>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) ■新型車情報/スパイフォト/噂など >スバル(SUBARU) ■ニュース

え?これが新型トヨタ86?試作車をベースにした予想レンダリングが登場

投稿日:

| 一見すると「え?」と思うものの、よくよく見るとポイントをしっかり抑えているようだ |

さて、突如としてプロトタイプが目撃され話題となっている次期トヨタ86/スバルBRZ。

今回、北米の86専門掲示板「GR86.org」にて市販モデル予想イラストが公開されており、これはテストが行われているプロトタイプを下敷きにして作成したもの。

一見すると現行モデルと大きな乖離があり、「これが新型86/BRZ?」という印象ですが、細部を見てみると、意外や特徴をよく捉えているようです。

新型トヨタ86/SUBARU BRZはトヨタっぽいデザインに?

なお、新型86/BRZについて、すでに現行モデルの新規受注が停止されており、かつプロトタイプの完成度が高いところを見ると、かなり近い時期に発表される可能性もありそう。

北米のディーラー網に流れている情報だと、「2021年春~夏にかけて」と言われているものの、もしかするとそれよりも先に日本での先行公開が行われるんじゃないかとも期待しています。

そこで今回のレンダリングを見てみると、プロトタイプで確認できる「ボディ表面やバンパーとツライチになったヘッドライト」や「フロント中央の大きなエアインテーク」、その「左右にあるスリット」「フロントフェンダー後部のエアアウトレット」等、非常によくディティールを再現。

さらにはドアミラー、ダブルバブルルーフもプロトタイプどおりですね。

Toyota-GR-86-7

そしてサイドステップ後部からリアホイールハウス前にかけての”切り上がった”ラインもプロトタイプにて確認できるもの。

ただ、レンダリングで見られる「盛り上がり」はプロトタイプでは明確に把握できず、ここは製作者の創作もしくは希望が反映されているのかもしれません(リヤタイヤも太すぎるので)。

2022-Subaru-BRZ-5

なお、ぼくがこの予想レンダリング、そしてプロトタイプを見て思うのは、「新型86はトヨタのデザインに近いのでは」ということ。

とくにフロントバンパー左右の”「”型エアインテークガイド、そしてサイドのJカーブラインはトヨタそしてレクサスによく見られる意匠です。

サイドに関しては「レクサスIS」でも確認でき、こういったデザインを新型86に用いるということは、新型86/BRZについて、けっこうトヨタが関与しているところが大きいのでは、と思うことも(ただしサイドのJカーブは現行86/BRZにも確認でき、新型ではこれを継続そして発展させたものとも考えられる)。

Lexus-IS (2)

ただ、リアトランクの上の方を異なる「段」としてデザインし、テールランプを左右に張り出させることでワイド感を強調するのも最近のトヨタが好んで用いる方法。※ただしテールランプの発光グラフィックはスバルっぽい

2022-Subaru-BRZ-7

これはレクサスISに用いられており、こういった共通点を見るに、「中身はスバル、外側はトヨタ」といった感じで開発が進んでいるのかもしれません(ちなみにプロトタイプが目撃されたのは北米のTRD拠点の近く)。

Lexus-IS (3)

新型86/BRZはターボエンジン搭載?

そして新型86/BRZについて謎なのがパワーユニット。

プラットフォームはおそらく現行のものを改良して使用すると思われ、パッケージングとしては「FR」。

ただし積まれるエンジンが自然吸気なのかターボなのかということで意見が別れており、しかし直近のスパイフォトだとフロントにインタークーラーのようなものが見え、北米のトヨタディーラーからも「新型86はGRブランドからの発売となり、255馬力のターボエンジンを積むとトヨタから聞いている」という声も上がっていることを考えるに「ターボ説が有力」。

加えて、現行トヨタ86/スバルBRZについては世界中から「非力」という批判がなされており、スポーツカーメーカーとしてのプレゼンスを高めたいトヨタがこれを放置するというのも「考えにくい」。

加えて環境対策の上でもターボエンジンは有効であり、新型レヴォーグに積まれる1.8リッター直噴ターボ(DIT)のハイチューン版が有力な候補かもしれませんね。

参照:GR86.org

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5