>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) ■新型車情報/スパイフォト/噂など >スバル(SUBARU) ■ニュース

FMC版新型トヨタ86ついに目撃!TRD開発拠点近くでのテストが行われ、トヨタ主導、かつモータースポーツを意識?

投稿日:

| イメージ的には現行モデルを踏襲しているように見える |

さて、新型トヨタ86/BRZのプロトタイプが目撃されてちょっとした話題に。

プロトタイプはほぼ市販モデル同等のレベルまで完成していると見え、ヘッドライトもおそらくはプロダクションモデルと同じものを装着しているようにも。

全体的には現行86/BRZの雰囲気に近いようにも思えますが、今までのアグレッシブなデザインから、より洗練されたデザインへと移行するようにも感じられます。

ベストカーの予想は「いい線」を行っている?

そしてこちらはベストカーの公開した予想CG(ft86clubによって、比較しやすいように反転されている)。

x01

上のスパイフォトと比較するに「かなり近く現実味があり」、フロントバンパーの開口部、その下の出っ張り、台形型のサイドエアインテーク、ヘッドライト形状、テールエンドの形状などがうまく再現されていると思います。

ちなみにこの「新型86」と思われる車両が目撃されたのは米国ミシガン州、TRDの開発拠点近く。

トヨタは日本国内に「ニュルをイメージした」テストコースを開設していますが、こちらではなく米国にて目撃されたというのはちょっと興味深く、つまり開発拠点はアメリカとなるのかもしれません。

トヨタが愛知県に「ニュルの縮小版」サーキットと研究施設を開設。「今後、クルマをより良くしてゆく」

サーキットは全長5.3キロ、高低差75メートル トヨタがそのお膝元である愛知県豊田市下山にサーキットを含む研究施設「トヨタ・テクニカルセンター下山」をオープンした、と発表。今回のオープンはまだ「部分的 ...

続きを見る

加えて、TRDの近くということは「スバルではなくトヨタが開発を進めている」ということになり、かつTRD主体となればモータースポーツにて培ったノウハウが注ぎ込まれることになる可能性も高そう。

次期トヨタ86/スバルBRZはどんなクルマに?

そこで気になるのが、次期86/BRZはどんなクルマに?ということ。

現在の86/BRZは主に海外からパワー不足が指摘されており、よってターボ化が望まれるところ。

ただしターボエンジンはトルクが大きく、それに耐えうる車体をもたせるとなるとコストがかかってしまうのもまた事実。

トヨタは現在「GRスープラ」を持ち、このボトムである4気筒モデルが「2リッターターボ」を積んでいるため、これとバッティングしないということ、コストを安く抑えて車体価格も安価に設定し「スポーツカーのエントリーモデル」として(新型86を)機能させたいであろうことを考えると、やはり「自然吸気エンジン」を積む可能性が高そうです。

トヨタ86開発担当者語る。「何百万回も聞かれたが、現行86にターボ装着はない。次期モデルではわからないけど」

| 現行トヨタ86にターボエンジン搭載はない | ジュネーブ・モーターショー開催期間中に、トヨタのスポーツ車両統括責任部長(86プロジェクトの責任者でもある)、多田哲哉氏がオーストラリアのCarAdv ...

続きを見る

なお、現在のところ、スバル製2.4リッター水平対向エンジン(FA24)の搭載が有力で、出力は220馬力、そしてベストカーによれば「北米市場を意識し、最大トルク発生回転数が6400rpmから5500rpmまで引き下げられて実用域での乗りやすさ、ATとの相性、アイサイト搭載を睨んだものになる」、とのこと。

ただ、北米では「ターボ搭載」と断じる向きもあるようです。

トヨタ北米のディーラー会合にて今後の計画が明らかに!「次期86は255馬力ターボ、2021年6月発表」「次期ランクルはオフローダーの性格を強め価格を抑える」等

この記事のもくじ1 | ちなみにTjクルーザーの話は出なかったようだ |1.1 今後のトヨタの新型車計画はこうなっている1.2 ランドクルーザーは「原点回帰」? | ちなみにTjクルーザーの話は出なか ...

続きを見る

プラットフォームについてはほぼ情報がなく、しかし上述の通り「エントリー」としての役割を重視するのであれば、そこにコストをかけるとは思えず、現行プラットフォームを改良して使用することになりそう。

製造を担当するスバルでは、現在プラットフォームを「SGP」へと置き換えていっており、よって86/BRZのプラットフォームがSGPでないとすると、全体的な生産効率が下がってしまうものの、SGPはFRに転用できないということも報じられており、SGPの大規模改修を行うくらいであれば、非効率でも現行プラットフォームを(現在の工作機械を使用して)使い続けたほうがいいという判断なのかもしれません。

ただ、これについても「現行プラットフォームを維持」とする向きもあれば「TNGAプラットフォーム」とする報道もあり、まだまだ判断がつかないといったところです。

新型トヨタ86は「GR86」を名乗り、”第三の”GRオリジナル車種となる可能性。プラットフォームはTNGA、エンジンはスバルの水平対向

この記事のもくじ1 | 現在次期86/BRZには様々なウワサがあるが、これは極めて妥当と考えられる |1.1 次期86/BRZはTNGAがベース?1.2 次期スバルWRX STIは次期86/BRZには ...

続きを見る

新型トヨタ86/スバルBRZの発売時期、そして価格は?

そして気になる新型トヨタ86/スバルBRZの発売時期ですが、トヨタの全米ディーラーミーティングでは「2021年夏」、スバルのディーラーミーティングでは「2021年春」としており、これらは社内での通達だけに「確定」と考えて良さそう。

time

価格については情報が無く、「既存エンジンを使用してプラットフォームをキャリーオーバー」だとすれば、”現行86/BRZに(現在求められる)安全装備を追加した分と物価上昇分を加えた30~50万円アップ”が妥当なところかもしれません。

ただ、ターボエンジン搭載によるプラットフォーム補強、もしくはプラットフォームをリニューアルするとなると「もっと高くなる」のは間違いなく、しかしそうなるとスープラと競合し、エントリーモデルの役割を果たさなくなるため、やはり「現行プラットフォーム+NAエンジン」で価格を抑えてくるだろう、とも考えています。

brz1

参照:ft86club, Matt Maran Motoring

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS), ■新型車情報/スパイフォト/噂など, >スバル(SUBARU), ■ニュース
-, , , , , ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5