■新型車情報/スパイフォト/噂など >マツダ(MAZDA) ■ニュース

マツダが”MAZDA3 ターボ”の予告動画を公開!2.5リッターターボ+4WD、パフォーマンス志向とのウワサ

投稿日:

| ただし今のところは「北米のみ」? |

さて、今月始めに突如として出てきた「マツダ3ターボ」のウワサ。

これはマツダの関係筋の話として報じられたもので、関係資料にはMAZDA3 HB PP TURBOとの記載があり、「マツダ3ハッチバック、パフォーマンスパッケージ、ターボ」だと解釈されています。

搭載されるエンジンについては不明ではあるもの、まさか新開発とも考えられず、CX-5等に積まれる2.5リッターターボ(230馬力)が流用される可能性が高そう。

現在のマツダ3のエンジン構成としては1.5リッターNA(111PS)、2リッターNA(156PS)、2リッター+スーパーチャージャー(SKYACTIV-X/180PS)なので、230PSというのは大きな魅力でもありますね。

MAZDA3にターボエンジン搭載のウワサ!”信頼できるマツダ関係筋”が「間もなく発表される」と語る

この記事のもくじ1 | ただし日本仕様はどうなるかわからない |1.1 マツダはなんとしてもMAZDA3をヒットさせねばならない1.2 CX-5、CX-9、MAZDA6には「カーボンエディション」も ...

続きを見る

投入されるのは北米のみ?

なお、今回のティーザー動画は北米市場向けに公開されたもので、したがって欧州や日本でこれが発売されるかどうかは不明。

北米市場においてこういった「ハイパワー版」が導入されるのは珍しいことではなく、現にマツダは北米向けに「2リッター」のロードスターを投入していたり、スバルも「2.5リッター」のWRX STIを投入済み。

これは「北米では大柄な人が多く、平均体重が重い」こと、そしてなにより「北米ではパワー重視」ということが挙げられます。

欧州については排ガス規制の関係にて、マツダ全体のCO2排出量を下げる必要があるため、これ以上排気量の大きなエンジンを投入する可能性は低いかもしれません(加えてSKYACTIV-Xが売れていると報じられているので、2.5リッターターボを投入するとそちらに客が流れて自食作用が起きる)。

マツダ欧州「SKYAVTIVE-Xエンジンの受注は予想を超える」。一方米国ではマツダ3そのものが低調。欧州は「環境性能」でクルマを選ぶが、米国は「価格」で選ぶ?

この記事のもくじ1 | 日米欧では、マツダ車、そしてエンジンの環境性能に対する捉え方が異なる |1.1 日米欧ではマツダ3の捉えられ方が異なる?1.1.1 米国だとマツダ3は苦戦中 | 日米欧では、マ ...

続きを見る

日本市場においては、パワーよりも「価格」で(このクラスのクルマを)選ぶ人が多いと思われ、そのためマツダは日本市場に対して安価なグレードを投入する方向で動いており、この路線を鑑みるに、「マツダ3ターボ」の日本市場への導入は無いのかも。

MAZDA3に30万円も割安な1.5Lモデルが登場!その価格222万なるもカローラの「193万円」にはまだ遠い。やはりマツダは高かった?

この記事のもくじ1 | マツダの志は理解できるが、消費者がなかなかついてこない |1.1 既存ラインアップに価格変更はない1.2 それでもライバルはまだまだ多い1.3 マツダのデザイン力は認めざるを得 ...

続きを見る

参考までに、マツダはMAZDA3導入時に「MAZDA3のハイパフォーマンス版は無い」と断言しており、その理由としては、マツダはプレミアムブランドへの道を歩んでおり、ホットハッチはそれにマッチせず、そこへ資金を投入することはできない、というもの。

ついつい「マツダスピード」版MAZDA3を期待してしまいますが、それはもう諦めたほうがいいのかもしれません。

マツダ「新型マツダ3にはマツダスピードを設定しない。スポーツよりもプレミアム路線を歩む」

| マツダはミニバンに続きホットハッチからも撤退。プレミアムブランドを目指す | マツダはロサンゼルス・モーターショーにて新型マツダ3(日本名アクセラ)を発表し、その後には「まだまだガソリン/ディーゼ ...

続きを見る

マツダスピードといえば

マツダは公式に「マツダスピード版MAZDA3はない」とコメントしているものの、フィリピンのインポーターは黙っていなかったようで、独自に「マツダ3スピード」を作ってリリースしたことも。

これは外観だけを変更したもので、フロントスプリッター、サイドスカート、リアディフューザー、18インチホイールが装着され、日本でもパッケージオプションとして用意される「シグネチャースタイル」によく似た内容となっています(シグネチャースタイルにはBBSホイールが装着されるが、マツダ3スピードのホイールはBBSではない)。

マツダは路線を再考すべき?

なお、現在マツダは「プレミアム路線」まっしぐらですが、マツダを支持している人々にとって、マツダを支持する理由は「プレミアムだから」じゃないのかも。

多くの人は「割安だから」とか「デザインがいいから」、はたまたRX-7やロードスターのイメージから「スポーツ性が高い」というものだと思われ、マツダの考えるプレミアムは消費者にまで届いていないんじゃないかと考えるワケですね。

マツダ渾身のSKYACTIV-X搭載車が売れず、販売比率は10%。「高価」すぎるためと思われるが、なぜ高価なのか誰も理解できないのが問題だ

この記事のもくじ1 | 価格正当性がわからないものにお金は払えない |1.1 いったいSKYACTIV-X搭載車はどれくらい高いのか1.2 そもそもSKYACTIV-Xの良さが伝わってこない | 価格 ...

続きを見る

もちろんマツダはそれを理解していて、だからこそ「時間をかけないとやり遂げられない」というコメントを発しているということになりますが、理解してもらえない理想よりも、すでに理解されている分野をとことん突き詰め、「コスパ」「デザイン」「スポーツ」に特化したほうが生き残れる可能性が高いのでは、とも考えています。

マツダ社長「今は苦しいが、売り方を180度変えることでプレミアム化を図る」。世界シェア2%の小さい会社が生き残るための戦略とは

この記事のもくじ1 | なかなかマツダの考え方は消費者に理解してもらえない |1.1 正直、マツダは「苦しい」1.2 「高くても買ってもらえるブランドに」1.3 マツダが「プレミアム」を意識し始めたの ...

続きを見る

そして、せっかく「スポーツ」イメージを世間が持っているのであれば、やはりMAZDA3にマツダスピードバージョンを設定しない手はなく、そのあたりマツダには路線変更を再考して欲しいと思う部分でもあります。

マツダ「マツダ3のマツダスピード版を作るだけの技術は既にある。だがやらない」。しかしボクがマツスピ版を必要だと思うワケ

| ハイパフォーマンスカーはひとつの「夢」であり、「夢」を持たない自動車メーカーにはついて行けない | 近年のマツダに対する評価は非常に高く、とくにそのデザイン言語、内装のフィニッシュ、高い環境性能を ...

続きを見る

VIA:Mazda USA, jaywalkur

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

  • この記事を書いた人

管理人:JUN

ランボルギーニ/ポルシェ/ホンダオーナー。 ハイパフォーマンスカーを中心に、それにまつわる話、気になるクルマやバイク、モノ、出来事などを紹介します。

-■新型車情報/スパイフォト/噂など, >マツダ(MAZDA), ■ニュース
-, , , ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5