■服や小物、時計、雑貨など ■ニュース

「2020年の新モデル発表は無期限延期」と発表したロレックス!新型への移行がウワサされていたエクスプローラーI、ミルガウスは直近1年の高値を更新。スポロレ相場を見てみよう

投稿日:2020/07/02 更新日:

| 知らないうちに高値更新、高値付近まで上げているモデルも続々 |

さて、2020年7月のロレックス(スポーツモデル)相場。

5月から6月はじめだと、コロナ禍における自粛の反動からか、いずれのモデルも大きく価格を上げることとなっていますが、直近だと大きく価格を上げるモデルはほぼ少なく、「現状維持」か「ちょっとだけ上がる」という程度。

ただ、ジリジリと値を上げた結果、直近1年のピーク価格を更新したのが「エクスプローラーI」と「ミルガウス」。

デイトナ、エクスプローラーIIも「最高値目前」といったところまで価格を上げています。

ちなみにロレックス中古モデルの買取り相場も若干上昇傾向にあるようで、つまり「動きが活発化している」のは間違いなさそう。

ロレックスの買取価格はこうなっている!デイトナ、サブマリーナ、エクスプローラーはいくらで売れる?

この記事のもくじ1 | 全般的には市場価格の上昇に伴い、買取価格も上昇中 |1.1 ロレックスの値動きはこうなっている1.2 直近のロレックス買取相場はこんな感じ1.3 この記事を読んだ人は、他にもこ ...

続きを見る

2020年7月のロレックス相場を見てみよう

なお、ロレックスは昨今の状況を鑑み、公式に「ニューモデルの発表を無期限延期」とアナウンスしていますが、以前からエクスプローラーI、ミルガウスは現行モデルがディスコン(販売終了)になるのではと言われています。

つまりこれらは「今後の希少価値上昇」という観点(期待)から価格が上がっている可能性があり、もしこれらのニューモデルが発表されたとしたら、生産終了となる現行モデルはさらに大きく価格を上げるのかもしれません。

ただ、同じくなんらかの変更(ケース径の拡大など)があると言われているサブマリーナについては、直近での値上がりに乏しく、中古相場が若干下がってしまったモデルも。

相変わらず「どういった理屈で動いているのかわからない」のがステンレススティール製のスポーツモデルですが、ここで7月はじめの相場を見てみましょう。

コスモグラフ デイトナ 116500LN

コロナウイルスの影響が薄まった後、価格をぐっと上げたコスモグラフデイトナ。

6月はじめに比較すると新品平均相場は6万円ほど上昇していますが、グラフを見る限りでは半月以上「安定」しているようですね。

なお、中古相場が上がってきているところを見るに、今後も継続して相場が上がってゆくことになりそうです(もうちょっとで最高値更新)。

6月はじめの平均相場:2,907,980円
7月はじめの平均相場:2,965,284円
7月の中古最安:2,798,000円
ここ1年のピーク相場:3,057,915円(2019/6/10)
ここ一年のボトム相場:2,765,652円(2019/9/16)
定価:1,387,100円

1

GMTマスターII 126710BLNR(バットマン)

金額だけを見ると、コスモグラフデイトナよりも値上がりの大きいGMTマスターII”バットマン”。

5月に続き6月も継続して大きく相場を上げており、グラフを見るとまだまだ上がりそう。

正直言って「なぜこんなに高くなるのかわからない」のがバットマンではありますが、過去のピーク相場が人々の記憶に新しく、「そこまでは戻すだろう」という期待から買いが集まっているのかもしれず、ここが「火がついたスポロレ」の恐ろしさでもありますね。

6月はじめの平均相場:1,667,760円
7月はじめの平均相場:1,753,080円
7月の中古最安:1,700,000円
ここ1年のピーク相場:2,680,000円(2019/5/27)
ここ一年のボトム相場:1,567,505円(2020/4/2)
定価:918,000円

