■服や小物、時計、雑貨など ■ニュース

ロレックスのスポーツモデル相場最新版!デイトナ、サブマリーナー、GMTマスターII、エクスプローラーI/II、シードゥエラーの値動きはこうなっている

投稿日:

| ロレックスは継続して価格が上がってゆくため、下がった場面では「購入を検討しているモデル」は迷わず”買い” |

さて、2020年10月のロレックス相場、ステンレス製スポーツモデル編。

外部環境として大きなものは「2020年新作」としてサブマリーナーがモデルチェンジしたというものがありますが、これによってグリーンサブ(ハルク)が大きく値上がりしています。

全体的な相場としては9月中旬以降すべてのモデルで下降トレンドに転じているのが気になるところでもありますね。

ただ、昨年6月のロレックスショック、今年2月以降のコロナショックほど大きく下げることはないと思われ、むしろ「買い」局面がやってきたと考えることもできそうです。

なお、聞いたところでは「アメリカ市場での回転が良くない」ということで、これまでロレックス相場を牽引してきたアメリカの勢いが失われたことも9月以降の「下げ」に関係しているのかもしれません。

ただ、今後ワクチンが開発されたり、景気刺激策が導入されれば一気にアメリカ市場が活発化するものと思われ、そうなると一層の「上げ相場」となる可能性もあり、「まだまだ下がるのでは」と考えず、「(今買って)もうちょっと下がったとしても、長期的に見れば買値から高くなるのは間違いない」と割り切って買うのがいいだろうとも考えています。

コスモグラフ デイトナ 116500LN

緊急事態宣言解除以降、ずっと上昇を続けてきたコスモグラフデイトナですが、9月中旬に入って一服しており、や安定気味に。

その反面、先代(第5世代)のデイトナ16520の相場が継続して上昇しており、ホワイトダイヤルであっても350万円を超える値をつけていて、「やっぱりデイトナの人気はとんでもないな・・・」と思わされると同時に「誰がこんな値段で買ってんの・・・」と驚かされます。

9月はじめの平均相場:3,123,260円
10月はじめの平均相場:3,102,595円
10月の中古最安:2,828,000円
ここしばらくのピーク相場:3,141,050円(2019/9/11)
ここしばらくのボトム相場:2,765,652円(2019/9/16)
定価:1,387,100円

1

GMTマスターII 126710BLNR(バットマン)

一貫して強い相場を形成していたGMTマスターII”バットマン”ですが、コスモグラフデイトナ同様、9月に入って「調整局面」へ。

予想外に大きく下がっている、という印象です。

9月はじめの平均相場:1,825,578円
10月はじめの平均相場:1,798,088円
10月の中古最安:1,598,000円
ここしばらくのピーク相場:2,680,000円(2019/5/27)
ここしばらくのボトム相場:1,567,505円(2020/4/2)
定価:918,000円

2

サブマリーナデイト 116610LN

ニューモデルが登場し「旧型」となってしまったサブマリーナデイト116610LN。

2020年新作発表後には一時的に値上がりしているものの、その後はほかモデル同様に価格が下がっているようですね。

9月はじめの平均相場:1,660,760円
10月はじめの平均相場:1,625,138円
10月の中古最安:1,145,194円
ここしばらくのピーク相場:1,688,300円(2019/9/6)

ここしばらくのボトム相場:1,220,335円(2019/9/16)
定価:943,000円

3

サブマリーナデイト(2020年新作)126610LN

一方、こちらは新型サブマリーナ。

ロレックスのニューモデル特有の動きでもあり、発売直後には異常な高値をつけていますが、おそらくは先代サブマリーナの「ちょっと高い」ところあたりで落ち着くんじゃないかと考えています。

9月はじめの平均相場:2,080,000円
10月はじめの平均相場:1,874,500円
10月の中古最安:-円
ここしばらくのピーク相場:2,080,000円(2020/9/16)

ここしばらくのボトム相場:1,879,600円(2020/9/30)
定価:965,800円

8

サブマリーナデイト 116610LV(ハルク)

新型「グリーンサブ」が今ひとつだったため、2020年新作発表後に大きく値を上げたのがこのグリーンサブ。

ロレックスの常として、ディスコンになると値が上がり、とくに新しいグリーンサブはダイヤルがブラックになってしまったので、このグリーンダイヤルはつまるところ「廃盤」と考えてよく、そのために大きく価値を上げたのだと思われます。

しかしながらこれまでの例として、旧型は「店頭価格の上昇分ほどは買取価格が上がらない」という矛盾を抱えることになり、よってぼくは、将来的に買取価格が下がる(もしくは上がらないだろう)だろうと見越してピーク時に売り抜けています(末端価格が上がると回転が鈍くなり、その分の在庫リスクを差し引いての買取価格となる)。※短期的に見て、ロレックスの買取価格はディスコン直後が一番高いことが多い

9月はじめの平均相場:2,599,900円
10月はじめの平均相場:2,391,094円
10月の中古最安:1,979,901円
ここしばらくのピーク相場:2,629,900円(2020/9/9)
ここしばらくのボトム相場:1,660,798円(2019/9/23)
定価:987,000円

7

サブマリーナ 114060

qq

こちらも新型発売と同時に旧型となってしまったサブマリーナ「ノンデイト」。

動きとしてはほかモデルと変わらず、9月中旬以降に徐々に下がっているようです。

9月はじめの平均相場:1,408,080円
10月はじめの平均相場:1,420,161円
10月の中古最安:1,128,000円
ここしばらくのピーク相場:1,481,566円(2020/9/13)
ここしばらくのボトム相場:1,029,177円(2019/9/23)
定価:832,700円

10

エクスプローラー 214270

新型が発表されると言われながらも空振りにおわったエクスプローラー。

よって現行モデルが「延命」されたことになり、相場としては9月中旬以降にやや下がってはいるものの、ほかモデルに比べると値落ち幅が小さいようです。

9月はじめの平均相場:926,064円
10月はじめの平均相場:942,690円
10月の中古最安:830,000円
ここしばらくのピーク相場:999,000円(2020/8/1)
ここしばらくのボトム相場:798,652円(2019/8/19)
定価:687,500円

11

エクスプローラー II 216570

こちらも「セラミックベゼルが発売される」と言われつつ、現行モデルが継続となったエクスプローラーII。

大きく上がらないかわりに大きく下がらないのもエクスプローラーI同様ですね。

9月はじめの平均相場:1,210,807円
10月はじめの平均相場:1,204,000円
10月の中古最安:958,000円
ここしばらくのピーク相場:1,218,480円(2020/8/20)
ここしばらくのボトム相場:973,210円(2019/9/20)
定価:875,600円

112

シードゥエラー 126600

sea

こちらも「なかなか上がらない」シードゥエラー。

なぜ上がらないのかは不明ですが、ロレックスのステンレス製スポーツモデルの中では「買取価格が定価割れ」となる珍しいモデルでもありますね。

9月はじめの平均相場:1,679,043円
10月はじめの平均相場:1,676,148円
10月の中古最安:1,568,000円
ここしばらくのピーク相場:1,837,154円(2019/5/27)
ここしばらくのボトム相場:1,509,004円(2019/9/16)
定価:1,230,900円

13

あわせて読みたい、関連投稿

参照:kakaku.com

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5