>AMG/メルセデス(Mercedes-Benz) ■新型車情報/スパイフォト/噂など ■ニュース

【今日のニュース:メルセデス編】偽装の薄くなったCクラス、GLC試作車が目撃。加えて公式に「AMG Oneの開発が新たな段階」に入り、近くニュルを走行すると発表

投稿日:

メルセデス・ベンツの新車攻勢はとどまるところを知らない |

さて、このところ立て続けにニューモデルを発表し、さらに新型Sクラスなど「大物」の発表も控えているメルセデス・ベンツ。

今回はおそらく来年に発表されると思われる、新型Cクラスのスパイビデオが公開されています。

これまでにも新型Cクラスのプロトタイプは何度か捉えられているものの、今回のプロトタイプではややカモフラージュが薄くなり、かつ複数のバリエーションも登場していて、中にはAMGバージョンと思えるモデルも。

動画の中ではエントリーからAMGバージョンまでの新型Cクラスが登場

おそらくこちらはベースグレード、もしくはそれに近いモデル。

これまでフロントバンパーに被されていた分厚いパネルがなくなり、バンパー形状がシート越しに確認できるようになっています。

4

一方でこちらはフロントグリル、フロントバンパー、サイドステップ、ホイール等から判断してAMG版(おそらくはC53と思われる)。

フロントが低く、リアが高いウェッジシェイプを採用しており、スポーティーな印象がありますね。

2

こちらもまた別のホイールを装着したモデル。

この角度から見るとボディパネルのツルリとしたデザインがよくわかり、現在メルセデス・ベンツの推し進めるデザイン言語=官能的純粋が新型Cクラスにおいても採用されていること(そしてそれは今後しばらく継続されるであろうこと)がわかります。

1

参照:walkoARTvideos

フルモデルチェンジ版「新型GLC」の姿も

そしてこちらは新型GLCのプロトタイプ。

現行メルセデス・ベンツGLCは2019年にフェイスリフト(マイナーチェンジ)を受けていますが、今回目撃された試作車は「フルモデルチェンジ版」の新型GLC。

まだまだわかっていることは少ないものの、新型GLCはMRA(モジュラー・リア・アーキテクチャ)プラットフォームを使用し、ホイールべースと全長が延長されて7シーター版も用意されるのでは、と言われています。

2022-mercedes-benz-glc-class-spy-photos-front-3-4

画像を見るに、全体的なデザインは完成しているように見えますが、ヘッドライトやテールランプは「暫定」であるようにも。

ボディサイドの形状(フェンダーやドアの膨らみ)を見ると新型Cクラスとの共通性も感じられ、SUVというよりは「サルーン的」イメージが強調され、「G」というSUVラインアップでのつながりよりも、「C」というクラス間でのデザイン的関係性が重視されるのかもしれません。

2022-mercedes-benz-glc-class-spy-photos-front

そのほか気づくのはドアハンドルとベルトラインとの位置関係が変化していること(ドアハンドルの位置が下がっている)、ドアミラーがピラーの根本からドアスキンへと移動していること。

ランプ類が暫定であることからもわかるとおりまだまだ開発には時間を要するものと思われ、登場時期については「1年以上先」だと見られているようですね。

2022-mercedes-benz-glc-class-spy-photos-rear-3-4

参照:Motor1

メルセデスAMG Oneは新たな開発局面へ

そしてメルセデスAMGは今回「AMG Oneの開発が新たなフェーズに入った」とアナウンス。

これまでには搭載される「F1由来」エンジンの神経質さに起因する問題によって開発が遅れているとされ、とくにアイドリングの高さ、騒音が問題視されていたものの、少し前にはそれらの問題についても解決の目処が立ったとしており、そして今回は「これまでになく市販モデルに近い状態で」テストを行っている、と発表しています。

D601727-Mercedes-AMG-Project-ONE-testing-reaches-an-exciting-phase

現在行っているのはドライバビリティの微調整、そしてルーバーやフロントのエアアウトレット、リアまわりの「アクティブエアロ」の動作と確認であり、現在は自社の施設内でこれを行っているものの、「じきニュルブルクリンクにおいてもテストを開始する」とのこと。

「常に高回転」をキープすることが前提のF1用エンジンを、「アイドリングから高回転まで」、しかも「(いかにハイパーカーとはいえど)日常的には低回転のほうが多い」というサーキットとは真逆の状況で使用するには相当に高いハードルがあったものと思われ、かつ1000HPという、これまでにない高出力を扱うドライブトレーンやシャシーについても試行錯誤の繰り返しであったと思われますが、ようやく市販の光が見えてきたということになりそうですね。

D601729-Mercedes-AMG-Project-ONE-testing-reaches-an-exciting-phase

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

  • この記事を書いた人

管理人:JUN

ランボルギーニ/ポルシェ/ホンダオーナー。 ハイパフォーマンスカーを中心に、それにまつわる話、気になるクルマやバイク、モノ、出来事などを紹介します。

->AMG/メルセデス(Mercedes-Benz), ■新型車情報/スパイフォト/噂など, ■ニュース
-, , , , , ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5