>AMG/メルセデス(Mercedes-Benz) ■新型車情報/スパイフォト/噂など ■ニュース

【今日のニュース:新型車編】ポルシェ・パナメーラ・スポーツツーリスモの試作車、メルセデスがEVのテストにテスラを持ち出して比較するetc.

更新日:

| 結局のところ、テスラを抜くのはどうやっても難しい |

さて、なかなか発表されそうで発表されないフェイスリフト版の新型ポルシェ・パナメーラ。

今回はワゴンボディのパナメーラ・スポーツツーリスモのプロトタイプが目撃されていますが、見たところその変更内容は非常に小さいように思われます。

ざっと見たところだと前後バンパーにヘッドライトそしてテールランプといったところで、おそらく現行パナメーラと大きく雰囲気が変わることはなさそうですね。

2021-Porsche-Panamera-Sport-Turismo-facelift-17

ちなみにこの車両のブレーキキャリパーはアシッドグリーンなのでプラグインハイブリッドだと思われます。

2021-Porsche-Panamera-Sport-Turismo-facelift-14

参照:CARSCOOPS

メルセデス・ベンツはテスラをベンチマーク?

先日、メルセデス・ベンツがEQSやEQE、さらに謎のプロトタイプを走らせている様子が目撃されましたが、今回はEQSとテスラ・モデルS/モデル3とが一緒にテストされているところが激写されています。

これの意味するところは「メルセデス・ベンツがテスラとの比較を行っている」ということに尽き、つまりテスラをベンチマークにしているということになりそう。

なお、テスラが人気化しはじめた2014年あたりは各自動車メーカーともテスラに対して注意を払っておらず、そのときには「どうせ新興メーカーはすぐに消え去るだろう。自動車ビジネスはそんなに甘いモノではない」といった見方がなされていたように記憶しています。

【動画】メルセデス・ベンツはピュアエレクトリック版Eクラス、「EQE」を用意?EQSよりもコンパクトなプロトタイプが目撃に

この記事のもくじ1 | メルセデス・ベンツはガソリンモデルとエレクトリックモデルとのデザインを大きく差別化? |1.1 「EQE」がないほうが不自然?1.2 EQSとEQEとは細かい差も | メルセデ ...

続きを見る

しかしその後テスラは消え去るどころかどんどんその勢力を伸ばすことになり、そこであわてたのがメルセデス・ベンツやBMW、アウディといったジャーマンスリーをはじめとする老舗自動車メーカー。

この時点でもそれら自動車メーカーはテスラの実力を見誤っていて、「テスラにできることは我が社にもできる。すぐにテスラを抜いてみせる」とタカを括っていたものの、何年経ってもテスラを抜くことはかなわず、それどころか差は広がる一方です。

2022-Mercedes-EQS-20

現在メルセデス・ベンツはEQC、ポルシェはタイカンを発売していますが、おそらくはこれらもテスラに対抗するのは難しく、メルセデス・ベンツは「なぜテスラをどうしても抜けないのか」その理由を探るためにテスラを駆り出したのかもしれませんね(ポルシェもタイカンの開発時には、ずっとテスラを帯同させていた)。

参照:CARSCOOPS

テスラは「他社にエレクトリックシステムを提供」?

そして当のテスラについて、その技術の一部を開放し、他社にコンポーネント(バッテリーとドライブトレーン)を提供する用意があると(イーロン・マスクCEOが)コメント。

まさに余裕の発言ということになりますが、老舗自動車メーカーはそのプライドが邪魔をしてテスラから技術供与を受けようとはしないかもしれず、しかし実はメルセデス・ベンツとトヨタに対してはバッテリーパックを提供した経験がある、とも報じられています。

なお、EVは「量産できるかどうか」によってそのコストが大きく変わり、テスラの今回の発言の裏には「もっとコンポーネントの生産数を増やしてコストを下げ、さらに安いEVを作りたい」という狙いがあるのかも。

実際のところイーロン・マスクCEOは「まだまだテスラの価格は安いとは言えない」とも発言しており、EVの価格を引き下げたいと考えているようです(現行モデルの値下げではなく、新規に安価なモデルを追加する意向)。

ちなみにフォルクスワーゲンもEVプラットフォームを他社に提供すると発表していて、トヨタもまたエレクトリック関連特許を一部無償開放するとしていますが、両者とも「普及によって製造コストを引き下げる」狙いがあるのは間違いなさそうですね。

トヨタが「特許を保有するHV技術23,740件をタダで開放する。サポートもする」と発表。その狙いはどこにある?

トヨタはどこかで収益化を考えているはずだ トヨタが、「自社の持つ、燃料電池含むハイブリッド技術を無料で開放する」と宣言。通常、自動車メーカーは自社の持つ技術を他社に使用させないため(競争に勝つという側 ...

続きを見る

VW「IDバギーコンセプト」公開。同時にIDシリーズのプラットフォームを他社に販売可能だと公表し、小規模メーカー、新規メーカーも容易にEV市場へ参入できることに

新興自動車メーカーにとっては参入障壁が著しく下がることに フォルクスワーゲンが、先日よりティーザー画像を公開していた「IDバギー・コンセプト」を発表。これはかつてビートルをベースに改造され、人気を博し ...

続きを見る

参照:TESLARATI

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

  • この記事を書いた人

管理人:JUN

ランボルギーニ/ポルシェ/ホンダオーナー。 ハイパフォーマンスカーを中心に、それにまつわる話、気になるクルマやバイク、モノ、出来事などを紹介します。

->AMG/メルセデス(Mercedes-Benz), ■新型車情報/スパイフォト/噂など, ■ニュース
-, , , , ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5