>スズキ(SUZUKI)

【動画】ドバイからもジムニーのカスタムに参戦!砂漠を日常的に走り回るための実用的な改造や装備を見てみよう

投稿日:

ドバイでのスズキ・ジムニーのカスタム

| ドバイの連中は本当に毎日が楽しそうだな |

さて、中東からもスズキ・ジムニー(シエラ)のカスタムが登場(アイアンマンという割には、ショップのキャラクターがハルクっぽい)。

これは現地カーショップ、「アイアンマン4X4」によってカスタムされたもので、ドバイの砂漠を走るのに最適化された仕様を持っています。

ドバイの連中は本気でオフロードを走る

なお、ドバイでは飲酒が禁じられ、性産業も存在しないために男性の楽しみというと「クルマでぶっ飛ばす」というものがメジャーだとされています。

これはオンロード/オフロード問わず盛んであり、とくにオフロードだと街なかから数十分も走ればすぐに砂漠に出るため、ここで多くの人々が走行を楽しんでいるわけですね。

参考ドバイにて、砂漠をランクルでぶっ飛ばしてきた。愛すべき車バカ多数だった件

| ドバイのクルマ好きは毎日が楽しそうだ | さて、先般よりアップしているドバイ旅行編。 今回はドバイの砂漠にサファリツアーの様子についてですが、そこはまさにカーガイの溜まり場。 ドバイには愛すべき車 ...

続きを見る

DSC06848

そしてこの「砂漠」にて信頼されているのがトヨタ・ランドクルーザー/FJクルーザー、日産パトロール、スズキ・ジムニーといった日本のオフローダー達。

ノーマルの車両も多いものの、改造車も相当に見られ、文字通り「クルマの性能の限界」に挑む男たちが多数見られます。

アイアンマン4X4によるスズキ・ジムニーのカスタムはこうなっている

そしてこちらがアイアンマン4x4によるジムニーのカスタム。

フロントバンパーは金属製の「スポーツバー」へと置き換えられ、ドライビングランプやデイタイムランニングランプ、ウインチを内蔵しています(純正フォグランプも移植されている)。

7

さらにフロントだと、フックやアンダーガード(3ミリ厚)も取り付けられることに。

2

ボディ下部にはドライブラインを保護する4ミリの厚さを持つプレートも。

11

ライティングにもこだわっており、フロントのドライビングランプのほかにはAピラー根本のワークランプ、ルーフにはLEDライトバー(夜の砂漠を走ったりするので、見かけではなく実用品としての装備だと思われる)。

9

あくまでも取り付けるパーツは「実用のため」

さらには様々な電装品を動かすためには純正のバッテリーでは小さすぎるため、「デュアルバッテリー」仕様に。

8

サスペンションは50ミリリフトアップされ、スプリング/ショックアブソーバー(ガスショック)もカスタム品へ。

21

ステアリングダンパーも専用品。

20

クロスメンバーもオフセット。

なお、キャスター角を変化させるためにブッシュも変更しているようですね(高速走行時の安定性、タイヤの接地性が増すらしい)。

23

ルーフにはお約束のキャリアも装着。

サイズは1.25メートル×1.4メートル、ケージスタイルです。

22

グリーンのパーツはスタックしたときに車輪の下に挟み込む「リカバリーボード」。

1

キャリアにはルーフテントも装着可能。

キャンプ用品をルーフに載せ、自然を破壊しないようにゴミも持って帰ることができるだけのキャパシティを持つ、と紹介しています。

26

そのほかジムニーのカーゴスペースにきっちり収まるクーラーや引き出しも。

25

引き出しの中にはロープやフック、グローブが収納されています。

27

そしていざ砂漠へ!

271

ドバイ発、ジムニーのカスタム動画はこちら

あわせて読みたい、スズキ・ジムニー関連投稿

【動画】このパーツ、全部ジムニーに組み込むんか・・・。フィリピンにて行われたジムニーのエクストリームなカスタムが話題に

この記事のもくじ1 | 東南アジアのジムニーカスタムはなかなか過激 |1.1 今回のジムニーは得意の「エクストリーム」路線1.2 それでは動画を見てみよう | 東南アジアのジムニーカスタムはなかなか過 ...

続きを見る

ジムニーのカスタム
【動画】東南アジアで今、ジムニーのカスタムがアツい!「付けられるパーツは何でも付ける」現地のカスタムを見てみよう

この記事のもくじ1 | とにかく「フルチューン」が基本であるようだ |1.1 現地のカスタムショップはなかなかに腕とセンスがいい1.2 DIYカスタム派は「取り付けできるものは何でもつける」 | とに ...

続きを見る

【動画】あの「南アフリカを1年かけて走破した」世界で最も有名なジムニーが装備共々売り出し中。オーナーが装備一つ一つを熱く語る

| どうやら別のクルマを購入して新たなる旅を目指すようだ | さて、都会の喧騒を離れ、自分探しのため南アフリカを1年かけて走破したユーチューバー、ローム・オーバーランディング氏。その相棒は「旅仕様」へ ...

続きを見る

参照:Ironman 4x4

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5

f