■新型車情報/スパイフォト/噂など >ポルシェ(Porsche) ■ニュース

ポルシェ・マカン「エレクトリック」初捕捉!現行マカンとは大きく異なるスポーティーなスタイルで登場か

投稿日:2020/10/20 更新日:

| 画像を見るとかなり高い完成度を持っており、発表が近いことを伺わせる |

さて、ポルシェはタイカンを発売し「エレクトリック」へと足を踏み入れていますが、その後に発売を控えているのが「タイカン・クロスツーリスモ」。

しかしながらポルシェは第三のエレクトリックモデルについても言及しており、これは「マカンのエレクトリック版」になるということが公式に語られています。

参考ポルシェが今後のエレクトリック計画について情報公開。カイエンや718のピュアEV化を行う可能性を示す反面、「万一EVが売れなかったとき」を考え、マカンEVに加えて現行マカンも併売

| ポルシェ自身も「EVが失敗する可能性」を認識している | ポルシェは「カイエン・クーペ」を発表したばかりですが、ポルシェCEO、オリバー・ブルーメ氏が今後の計画について少しだけ情報を公開。まずカイ ...

続きを見る

マカンEVは「ハイパフォーマンス・エレクトリックSUV」

ただしこのエレクトリック・マカンについて、プラットフォームは「EV専用」のPPE(=Premium Platform Electric)を採用することになり、つまりは現行マカンとの共通性はない、とも言われます。

加えて実際に「マカン」を名乗るかどうかについても決定しているわけではなく、まだまだ不明な部分が多いのもまた事実。

なお、「マカン」を名乗るとすれば、その理由として「現在ポルシェでもっとも売れているモデルの名を最大限に活用したい」ということがあるのかもしれませんね。

ちなみにマカン・エレクトリックについて、高いパフォーマンスを誇る「ターボ」から投入されるとも推測されています。

2022-porsche-macan-electric-5

そして今回目撃された「マカン・エレクトリック」と思われるプロトタイプですが、フロントは(エンジンが載っていないぶん)ノーズが低く設定され、リアウインドウの角度がけっこう寝ていることがわかります。

ただしカイエンクーペのように、ルーフ中盤から徐々に下がっていくという印象はなく、後部座席ヘッドレストあたりまでは通常のルーフが続き、そこからなめらかにウインドウのラインが下がってゆくというイメージ。

サイドウインドウについては意図的に強調されたラインが見え、しかしこれは偽装だと考えたほうが良さそうですね。

2022-porsche-macan-electric-15

リアから見るとかなりキャビンがコンパクトであることがわかり、リアスポイラーはおそらくリトラクタブル式。

カモフラージュがなされているので判断がつきにくいものの、テールランプは左右独立しているようにも見えます(ただしポルシェの通例として、市販モデルではLEDライトバーを採用する可能性が高い)。

リアバンパーにはテールパイプ状の構造物が見え、しかしこれは「ダミー」ということになり、そのほか、ホイールアーチには(マカンにはない)クラディングが追加されるなど、マカンとの相違はかなり大きいようにも見えます。

なお、ナンバープレートには「ABS」の文字が見えますが、これはABSのテストを行う車両なのかもしれません。

ポルシェが「開発時に行われる、もっともタフなテスト」5選を公開。思ったより過激だった

ポルシェが例によって「ベスト5シリーズ」動画を公開。 今回は「ヴァイザッハ(ポルシェの開発センター)で行われる、最もタフなテスト5選」。 まず5番目は「スキッドパッド」ですが、これは水などを撒いて意図 ...

続きを見る

ポルシェのEVは「横長ヘッドライトで統一」?

フロントを見ると、現行マカン風に偽装されたヘッドライトが見え、しかし実際のヘッドライトは「細長」。

これはポルシェらしくないデザインではあるものの、これによってガソリンエンジンモデルとの差異を演出するという意図がありそうで、しかしタイカンともやや異なる形状を持つ模様。

ただ、「横長」という点ではタイカンとも共通しており、ポルシェのEVは今後横長ヘッドライトを持つことになる可能性もありそうです。

充電ポートについてはタイカンの「フロント」からリアへと移され、左右両方に設けられているようですね。

2022-porsche-macan-electric-11

あわせて読みたい、関連投稿

ポルシェ「ピュアエレクトリック版のマカンにはクーペとロングボディの追加を検討」。やはり中国市場対策か

なお「新型」エレクトリックマカンと「現行」ガソリンエンジン搭載マカンは数年間は併売の予定 ポルシェは次期マカンを「ピュアエレクトリックに」すると公表していますが、同時に「ガソリンエンジンを積む現行マカ ...

続きを見る

”エレクトリックマカン”第一弾はハイパフォーマンス版の「マカン・ターボ」。なお、EV版マカンは「車高が高く、室内が広いタイカン」になりそうだ

| 使用するプラットフォームは、タイカンに採用される”J1”の発展版 | 次期ポルシェ・マカンはフルエレクトリックモデルになると言われますが、その「新型マカン」はポルシェとアウディとが共同にて開発した ...

続きを見る

ポルシェ・マカンが2度めのフェイスリフト!外観はスポーティーに、内装は最新世代へと置き換えられることになりそうだ

| マカンはおそらく「予定よりも長く」生産されることになるかもしれない | さて、ポルシェは2022年から「フルエレクトリック版のマカン」を生産すると言われ、これに加えガソリンエンジンを積んだマカンも ...

続きを見る

参照:CARSCOOPS

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5