■新型車情報/スパイフォト/噂など >BMW(ビー・エム・ダブリュー) ■ニュース

新型BMW M3の最新試作車が目撃!M4同様の縦長グリル採用が確定的。3シリーズとは別のクルマとなりそうだ

投稿日:

| 以前のスパイフォトだと「普通のグリル」を装備していたが |

さて、BMWは先日「新型M3と新型M4」のティーザー画像を公開していますが、その画像では”M4は前を向いているのに、M3は後ろを向いた状態”。

つまり新型M3のフロントはどうなっているのか(大きなキドニーグリルを持つのか)わからない状態だったものの、今回公開されたスパイフォトを見るとやっぱり巨大キドニーグリル(バーチカルキドニー)を持っている模様。

BMWが新型M3セダン/M4クーペのティーザー画像を追加公開!ユーチューバーからは先行して試乗レビューも登場

この記事のもくじ1 | 新型M3のフロントはまだまだ”見えない” |1.1 新型M3セダン/M4クーペは大幅パワーアップ1.2 BMWはすでにプロトタイプを貸出中1.3 BMWは4シリーズの生産を開始 ...

続きを見る

開発効率を考えると「M4と共通」なのがベター

なお、BMWはここ最近、7シリーズはじめX5/X6にてどんどんグリルを巨大化させていますが、その理由としては「ブランディング」、そして機能的なところでは「吸気を集約することでバンパーデザインが自由になり、エアロダイナミクスが向上する」というもの。

ブランディングは別として機能面について説明すると、これまでだとアッパーグリルやロワーグリル、サイドグリルなど数箇所あったダクトを「巨大なセンター」へと集約することで、他部分にグリルを設けなくて良くなり、たとえばグリルを設けたとしても、そこから取り入れたエアーは冷却や吸気に回す必要がなくなるので、サイドにそのままエアを逃し「車両の前面投影面積を理論上減少させ」空気抵抗を削減することが可能です(最近のクルマにおいて、バンパー内のエアを外にそのまま出しているのも同じ理由)。

BMW-M3 (3)

ただ、巨大なグリルは空気抵抗を増加させることにつながるものの、グリルシャッターを有効活用すれば、吸気が不要な際、もしくは加速時や高速走行時など”空気抵抗を減らしたい時”にこれを閉じることで空力性能を向上させることもできるわけですね。

加えて、ラジエター、インタークーラーをセンターに集中させればロールセンターの改善に繋がり、パイプやラジエター/インタークーラーの数も減るので軽量化(とくにフロントオーバーハングなので効果は大きい)にも貢献することに。

つまり、機能的面から見ると、このバーチカルキドニーは「いいところだらけ」ということになり、とくにM3やM4のようなスポーツカーに向いている、と考えられます。

BMW-M3 (4)

標準モデルとMモデルとは全く異なるクルマ

なお、M4はベースモデルそのものがバーチカルキドニーを採用しているので、「M4」を開発する際にもそのままバーチカルキドニーを(内部構造ともども)採用できますが、M3の場合だと、ベースになる3シリーズは「普通のキドニーグリル」を採用しているため、これをバーチカルキドニーへと変更するには、見た目以上に手間がかかるものと思われます。

つまりバンパーの外形だけを変更しても意味がないので、内部の構造やラジエター/インタークーラーの配置も変更する必要があり、かなりの範囲を改修する必要が出てくるわけですね。

BMW-M3 (5)

ただ、それでもBMWがM3にバーチカルキドニーを採用するということは、それだけのコストをかけてもM3のパフォーマンスを向上させようということになりそう。

もちろんその決断の背景には「ブランディング」「M4でも同じエンジンや冷却系を採用するのでコストを按分できる」という思惑もあるかと思いますが、M3史上、ここまでベースモデルと外観が変わる例は無かったかもしれません。

BMW-M3 (6)

加えて、搭載されるエンジンもB58からS58へと変更されるほか、足回りなども集中的なアップグレードが施されることになるものと思われます。

基本的に「Mモデル」はベースモデルとは別のクルマ、つまりベースモデルをパワーアップして足回りをちょっと固めたモデルではなく、BMWのモータースポーツを担当する部門が作り上げた「市販車よりも競技用に近い」性格を持っていますが、それを端的に主張するのが「わざわざベースモデルから大きな、かつ構造的な改修を行っている」という事実であり、これを鑑みるに、やはり3シリーズとM3とは別のクルマだということがわかりますね。

BMW-M3 (1)

新型M4のプロトタイプも目撃に

そしてこちらは新型M4のスパイフォト。

すでに4シリーズ、フロントのわかるM4のティーザー画像が公開されているので驚きを感じるほどではないものの、それでも強いインパクトがあるのもまた事実。

2021-BMW-M4-Coupe-spy-shots-4-1

ただ、キドニーグリルが縦方向に大きくなったといえど、その上辺はこれまでのM4に比較すると低くなっているように見え、慣れてくるとなんとなくスタイリッシュに見えるのが不思議です。

2021-BMW-M4-Coupe-spy-shots-12-1

参照:Carscoops

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

  • この記事を書いた人

管理人:JUN

ランボルギーニ/ポルシェ/ホンダオーナー。 ハイパフォーマンスカーを中心に、それにまつわる話、気になるクルマやバイク、モノ、出来事などを紹介します。

-■新型車情報/スパイフォト/噂など, >BMW(ビー・エム・ダブリュー), ■ニュース
-, , , , , , ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5