>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) >ホンダ/アキュラ(HONDA/ACURA) >日産/インフィニティ(Infinity) >三菱(MITSUBISHI) ■そのほか車関連のネタなど

昨年、今年、そして来年「25年ルール」対象で高騰必至なのはこのクルマ!今年はランエボIII、来年はマークII三兄弟ツアラーVが最大の目玉か

投稿日:

| ただし盗難はノーサンキュー |

さて、何かと話題の25年ルール。

これはアメリカにおける法規で、「アメリカで新車発売されなかったクルマは、25年を経過しないと輸入できない」とされているもの。

誠に身勝手な決まりとしか言いようがありませんが、25年を経過すればひとまずは「合法に」輸入できるということになります。

なお、「新車発売されなかったクルマ」の定義はおそらく「形式」によるようで、たとえば北米にて新車当時に販売されていた「日産フェアレディZ」であっても、グレード等の差異によって形式が異なり、日本で販売されていたものの北米では販売されていなかった」車両は25年ルールが適用されるようです。

よって、同一モデルであろうとも形式が異なる場合は25年ルール対象(25年経たないと輸入できない)ということですね。

日本で盗難された車を米にて販売している疑惑のカーショップ。声明を出し「合法に輸入されたもの」と主張し、元オーナーに同情するも謝罪はなし

この記事のもくじ1 | 現段階では、どういった経緯で日本の盗難車がアメリカにまでたどり着いたのかわからない |1.1 J-Spec Auto Sportsは声明文を発表1.2 盗まれたクルマはどうなる ...

続きを見る

1994~1996年に日本で発売されたのはこんなクルマ

そこで1995年に発売されたクルマをざっと挙げてみると下記の通り(意外と多かったな・・・)。

・トヨタ・アバロン
・トヨタ・カローラレビン/スプリンタートレノ(AE111)
・トヨタ・クラウン(LS151H / GS151)
・トヨタ・クラウン・マジェスタ(UZS155)
・トヨタ・ハイラックス・サーフ
・トヨタ・サイノス

・日産アベニールサリュー
・日産グロリア/セドリック(Y33)
・日産テラノ
・日産パルサー
・日産プリメーラ
・日産プレセア
・日産ルキノ
・日産スカイラインGT-R(BCNR33)

・ホンダ・インスパイア/セイバー
・ホンダ・シビック・タイプR(EK9)

・マツダ・センティア
・マツダ・プロシードレバンテ
・マツダ・ボンゴフレンディ

・三菱エクリプス
・三菱ディアマンテ
・三菱パジェロジュニア
・三菱ミラージュ
・三菱ランサー
・三菱ランサーエボリューション(CP9A/CN9A)

・スズキX-90
・スズキ・カルタス

・スバル・レガシィ・グランドワゴン

上のリストでは派生モデルが含まれていないので実際はもっとあるということになりますが、この中でどれが北米で発売されていたのか、また発売されていなかったのかを調べることは至難のワザ。

ただ、「おそらくアメリカに入っていなかっただろう」と思われるのは日産スカイラインGT-R(BCNR33)、三菱パジェロジュニア、三菱ランサーエボリューション(CP9A/CN9A)、スズキX-90、日産グロリア/セドリック(Y33)あたりで、このあたりは中古価格が高騰、そして盗難リスクが高まるのかもしれません(すでにR33 GT-Rは高騰している)。

25年ルール対象となったR33 GT-R(1995年発売)の中古相場が上昇中!ただしR34 GT-Rが対象となる2024年はもっとスゴそう

この記事のもくじ1 | 現在のR34 スカイラインGT-Rの国内在庫はわずか54台のみ |1.1 1995年発売のクルマが「25年ルール」対象に1.2 やはり25年ルールの影響を受けるクルマの国内在庫 ...

続きを見る

pajeromini

参考までに、すでに25年ルールはら外れている1994年の発売車だと、三菱FTO、光岡ZERO1、トヨタ・カレン、日産セフィーロ、三菱デリカ・スペースギア、日産ミストラル、日産ラシーン等があるようです。

そして「来年」25年ルールによって北米へと輸入が可能となる1996年発売のクルマだとホンダS-MX、トヨタ・イプサム、ホンダ・インテグラ(EK3)、トヨタ・カムリグラシア、三菱カリスマ、トヨタ・カリーナ、光岡ガリュー、三菱ギャラン、トヨタ・クレスタ/チェイサー/マークII、日産シーマ、トヨタ・スターレット、日産ステージア、三菱チャレンジャー、ダイハツ・パイザー、日産ブルーバード、ホンダ・プレリュード、三菱レグナム、ホンダ・レジェンド、日産レパード、ホンダ・ロゴといったクルマが存在しますが、いわゆるマークII三兄弟(のツアラーV)あたりはかなりな人気となるかもしれません。

11

それにしても、こうやって見ると様々なクルマが登場して消えていったようで、ルキノ、カルタス、カレン、イプサム、パイザー、レグナムあたりは「そんなクルマもあったな・・・」という感じですね。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

  • この記事を書いた人

管理人:JUN

ランボルギーニ/ポルシェ/ホンダオーナー。 ハイパフォーマンスカーを中心に、それにまつわる話、気になるクルマやバイク、モノ、出来事などを紹介します。

->トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS), >ホンダ/アキュラ(HONDA/ACURA), >日産/インフィニティ(Infinity), >三菱(MITSUBISHI), ■そのほか車関連のネタなど
-, , , , , ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5