>アストンマーティン(Astonmartin) >AMG/メルセデス(Mercedes-Benz) ■ニュース

アストンマーティンが2021年からF1のペースカーに採用との報道!メルセデスAMG意外「初の」公式ペースカーに

投稿日:2020/11/21 更新日:

アストンマーティン

| メルセデスAMGはアストンマーティンを成長させ利益を得る計画を持っているようだ |

さて、2021年シーズンより1年間、アストンマーティンがF1のペースカーを提供するとの報道。

現アストンマーティンCEOは元メルセデスAMGから来たトビアス・メアース氏が務めていますが、メルセデスAMGはつい先日アストンマーティンの株式を20%まで買い進むと発表しており、つまりは両者の関係が極度に接近している状況です。

アストンマーティンが今後の計画を大幅変更!60年ぶりの「自社開発エンジン」を捨ててメルセデス製エンジンを採用し、2024年までには20%を電動化、2023年には「DB12」投入

この記事のもくじ1 | 今後のアストンマーティンはメルセデス・ベンツ色を強めるようだ |1.1 もともとメルセデスAMGとアストンマーティンとは提携関係にあったが1.2 計画の変更は免れない2 あわせ ...

続きを見る

F1のペースカーは最初からメルセデス・ベンツのみが担当してきた

F1における最初のセーフティカー導入は1973年のカナダグランプリとされていますが、正式にセーフティカーに関するルールが制定されたのは1992年のブラジルGP。

しかし正式に導入されたといえどもペースカーの速度が遅く、ペースカー投入時に(ペースカーが遅いので)F1マシンのタイヤ温度が下がるといった問題があり、そこで導入されたのがメルセデス・ベンツ製の高性能スポーツカー。

ペースカーには大きな宣伝効果が期待できる

このペースカーはメルセデス・ベンツが全て費用を負担することになり、1996年がその初舞台だとされていますが、メルセデス・ベンツはそこから現在に至るまでずっとペースカーを供給することとなっています(ペースカーは投入時に必ずカメラに映るので、メルセデス・ベンツとしてもメリットがある)。

18C0211_025

メルセデスAMGはアストンマーティンの成長に期待?

そして今回メルセデスAMGがペースカーを降り、アストンマーティンにその座を譲るということは、これまでメルセデスAMGが受けてきた恩恵をもアストンマーティンに譲り渡すというのと同義。

メルセデスAMGはこれまでアストンマーティンにV8ツインターボエンジンそして電装系を供給していましたが、その後はアストンマーティンにCEOを送り込んだうえで株式を買い進めており、つまりはアストンマーティンを子会社化し、利益を生み出す会社にしたいということなのかもしれません。

ただしちょっとややこしいのは、現在のアストンマーティンの「所有者」はレーシングポイント(2021年からはアストンマーティン)のオーナーでもあるローレンス・ストロール氏ということ。

そしてアストンマーティンはこれまでF1上だとレッドブルとパートナーシップを結んでおり、アストンマーティンは2021年から自身でF1チームを運営しつつもレッドブルとメルセデスAMGというライバルたちとの関係をも持つ、ということにもなるわけですね。

今後アストンマーティンはレッドブルとの提携を解消するとも報じられているものの、ハイパーカー「ヴァルキリー」の開発をレッドブルと共同で行っているという事情がある限り、そう簡単に縁を切ることができないのかもしれません。

ただし現在どの車種がペースカーとなるのかは不明

なお、今のところアストンマーティンのどの車種がペースカーに採用されるかどうかは明らかではなく、ヴァンテージなのかDB11なのかヴァンキッシュなのか、それともDBXなのかは不明です。

ただしペースカーを務める理由は「プロモーション目的」なのは間違いなく、よってアストンマーティンが「一番売りたい車種」となるのは間違いなさそうですね。

あわせて読みたい、アストンマーティン関連投稿

アストンマーティン販売苦戦→残価引上げ→即完売。やはりクルマに魅力を感じながらもリセールを気にして購入しない人が多かった?

| アストンマーティンのクルマに魅力を感じる人は多く、しかし「リセール」がネックで購入をためらう? | さて、いつもお世話になっている八光さんがアストンマーティンについて「3年後の残価70%を保証」キ ...

続きを見る

アストンマーティン
アストンマーティン復活に光明!メルセデスがアストン株を20%まで購入し、さらに提携を深める模様。一方アストンはメルセデスの電動化技術を使用可能に

この記事のもくじ1 | 株価はほぼ底値だと思われ、今買っておけば後々大きなリターンを得られる可能性も |1.1 アストンマーティンはメルセデスAMGとの協業を延長1.2 アストンマーティンは明日への切 ...

続きを見る

アストンマーティンCEOがAMGのトップに置き換えられた!今後は「この人事がメルセデスの意向かどうか」によって変わりそう

この記事のもくじ1 | アンディ・パーマー氏は当面CEOのポジションを継続すると発表されていたが |1.1 アンディ・パーマー氏は元「カルロス・ゴーンの右腕」1.2 トビアス・メアースはこんな人 |  ...

続きを見る

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5