>ミニ(MINI) ■バイク(自転車/自動二輪)

【動画】また一人変態を極めたミニ乗り登場!カワサキ・ニンジャのエンジンを搭載した「ミドシップ」ミニ。レッドゾーンは13,000回転

投稿日:2020/08/23 更新日:

| 意外とバイクのエンジンを積むというカスタムは多いようだ |

さて、クラシックミニ乗りには極度のツワモノが多いことで有名ですが、今回はカワサキのバイク、「ニンジャ」のエンジンをミドシップマウントし、あわせて後輪駆動化してしまったオーナーが登場。

このオーナーは「AMTマシン&FAB」というチューニングショップのアダムさんという人で、さすがに本職だけあってその出来栄えは比類なく、ここでその内容を紹介したいと思います。

そのドライブフィールは何者にも変えがたい楽しさを持つようだ

なお、「ニンジャ」のエンジンといえども排気量や馬力については語られておらず、スペックそのものは不明ですが、レッドゾーンは13,000回転だそう。

軽量化されているとはいえどスタートするにはけっこうな回転数まで回す必要がありそうですね。

ただし思いっきり張り出したオーバーフェンダー、フロントリップ、リアウイングを見るに、かなりなパワーが出ており、相当な速度で走行できるであろうことがわかります。

8

ブラックに色味の異なるブルーのストライプもなかなかナイス。

7

ちなみに吸気はリアサイドウインドウに設けられたNACAダクトから行うようですね。

加えてリアウインドウには排熱用と思われるホールが穿たれていますが、こういった加工を見るに、これらウインドウはアクリルに変更されているのだと思われます。

12

リアウイングの形状、ステーはかなり独特。

このあたりもチューニングショップならではのノウハウが生かされているのかもしれません。

9

こうやってみると意外と普通にも見えますが・・・。

10

この巨大なリヤディフューザー!

11

フロントフードはカーボン+ボンピン仕様。

13

燃料タンクはフロントに移設。

フロントフードのヒンジなど、かなり高いクオリティを持っています。

1

トランクスペースが犠牲になっていないところは「さすが」ですね。

3

エアクリーナーボックスは自作。

リアにはロールケージが組まれ、これをうまく活用したレイアウトがなされているようです。

エンジンそのものは見えないほど下の方へと取り付けられ、重心を低くしようという意図が感じられますね。

なお、エンジンルームと乗員スペースの間はアクリル板で仕切られており、このあたりも高い技術力を感じさせられるところです。

名称未設定

こちらはコクピット。

やはり高いクオリティにて仕上げられ、ブラックアルマイト加工が施されたビレットパーツ等も使用されています。

加えて、内外装共に「ブラック&ブルー」で仕上げるというこだわりも見せており、あらゆる面でレベルの高いカスタムカーだといえそうです。

参照:Roads Untraveled

他にはこんな「変態」カスタムも

そしてこのほかにも「え?」と驚くカスタムが存在し、こちらはホンダN600にバイク(VFR800)のエンジンを突っ込んだ魔改造車。

こちらはクラシックミニにLSエンジン(V8)をスワップしたカスタムカー。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->ミニ(MINI), ■バイク(自転車/自動二輪)
-, , , , ,

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5