■新型車情報/スパイフォト/噂など >ランボルギーニ(Lamborghini) ■ニュース

ランボルギーニが超限定モデル「シアンFKP37」に”ロードスター”追加とのウワサ。おそらく3億円を超えそうなのに完売した模様

投稿日:2020/06/20 更新日:

ランボルギーニは「初」のハイブリッドカーとなるシアンFKP37を限定台数63台にて発売していますが、そのシアンFKP37にオープンモデルの”ロードスター”が追加されるのでは、というウワサ。

このシアンFKP37の価格は驚くべきことに2億7000万円と言われるものの当然のように完売済みとなっており、さらに驚くのはより高価になるであろう「シアンFKP37ロードスター」もすでに完売していると報道されていること。

ちなみにシアンFKP37の「FKP37」とは「フェルディナント・K・ピエヒ氏と、その生まれた年である1937年」を表し、限定台数の「63台」はランボルギーニの創業年である1963年にちなんでいます。

ランボルギーニが新型車「シアン」を正式公開し、その名称を「Sian FKP 37」だと発表。FKPはポルシェ創業者の孫のイニシャル←なぜ?

| FKP(フェルディナント・K・ピエヒ)なしには現在のランボルギーニは存在し得ない | ランボルギーニが初の市販ハイブリッドカー「シアン」をフランクフルト・モーターショーにて一般公開。そしてその正式 ...

続きを見る

シアンFKP37はこんなクルマ

ここでシアンFKP37について振り返っておくと、これは上述の通り「ハイブリッドカー」ではあるものの、通常のハイブリッドに用いられる「リチウムイオンバッテリー」の代わりに「スーパーキャパシタ」を用いたことが特徴。

これによって車体の構造を大きく変えることなく、そして重量増加を極力抑えることに成功しています。

ランボルギーニはシアンFKP37に搭載されたハイブリッドシステムをアヴェンタドール、ウラカン後継に採用?いったいどんなシステムなのか

| スーパーキャパシタ採用はスーパーカーにとっては理想的 | ランボルギーニは初の市販ハイブリッドカー、「シアンFKP37」を発表していますが、このハイブリッドシステムは「近い将来のランボルギーニ」に ...

続きを見る

装着されるモーター(34馬力)はトランスミッションに組み込まれて6.5リッターV12エンジンの出力をサポートするにとどまり(マイルドハイブリッドの類)、しかしシステム合計でのトータルは819馬力というランボルギーニ史上最大の数字に。

これがランボルギーニの未来!63台限定、2億7000万円の「Sián(シアン)」発表。V12+HVで819PSを発生するランボルギーニ初の「ハイブリッド」

| パワーこそ控えめだが、そのハイブリッドシステムには「世界初」が詰まっている | ランボルギーニが新型ハイパーカーにして超限定モデル、「Sián(シアン)」を発表。ベースとなるのはアヴェンタドールで ...

続きを見る

そのデザインはテルツォ・ミッレニオと共通する雰囲気を持っているものの、ランボルギーニはこのシアンのデザインについて「これはシアンだけのもので、今後の他モデルに使用されるデザイン言語ではない」とも語っていますね。

ランボルギーニ「シアンFKP37のデザインはスタンドアローン。今後の市販モデルにその要素が反映されるものではない」

| せっかくの格好良いデザインだけに、ちょっと残念 | ランボルギーニは最新の限定ハイパーカーとして「シアンFKP37」を発売。これはスーパーキャパシタを用いたハイブリッドカーとなり、ブランドの今後の ...

続きを見る

シアンFKP37ロードスターの内容は「未知」

そしてシアンFKP37ロードスターについては、一体どういった仕様になるのか、そして限定台数や価格は不明。

おそらく出力はクーペ版と同じ819馬力、トップはアヴェンタドール・ロードスター同様のデタッチャブル式だと思われます。

おそらく発売される?ランボルギーニ・シアン”ロードスター”のレンダリングが公開に。ほか”チェントディエチ・オマージュ”も

| そういえばランボルギーニはこれまで限定モデルに”ロードスター”を追加してきた | おなじみレンダリングアーティスト、Aksyonov Nikita氏が発表されたばかりのランボルギーニ・シアンを早速 ...

続きを見る

なお、ランボルギーニはこれまでにも限定モデルに対して「クーペ」「オープン」両方を設定することが多く(最近に限っては全て)、よってシアンFKP37ロードスターが発売されるのも「既定路線」だと言えそう。

8a974585004697.5d6ec59c3d557

過去モデルの限定台数についてはレヴェントン(21台)/レヴェントン・ロードスター(9台?)、ヴェネーノ(3台)/ヴェネーノ・ロードスター(9台)、チェンテナリオ(20台)/チェンテナリオ・ロードスター(20台)のほか、アヴェンタドールLP720-4 50°アニヴェルサリオ(クーペ/ロードスターとも100台)、アヴェンタドールSV(クーペ600台/ロードスター500台)、アヴェンタドールSVJ(クーペ900台/ロードスター900台)、アヴェンタドールSVJ 63(クーペ63台/ロードスター63台)となっていて、オープンモデルのほうが少ない場合もあれば、多い場合もあるといった具合。

ちなみにフェラーリにとってのオープンモデルは「非常に特別」で、クーペは特に限定でなくともオープン版は限定であったり、クーペ/オープンともに限定の場合は必ずオープンの方を少なく設定しており、これが「フェラーリの限定オープンモデルはまず値段が下がらない」と言われる所以ですね。

今回のシアンFKP37ロードスターについても、クーペと同じ63台が用意されてるんじゃないかとは思うものの、昨今の情勢を考えると台数を少し減らし、37台に制限される可能性もありそうです。

VIA: TheSupercarBlog, lamborghini

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5