■新型車情報/スパイフォト/噂など >VW(フォルクスワーゲン/Volkswagen) ■ニュース

「カッコいいのに売れていない」VWアルテオンがそろそろフェイスリフト!ハイパフォーマンス版、ワゴンも追加して攻勢をかける

更新日:

| ただし外観の変更は最小限のようだ |

さて、かっこいいのに売れない車の筆頭、フォルクスワーゲン・アルテオン。

ここ最近、「アルテオンR」「アルテオン・ワゴン」のプロトタイプが目撃されるなどにわかに身辺が騒がしい状態ですが、今回目撃されたのは「フェイスリフト(マイナーチェンジ)版」アルテオンの試作車(アルテオンは2017年登場なので、たしかにもうじきフェイスリフトのタイミングでもある)。

こちらが現行アルテオンですが、これと比較しても変化の度合いが小さく、ヘッドライト内部が「ちょっと変わる」程度で、フロントグリルやロワーグリル形状もほぼ一緒に見えますね(実際にグリル周辺にはカモフラージュがないので、変更がないのかも)。

逆に偽装されているのはフロントバンパー下部左右のエアインテークで、しかしこれもさほど大きな変更ではないのかも。

アルテオンのフェイスリフト内容は極めて小さい?

そしてこちらはフェイスリフト版アルテオンのリアですが、カモフラージュ用のシートが貼られるのはテールランプのみで、しかもその範囲も極小。

よって、アルテオンのフェイスリフトは「前後ランプとフロントバンパーのみ」といった極めて限定的な範囲に収められるのかもしれません。

VW-Arteon-7

逆に「一見してわかる」変化は”ARTEON”のエンブレム位置。

これがいままでのサイドからフォルクスワーゲンエンブレムの下、つまりセンターに移動していて、この位置は新型ゴルフと同じ。

つまり、今後のフォルクスワーゲンはモデルネームをこの位置に順次移動させてゆく、と考えて良さそうですね。

VW-Arteon-10

そして上述の通りアルテオンにはいくつかバリエーションが追加されることになりそうですが、これらはフェイスリフトのタイミングで発表されると考えるのが妥当かも。

もっとも期待がかかるのはアルテオンRで、こちらはゴルフRに搭載される2リッターターボエンジンを333馬力にまでチューンして搭載するという説、もうひとつは新しく開発された3リッターVR6(狭角)ツインターボにて400馬力を発生させるという説も。

フォルクスワーゲンはなんとしてもアルテオンを定着させたい!ワゴンに続いて今度は「R」の試作車が目撃に

| アルテオンはフォルクスワーゲンにとって対中重要戦略車 | さて、コロナウイルスに負けず積極的にニューモデルを開発しているフォルクスワーゲン。今回はニュルブルクリンクにてテストを行う「アルテオンR」 ...

続きを見る

VW-Arteon-6

そしてもうひとつの「アルテオン・ワゴン(名称は不明)」についても大きな期待が寄せられており、このスタイリッシュさをもってアウディA4アバント、BMW 3シリーズ・ツーリング、メルセデス・ベンツCクラス・ステーションワゴンの強力な対抗馬となりそう。

現時点ではなかなか存在感を発揮できていないアルテオンですが、フェイスリフト、そして追加バリエーションによってなんとかメインストリームへと乗り出してほしいものですね。

191783

VIA:CARSCOOPS

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

  • この記事を書いた人

管理人:JUN

ランボルギーニ/ポルシェ/ホンダオーナー。 ハイパフォーマンスカーを中心に、それにまつわる話、気になるクルマやバイク、モノ、出来事などを紹介します。

-■新型車情報/スパイフォト/噂など, >VW(フォルクスワーゲン/Volkswagen), ■ニュース
-, , , , , ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5