■服や小物、時計、雑貨など

【動画】これ流行っとるん?セイコーのダイバーズウォッチをロレックス「グリーンサブ」「ヨットマスター」「GMTマスターII」へと変身させるカスタム

投稿日:

セイコーのダイバーズウォッチをロレックス風にカスタム

| ちょっと弄るだけでセイコーのベーシックなダイバーズウォッチがこんなにカッコよくなるとは |

さて、どうやら一部で流行っているらしいのが「セイコーのダイバーズウォッチをロレックス風に」というカスタム。

ただしロレックスのコピーを作るのではなく、ロレックスのデザインやカラーリング、フィニッシュを取り入れ、あくまでもロレックス「風」にするところにその極意があるようですね。

ロレックス風「セイコー」はこうやって作る

まずここで紹介する第一弾は「セイコー5をロレックス・サブマリーナー(グリーンサブ)風にカスタムしてしまう」というもの。

まずこちらはベースとなるセイコー5。

機械式ダイバーズウォッチで、おおよそ3万円程度で入手できる腕時計ですね。

2021-01-17 8.22.52

カスタムにあたってはまずこれを分解し・・・。

021-01-17 8.25.47

ムーブメントを取り出し。

2021-01-17 8.25.55

針までロレックス風に入れ替えるというこだわりよう

さらには針を外し、なんとロレックス同様の「ベンツ針」へと付け替え!

こういった「カスタム用ロレックス風パーツ」というモノが市場には存在する模様。

2021-01-17 8.26.10

そのあとはムーブメントを戻して・・・。

2021-01-17 8.32.58

グリーンベゼルを取り付け・・・。

2021-01-17 8.33.44

ロレックス風のストラップ(ベルト)に交換すると・・・。

2021-01-17 8.34.06

完成!

2021-01-17 8.34.30

文字盤が「SEIKO」のまま、そして曜日の表示やサイクロップレンズの有無、リュウズ位置などの相違はあるものの、パっと見るとまさに「グリーンサブ」。

けっこう安価に改造でき、かつ「コピー」ではなく、ロレックス・サブマリーナーにはない「スケルトンバック」を持つというところも面白いと思います。

セイコー・プロスペックスも「ロレックス風」に

そして次に紹介するのはもうひとつ手の混んだカスタム。

セイコー・プロスペックス(SPB187J1 MM200 / 6万円くらい)をロレックス・サブマリーナー風というかヨットマスター風にカスタムしてしまうもの。

もともとはこういったダイバーズウォッチですが・・・。

2021-01-17 8.45.49

ロレックス風にコンバートするケースを別途入手(15,000円くらい)。

s-l1600

ちなみに今回動画主が入手したのは「バットマン」風ベゼル付きモデル。

2021-01-17 8.44.37

ただしこのベゼルをネイビーのセラミックへと交換します。

021-01-17 8.44.47

あえてロレックスには「存在しない」仕様へ

そのほか時針、分針、秒針も交換し(もともとの針に比べるとロレックスのものに近いが、あえて形状を変更しているようだ)て完成。

この「ネイビー」というカラーを持つベゼルはロレックスには存在しないものの、もともとのプロスペックスのダイヤルのカラー、そして交換した新しい針にもマッチしており、ロレックスよりもエレガントに見えますね。

2021-01-17 8.45.33

加えて、このエンボス加工ベゼルはサブマリーナーではなくヨットマスターのみに採用されるものではありますが、それもまた一風変わった「味」を出しており、一見して「ロレックスのニューモデル?」と思ってしまいそうな外観へと変身しています。

SEIKO ダイバー ブラックボーイはロレックス・ヨットマスター風に

そしてこちらはセイコー・ダイバー SKX007ブラックボーイ(4万円くらい)をロレックス・ヨットマスター風にカスタム。

まず、こちらが「カスタム前」。

質実剛健なダイバーズウォッチという感じですね。

2021-01-17 8.58.16

例によって分解してゆきます。

2021-01-17 8.58.52

ダイヤル外周はブラックの目盛りつきからステンレススティール地金仕上げへと変更。

2021-01-17 8.58.59

針はロレックス風の「ベンツ針」へ。

ただし秒針はオレンジへと変更し、オリジナリティを出しています。

2021-01-17 9.00.05

ベゼルも交換して・・・。

2021-01-17 9.00.27

インサートはヨットマスター風のエンボス加工品へ。

2021-01-17 9.00.33

完成!

おそらく「オレンジ針」はこのオレンジベルトへの交換を前提とした選択だったのでしょうね。

2021-01-17 9.01.15

こちらも実際のロレックスには「存在しない」仕様ではありますが、そこがまた面白い選択だと思います。

セイコー5はロレックスGMTマスターII”ペプシ”へ

そして最後に紹介するのは「セイコー5(4万円くらい)をGMTマスターIIへ」。

これまでとほぼ同じカスタム内容を持っており、「針とベゼル、ブレスレットの交換」というライトなメニューです。

まずはベースモデルを分解し・・・。

2021-01-17 9.15.28

ロレックスのスポーツモデル同様のデザインを持つ針へと交換(秒針はレッド)。

2021-01-17 9.15.42

ベゼルをブルーとレッドの「ペプシ」へ。

ダイヤル外周はブラックのままにとどめているようですね。

2021-01-17 9.16.07

ベルトをジュビリーブレスへと交換して完成。

2021-01-17 9.16.12

こちらも一見するとGMTマスターIIのように見え、しかし「ちょっと何かが違う」という、マニアックなカスタムだと言えそうです。

参照:TheDubaiExpat, Nisokies Nafokies, WatchSK / SeikoModsDubai

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5

f