>AMG/メルセデス(Mercedes-Benz) ■新型車情報/スパイフォト/噂など

【今日のニュース:メルセデス編】さっそくフェイスリフト版のAMG GT 4ドアクーペが目撃、そしてC63 Sを340馬力もパワーアップさせ843馬力を発生させるチューナー登場

投稿日:

| メルセデス”AMG”からは多数のニューモデルが登場しそうだ |

さて、最近何かと忙しそうなメルセデス・ベンツ。

やはり直近の目玉は「新型SL」だと思われ、しかしメルセデス・ベンツはSLに加えて、ハイパフォーマンスサルーンであるAMG GT4ドアのフェイスリフト(マイナーチェンジ)版も用意しているようですね。

なお、メルセデスAMG GT 4ドアのフェイスリフトモデルが目撃されるのは今回「初」だと思われます。

おそらくそれほどスタイリング的な変化はない?

メルセデスAMG GT 4ドアクーペは2019年から販売が開始されており、まだまだ「新型車」という印象が強いクルマ。

ただしメルセデス・ベンツとは異なり「AMG」は改良のスピードが早く(F1直系だからか?)、それは2ドアクーペのAMG GTとて同じであるようですね。

なお、画層を見るとさほど現行モデルとは変化が無いようで、見た目については「小変更」に留められるのかもしれません。

実際のところ、このメルセデスAMG GT 4ドアクーペはメルセデス・ベンツにとって最新のデザイン言語が与えられており、大きく変更する必要はないのでしょうね。

参考までに、けっこう日本でも売れているのか比較的良く見かけることがあり、そして目にする都度にその大きさには驚かされます(全長5,054ミリ、全幅1,953ミリ、全高1,455ミリもある)。

Mercedes-AMG-GT-63-S-Facelift-7

変わるのはその「内部」?

一方でその内部つまりパワートレーンについては大きく変更がなされると言われており、おそらくは800馬力を発生する”EQブースト”によって増強された4リッターV8ツインターボエンジンを獲得することになりそう。

この「800馬力パワートレーン」はこれまでにも何度かウワサされており、メルセデスAMG GT 4ドアクーペ発売時の目玉になるとも囁かれていたものの、今のところは実現しておらず、しかし予定されているフェイスリフトにあわせて投入されることになるのかもしれません。

なお、メルセデスAMGは「73」という数字を持つ一連の商標を登録しており、もはや発表は時間の問題なのでしょうね。

【動画】800馬力のメルセデスAMG GT「73」の試作車がニュルを走行中!ついにサルーンがスーパーカーを超える日がやってくる?

この記事のもくじ1 | エレクトリック化がこれまでのクルマの常識を変えてしまう |1.1 なぜサルーンはスーパーカーよりもハイパワーに?1.1.0.1 関連記事 | エレクトリック化がこれまでのクルマ ...

続きを見る

Mercedes-AMG-GT-63-S-Facelift-10

参照:CARSCOOPS

新型メルセデスAMG G63 4X4スクエアードは「よりワイルド」に

そしてもう一台、ここ最近よく目撃されるようになったのがメルセデスAMG 4X4スクエアード。

AMG G63をベースに足回りをさらにハードコアに仕立て上げ、さらにワイドボディで武装した「スーパーオフローダー」です。

実際のところ、このスパイフォトを見るに、サスペンションのロワーアームは異常に太く、とんでもない悪路走破性を誇ることになりそう。

2021-mercedes-amg-g-class-4x4-7

そのほかは最近よく見られる試作車と変わりは無いように思えますが、ルーフラック、スペアタイヤラックなどは先代に比較してさらにスパルタンなデザインを持つようです。

2021-mercedes-amg-g-class-4x4-2

リアバンパーはおそらくスチールと思われるものが装着されているものの、市販時には変更を受けることになるものと思われます。

2021-mercedes-amg-g-class-4x4-5

参照:CARSCOOPS

メルセデスAMGはチューナーにも大人気

メルセデスAMGの特徴のひとつとして「チューナーに大人気」というものがありますが、ここはBMWのMモデルとちょっと異なるところかもしれません。

そしてメルセデスAMGのチューン/カスタムについてはビジュアル面でもアップデートが行われる事が多く、つまりメルセデスAMGのオーナーはそれだけ「イカツい」ルックスを求めているということになりそうです。

Auto-Dynamics-Mercedes-AMG-C-63-S-1

そこで今回紹介するのはオートダイナミクスによってカスタムされたメルセデスAMG C63Sですが、コードネームは「シャロン」。

もともとメルセデスAMG C63 Sは503HPという高い出力を誇るものの、オートダイナミクスではこれは843HPにまでパワーアップしており、これはなんとノーマルの+340馬力。

Auto-Dynamics-Mercedes-AMG-C-63-S-3

もちろんこれを達成するのは容易ではなく、ターボチャージャー、そしてインテークやエキゾーシステムの変更に加え、ECUの交換も行っている、とのこと(それでもここまでのパワーアップを引き出せるとは、恐るべしメルセデスAMG製のエンジン)。

Auto-Dynamics-Mercedes-AMG-C-63-S-7

そのほかだとアイバッハ製のローダウンスプリング、オートダイナミクスオリジナルの「ADブラックスター」エクステリアパッケージが装着され、全体的に引き締まった印象を与えているようですね。

Auto-Dynamics-Mercedes-AMG-C-63-S-9

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5