>マクラーレン(McLaren) ■その他 ■ニュース

【動画】スーパーカーブロンディ大喜び!中国からやってきた怪しげな「自動カーカバー」を試してみる

更新日:

| さすが中国。テクノロジーの無駄遣い? |

さて、ドバイ在住の女流スーパーカー系ユーチューバー、スーパーカーブロンディさん。

今回は中国製の怪しげなカーグッズを紹介しています。

まずは新しく購入したマクラーレン720Sで登場(意外と地味なボディカラーを選んだな・・・)。

さすがは中国、テクノロジーの無駄遣い

そしてマクラーレン720Sのフロントトランクを開けると入っているのが今回紹介する「メイド・イン・チャイナ」のカーグッズ。

12

JUN
メチャクチャ収まりがいいな!

トランクから取り出し・・・。

11

結構重そうだ!

101

そしてこの物体をルーフの真上にセット。

10

スイッチオンで上部がパカっと開き・・・・。

8

カーカバーが出てきた!

7

ただし自動なのはカーカバーが出てくるところまでで、そこからは自分でカバーを掛けてゆく必要あり。

ただしカバーの向きが(このマシンの無機と一致するので)前後左右把握できるのと、ちょうどマシンが「おもり」になってくれるので、一人でも問題なくカバーをかけることができそう。

6

ただしルーフへの傷を考えるとそのままこのマシンを置くのはためらわれ、傷防止のプロテクションフィルムを貼っておきたいところですね(グラストップやソフトトップだと、そういった気遣いは不要かも)。

5

ただ、このマシンの凄いところは「カバーをかける」際ではなく「カバーを片付ける」時。

クルマにかけたカバーの前後を外してスイッチを入れると、自動でカバーの収納を開始します。

4

カバーを巻き取りながらどんどん収納。

凄いなコレ!

3

ただしカバーとの摩擦でボディに傷が入るのは防ぎようがなく、そこを「割り切れる」人でないとこのマシンを使うのは難しそう。

2

そして完全に巻き取った後には自動でパカっとカバーが閉じ、スーパーカーブロンディさん大喜び!

1

「使える」のか「使えない」のかわからないガジェットではありますが、実際の動作を目にすると、かなりなインパクトがある製品であるのは間違いなさそうですね。

なお、以前には中国からこういったガレージが登場したことも。

後ろ半分がハードシェルになっていて前半分は蛇腹構造となっていて、駐車した後もドアを開いてクルマから降りることができ、しかしその後にガレージを閉じてしまうと「最小限の幅で」クルマを密閉保管することが可能です(ガレージを開閉式とすることで、ドアを開けるスペースを確保しなくてもいい)。

名称未設定-2

参照:Supercar Blondie

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

  • この記事を書いた人

管理人:JUN

ランボルギーニ/ポルシェ/ホンダオーナー。 ハイパフォーマンスカーを中心に、それにまつわる話、気になるクルマやバイク、モノ、出来事などを紹介します。

->マクラーレン(McLaren), ■その他, ■ニュース
-, , , , , ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5