクラーレンGTはどんなクルマなのか1.2 マクラーレンGTに乗ってみよう1.3 マクラーレンGTで走ってみよう1.4 ...

続きを見る

VIA:McLaren Automotive

この記事を読んだ人は、他にもこんな投稿を読んでいます

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->マクラーレン(McLaren), ■ニュース
-, , , ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5