2

サブマリーナデイト 116610LN

コスモグラフ同様、6月はじめに比べると高い相場を形成しているものの、値上がりがいったん落ち着いているサブマリーナデイト。

ちなみに中古最安は先月よりも安くなっており、かつ新品最安がジリジリ下がっているところを見るに、「買い」が若干落ち着いているのかもしれませんね。

6月はじめの平均相場:1,354,760円
7月はじめの平均相場:円
7月の中古最安:1,119,850円
ここ1年のピーク相場:1,406,065円(2019/5/27)
ここ一年のボトム相場:1,220,335円(2019/9/16)
定価:943,000円

3

サブマリーナデイト 116610LV(ハルク)

こちらも高値安定に入ったように見える「ハルク」。

サブマリーナの中ではもっとも人気の高いモデルですが、やや息切れ感があるようで、伸び悩み感が出ています。

6月はじめの平均相場:1,830,280円
7月はじめの平均相場:1,853,836円
7月の中古最安:1,568,000円
ここ1年のピーク相場:2,015,718円(2019/5/20)
ここ一年のボトム相場:1,660,798円(2019/9/23)
定価:987,000円

4

サブマリーナ 114060

qq

5-6月にかけて大きな値上がりを見せたものの、そこからはやはり安定のサブマリーナ。

平均相場はやや下がり、中古の最安価格が若干上がるという現象が起きています。

6月はじめの平均相場:1,273,257円
7月はじめの平均相場:1,278,412円
7月の中古最安:999,000円
ここ1年のピーク相場:1,150,441円(2020/2/20)
ここ一年のボトム相場:1,029,177円(2019/9/23)
定価:832,700円

6

エクスプローラー 214270

5月前半に大きく価格が上昇し、その後値動きの荒い展開となっているエクスプローラーI。

ここまで平均相場が「上下」するのは珍しく、ということは流通量が少ないのだとも考えられます(流通量が大きと、平均値の上下は小さくなる)。

おそらくですが、コロナウイルスの影響にてしばらく生産が停止しており、ほかモデル含めて出荷数が減っているのかもしれません。

ちなみに6月23日には「過去1年の最高価格」を更新しています。

6月はじめの平均相場:874,942円
7月はじめの平均相場:885,985円
7月の中古最安:748,000円
ここ1年のピーク相場:892,581円(2020/6/23)
ここ一年のボトム相場:798,652円(2019/8/19)
定価:687,500円

なお、ドバイのロレックス正規販売店で「店頭在庫を買った」という人もおり、流通が”完全に”ストップしているわけではないようです。

7

エクスプローラー II 216570

5月に入ってジリジリ上げていたエクスプローラーII。

6月後半にドカンと上がってその後に相場が下落していますが、平均値としてはやや上昇しており、ここ1年のピークに王手をかけそうなところにまで来ていますね。

6月はじめの平均相場:1,069,022円
7月はじめの平均相場:1,102,768円
7月の中古最安:879,800円
ここ1年のピーク相場:1,106,825円(2020/2/17)
ここ一年のボトム相場:973,210円(2019/9/20)
定価:875,600円

5

シードゥエラー 126600

sea

ほかモデル同様、5-6月に大きく上がり、ここ最近では落ち着いているシードゥエラー。

まだまだピークまでには程遠く、価格を完全に戻せていない状況ですが、ほかモデルの動きを見ていると、ピーク付近までは戻すことになりそう。

6月はじめの平均相場:1,586,722円
7月はじめの平均相場:1,659,650円
7月の中古最安:1,528,000円
ここ1年のピーク相場:1,837,154円(2019/5/27)
ここ一年のボトム相場:1,509,004円(2019/9/16)
定価:1,230,900円

9

ミルガウス 116400GV

saz

これまで動かなかったミルガウスですが、6月に入って謎の急騰。

6月29日にはここ1年のピーク相場を抜ける高値を記録しています。

6月はじめの平均相場:947,500円
7月はじめの平均相場:1,082,800円
7月の中古最安:900,831円
ここ1年のピーク相場:1,082,800円(2020/6/29)
ここ一年のボトム相場:919,480円(2019/12/9)
定価:876,700円

10

VIA:kakaku.com

この記事を読んだ人は、他にもこんな投稿を読んでいます

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

-■服や小物、時計、雑貨など, ■ニュース
-, , , , , , ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5