■新型車情報/スパイフォト/噂など >BMW(ビー・エム・ダブリュー)

【今日のニュース:BMW編】新型4シリーズ・グランクーペ、3シリーズ・ピュアエレクトリックの試作車目撃。新型M3の生産も開始される

投稿日:2020/11/06 更新日:

| BMWは大量のEVを発売すると言われるものの、そのラインアップが難解に |

さて、BMWは新型4シリーズクーペそしてカブリオレを発表しており、残るラインアップは「グランクーペ」。

グランクーペはBMWにおける「4ドアクーペ」という位置づけで、現在は2シリーズ、8シリーズという「偶数」シリーズに設定されています。

スタイルとしては「5ドア」採用のGTと似ていながらも、グランクーペはあくまでもスタイリッシュさを追求し、GTは積載性を重視していると認識しているので、それぞれに相違そして存在意義があるということになりそうですね。

新型BMW 4シリーズを見てきた!巨大キドニーグリルはむしろ通常グリルより車体に溶け込んでいるという印象。けっこう注文も入ってるらしい

この記事のもくじ1 | 画像で見るよりはずっといい |1.1 ボディラインは複雑にして絶妙1.2 バーチカルキドニーグリルはそんなに気にならない1.3 インテリアは重厚にして上質1.4 こんな記事も読 ...

続きを見る

おそらくはほかの4シリーズと相違ないデザインで登場

今回目撃されたプロトタイプを見るに、けっこうカモフラージュが厚いように思われ、しかしその下には4シリーズクーペ/カブリオレ同様のバンパーが潜んでいるのだと考えて良さそう。

bmw-4-series-gran-coupe-spy-photos (1)

サイドから見ると非常にバランスの良いプロポーションを持つこともわかりますね。

なお、ホイールのサイズや扁平率から見て、この4シリーズ・グランクーペは「ベースモデル」なのかもしれません。

bmw-4-series-gran-coupe-spy-photos (2)

そしてちょっと興味深いのは「ドアハンドル」で、見た感じはフラッシュマウントされているように見受けられ、ここは4シリーズクーペ/カブリオレとは異なるところでもあり、むしろi4に近いという印象。

i4はピュアエレクトリックモデルながらもガソリンエンジン用のCLARプラットフォームを採用すると言われ、もしかするとi4そして新型4シリーズ・グランクーペはいくつかのパーツを共有するのかもしれません(というか、試作車の画像を見ていると、ほぼ同じクルマのようにも見える)。

bmw-4-series-gran-coupe-spy-photos (3)

市販モデル同様のボディを持つBMW i4の試作車が目撃!その姿はまさに「4シリーズの4ドア版」、これでまたややこしいクルマが増えるな・・・。

この記事のもくじ1 | BMW i4は強く中国を意識したクルマだとされているが |1.1 見た目は4シリーズの4ドア版?1.2 こんな記事も読まれています | BMW i4は強く中国を意識したクルマだ ...

続きを見る

参照:Motor1

BMWは「3シリーズ・エレクトリック」も準備中

そしてこちらは3シリーズの「ピュアエレクトリックモデル」ですが、3シリーズのフェイスリフトモデルをベースにしたEVだと言われており、となるとBMWは「4シリーズ・グランクーペとそのエレクトリック版のi4」、さらに「3シリーズとそのエレクトリック版」を持つことになり、かなり複雑そして似通ったラインアップを持つということに。

メルセデス・ベンツは先日「種類が増えすぎたので、ちょっとラインアップを整理しなくてはならない」というコメントを発しているものの、BMWは逆にその車種構成が複雑化してゆくようにも思われます。※この3シリーズEV版は中国専売とも言われている

bmw-3-series-electric-spy-photo

サイドには「エレクトリック・テストビークル」の文字があり、このクルマがEVであることがわかりますね。

bmw-3-series-electric-spy-photo (1)

たしかにリアにはテールパイプを確認できず、ピュアEVであるのは間違いなさそう。

bmw-3-series-electric-spy-photo (2)

新型BMW 4シリーズを見てきた!巨大キドニーグリルはむしろ通常グリルより車体に溶け込んでいるという印象。けっこう注文も入ってるらしい

この記事のもくじ1 | 画像で見るよりはずっといい |1.1 ボディラインは複雑にして絶妙1.2 バーチカルキドニーグリルはそんなに気にならない1.3 インテリアは重厚にして上質1.4 こんな記事も読 ...

続きを見る

参照:Motor1

BMWは新型M3を製造開始

そしてBMWは、先日発表したばかりの新型M3につき、「ミュンヘン工場にて製造を開始した」とアナウンス。

このミュンヘン工場では、すでに3シリーズセダン、そしてツーリングの生産も行っているとのことで、そのため新型M3の生産もスムースに開始できた、と発表されています。

なお、新型BMW M3にはカーボンルーフ、そして新型カーボンシートが用意されていますが、BMWはこれらに対応するため、機械ではなく人力で生産を行うラインを拡大したとも述べており、それだけ新型M3には期待をかけている、ということになりそう。

日本においてはまだM3の発表がなされておらず、しかし欧州ではM4とともに来年春から納車が開始される、とのこと。

2021-BMW-M3-enters-production-in-Munich-1

BMW M4
新型BMW M3/M4正式発表!初の4WDを備えホイールは前後異径!最強の戦闘力を備える新世代「M」

| 思ったよりもずっと魅力的な内容で登場してきた | 発表直前にリークの憂き目にあってしまった新型BMW M3/M4。しかしながら今回、公式にて「究極のドライビングマシン」という触れ込みにて発表され、 ...

続きを見る

参照:BMW

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5