>ブガッティ(BUGATTI) ■ニュース

【動画】ブガッティのニューモデルが目撃される!その姿はシロンとは別モノ、パワーウエイトレシオは0.67?

投稿日:

| ガソリンモデルとして「ブガッティ最後の矜持」を示す? |

さて、ブガッティはなんらかのニューモデルを発表すると予告し、10月28日にオンライン上で公開するとアナウンスしたばかりですが、Youtube上にそれと思しきプロトタイプが走行する動画がアップされています。

今回はポールリカール・サーキットにて走行するプロトタイプが目撃されていますが、カモフラージュのためのフィルムについて「フレンチトリコロール」でもあるため、ある程度は見られることを予測もしくは意識しているのかもしれません。

Xウイング?ブガッティがナゾの物体を発表すると予告。おそらくはサーキット専用のハイパーカー

この記事のもくじ1 | たしかにこれまでにも様々な噂があったが |1.1 ウワサされていたピュアエレクトリックモデルではないようだ1.2 順当なところでサーキット走行専用のシロン?1.3 あわせて読み ...

続きを見る

サーキット走行専用モデルで間違いない?

動画を見る限りだと強いウェッジシェイプを持ち、フロントは馬蹄型グリルが小さく、ヘッドライトは極小もしくは削除され、リアには大きなウイング、ルーフにはエアスクープを見ることが可能。

そのルックスはまさにレーシングカーのようでもあり、フロントグリルからかろうじて「ブガッティであること」がわかるものの、そのほかはシロンとの共通点がほぼ無いようにも見られます。

bugatti

さらにキャビンは「ティアドロップ形状」を採用し、これもまたブガッティにとっては新しいチャレンジ。

そしてサイドには大きなエアスクープ、リアにはあの「X」形状のテールランプとセンターマウントテールパイプ、巨大なディフューザーも確認可能です。

動画ではそのサウンドも確認でき、もちろんエレクトリックモデルではなくガソリンエンジン搭載であるということになりますが、シロンと同じ8リッターW16クワッドターボを採用することになるものと思われ、しかしサーキット走行専用ということを鑑みるに、法規に縛られないため出力が大きく向上しているのかもしれません。

なお、ブガッティはエレクトリック路線をいったん切り捨て、行けるところまではガソリンエンジンを追求すると宣言しており、しかしクロアチアの新興ハイパーEVメーカー、リマックに買収されるというウワサも。

参考ブガッティが方向転換?「2030年まではガソリンエンジンにこだわる。その代わり、ヴェイロンとシロンが出す排ガスをチャラにするだけの植林を開始する」

この記事のもくじ1 | ブガッティは、少し前までは「エレクトリック化」へ進むと報じられていた |1.1 ブガッティは前フォルクスワーゲングループ会長の悲願1.2 そしてブガッティは神通力を失う | ブ ...

続きを見る

もしリマックに(戦略的に)組み込まれ、今後EVへとシフトすることになるのであれば、10月28日に発表されるモデルは「ガソリンエンジン時代最後の、そしてガソリンエンジンでしかなし得ないであろう」ことを示す、ブガッティにとっての”最後の矜持”となるのかもしれません(このニューモデルによって、ブガッティのこれまでの車種の価値を上げることができる)。

参考ブガッティ売却劇続報!ブガッティはこの報道に対し否定ではなく「ノーコメント」。どうやら本当にリマックが買収しそうだ

| ブガッティは「否定するときには否定をする会社」だ | さて、少し前に出てきた「リマックがブガッティを買収」という報道ですが、どうやらこれは現実に起こりうる可能性が高くなってきていて、というのも米カ ...

続きを見る

067?

そしてブガッティは追加でこのサーキット走行専用モデルのティーザーイメージを公開しており、そこには「What if...?(もしもこうだったら?)」という文言、そして0.67という数字。

つまり「もし0.67だったら・・・?」ということですね。

スポーツカーやスーパーカー、ハイパーカーにとって重要な数字としてはパワー、空気抵抗(cd値)、加速性能、サーキットのラップタイム、最高速といった数字があるものの、この0.67はいずれにも当てはまらず、しかしただひとつ思い当たるのは「パワーウエイトレシオ」。

bugatti-hypercar-teaser

これは車体重量をパワーで割った数字で、シロンだと1995kg割る1500馬力なので「1.63」。

ただ、仮に車体重量を1250kgに抑え、出力を1850馬力に向上させることができれば「0.67」。

いずれも容易なことではありませんが、たとえば(ブガッティと同じくフォルクスワーゲングループに属する)ランボルギーニは車体重量1440kgのガヤルドを990kgにまでダイエットさせた「セスト・エレメント」を発表しています。

ランボルギーニ・ミュージアムにて。「全部カーボン」セスト・エレメントの画像

| そのインパクトはハンパではなかった | ランボルギーニ・ミュージアム(ムゼオ・ランボルギーニ/ランボルギーニ博物館)に展示されている「セスト・エレメント」。こちらも異様な雰囲気を放つ一台で、フルカ ...

続きを見る

そして先日世界最高速を記録したSSCトゥアタラのパワーウエイトレシオは「0.7」。※トゥアタラは車体重量1247kg、1750馬力

つまりやってできないことはないレベルであり、ブガッティはその存在感を示すため、そしてブガッティを支持するオーナーやファンの期待に応えるためにも前人未到の領域に踏み込むことになるのかもしれません。

あわせて読みたい、関連投稿

ブガッティが10月にピュアエレクトリックハイパーカー発表とのウワサ!「ヴィジョン・ル・マン」そっくりのルックスでサーキット専用

| ブガッティだけに何かぶっ飛んだことをやってきそうだ | さて、リマックに売却される、もしくは親会社であるフォルクスワーゲングループがその役割を再定義するとも言われているブガッティ。今回はそのブガッ ...

続きを見る

【動画】ブガッティ・ヴェイロンのタイヤは1セット450万円。なぜそこまで高いのか、その理由はこれだ

この記事のもくじ1 | なお、最高速で15分以上走るとタイヤがバーストしてしまう |1.1 ヴェイロンに装着されるタイヤの価格は「普通の」スーパーカーのタイヤの20倍以上1.2 なぜヴェイロンのタイヤ ...

続きを見る

もしもブガッティがスピードスターを発売したら!現行ブガッティ中、最軽量な「タイプ251 Evo」のレンダリング

この記事のもくじ1 | ブガッティの場合はフロントスクリーンがないほうが「価値が出る」かも |1.1 ブガッティがスピードスターを作るとこうなる1.2 ブガッティらしさを決する要因とは1.3 あわせて ...

続きを見る

参照:G-E SUPERCARS

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5