>フェラーリ(Ferrari) ■新型車情報/スパイフォト/噂など ■ニュース

またまた目撃、謎のフェラーリ ポルトフィーノ。おそらく改良版と思われるものの、変更範囲は小さそう

投稿日:2020/09/12 更新日:

| ただし出力は600馬力から620馬力に向上する見込み |

さて、ここ最近様々なプロトタイプをテストしているフェラーリ。

SF90ストラダーレのオープンモデル、812スーパーファストのハードコア版、謎のハイブリッドモデルに加え、ローマ顔のポルトフィーノなど様々な車両が走っているようですね。

そして今回目撃されたのは「ポルトフィーノの改良版」だと思われるモデルです。

見た目はあまり変わっていない?

このポルトフィーノの改良版については過去に何度か目撃されているものの、その都度カモフラージュの範囲や程度に差があり、そんな中でも今回のプロトタイプは「全身を隠された状態」。

なお、フェラーリが米国環境保護庁(EPA)に届け出た内容によると、2021年モデルとして「F164BCB」という形式を持つクルマが(書類上)存在し、こちらの出力は620馬力。

ちなみにポルトフィーノの形式はF164BCA、そして出力は600馬力です。

ここから推測されるのは、2021年にポルトフィーノの改良版が投入されるのではないかということですが、そこで気になるのは「ポルトフィーノの名を受け継ぐのかどうか」。※フェラーリにおける”モデルライフ中盤の改良版”は別モデル扱いとなり、名称が変更される

ferrari-portofino-spy-photos-front-3-4

たとえばカリフォルニアの改良版は「カリフォルニア」の名を受け継いだカリフォルニアTとなっていて、ポルトフィーノの改良版はこの流れに沿った変更になるのかどうか、ということですね(V8ミドシップモデル改良版だと、458イタリア→488GTBというようにモデル名が変わっている)。

プロトタイプの画像を見るに、現行ポルトフィーノからの変更点は大きくはないと思われ、であれば(名称を変更して混乱を生じさせるよりも)ポルトフィーノの名を引き継ぐのかもしれませんね。

ferrari-portofino-spy-photos-front-3-4 (1)

ポルトフィーノ改良版のインテリアは従来型同様?ローマ風?

そしてもうひとつ気になるのは、このポルトフィーノ改良版のインテリア。

フェラーリはSF90ストラダーレを皮切りに、その後発表されたローマでも新世代のインテリアを採用しています。

そのインテリアはこれまでのフェラーリとは大きく異なるもので、通常であればインテリアの大きな変更は「フルモデルチェンジ」を待つことになりますが、ローマはポルトフィーノとプラットフォームを共有しており、となるとそこまで変更の手間はかからない、とも思われます。

さらに、同じ生産ラインでローマそしてポルトフィーノ改良版を生産するとなると、生産効率、部材手配の観点からも「同じインテリア」を採用した方がコスト削減に繋がる可能性が高く、よってポルトフィーノ改良版は「ローマ風インテリア」を持つ可能性もありそう。

フェラーリは今年「あと二台」のニューモデル発表を控えているとされますが、その二台はおそらくSF90ストラダーレのオープンモデル、そして812GTOだと思われ、となるとポルトフィーノ改良版の登場は来年まで待たねばならないかもしれません。

ferrari-portofino-spy-photos-rear

参照:Motor1

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5