>アウディ(Audi)

シュコダR130がアウディR8ベースの「R200ノンフィクション」として蘇る

更新日:

シュコダのラリーカー、130RSがアウディR8ベースにて「R200ノンフィクション」として限定製作。
といってもシュコダからではなく、チェコのビルダーが作ったもののようで、130RSの45周年を記念して24台のみ作られる模様。
なお、価格は3000万円程度だそうです。


関連投稿:初代アウディR8をベースにしたカスタムカー「シュコダR200」が発売へ。4000万円ナリ

スクリーンショット 2015-12-14 22.24.52のコピー
Hoffman & Novagueが初代アウディR8をベースに作成した「Skoda R200 Non-Fiction」。
これは往年のシュコダR130へのオマージュとして制作されたもので、内外装をオリジナルものへと置き換えています。

ざっと見ただけでもかなり手がかかっていることはまちがいなく、とくに内装は独特の雰囲気がありますね。
そのために価格は4000万円オーバーと相当に高価な車両で、生産数了をかなり絞って販売される模様。
エンジンはV8なのでなおのこと割高感はありますが、どれくらいの人が購入の意思を示すのかはちょっと不明です。

関連投稿:ルーマニアのチューナーがアウディR8用エキゾースト開発。まさに轟音

名称未設定-1

ルーマニアのチューナー、KLINEが初代アウディR8GT用のエキゾーストシステムを公開。
それを取り付けてサーキットを走行した動画を公開していますが、これがなかなかのサウンドです。

あまり話題にはのぼりませんがアウディR8は素晴らしいサウンドを発する車の一台で、とくに独特の重低音は素晴らしいと考えています。

このKLINEのエキゾーストシステムにおいては音量や高音を追求したものではなく、純正の音質をさらに増幅するような印象ですね。

こちらはノーマルとTUBIとの比較。

こちらはiPE。
以上にキレの良い高音です。

こちらはサイレンサー無しでレッドゾーンまで引っ張ったときのサウンド。

https://www.youtube.com/watch?v=SxLVQFeB5OM

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

  • この記事を書いた人

管理人:JUN

ランボルギーニ/ポルシェ/ホンダオーナー。 ハイパフォーマンスカーを中心に、それにまつわる話、気になるクルマやバイク、モノ、出来事などを紹介します。

->アウディ(Audi)
-, ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5