ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>ポルシェ(Porsche) ■新型車情報/スパイフォト/噂など

【動画】新型ポルシェ911GT3の最新ティーザー動画が公開!強烈なサウンド、そして走りにシビれてみよう

投稿日:

新型ポルシェ911GT3のプロトタイプ

| 新型ポルシェ911GT3の発表まではあと数日 |

さて、2月16日に公開される予定となる「新しい911GTファミリー」のティーザー動画が公開。

動画を見るにブルーのボディカラー、そしてブルーのラインを持つホイールが確認でき、これは先日トップギアが「チラ見せ」した新型911GT3と一致する模様。

よって、様々な憶測が流れた「新型GT」は911GT3だと断定して良さそうです。

新型ポルシェ911GT3の動画
【動画】新型ポルシェ911GT3ついにチラ見せ!フロントサスはポルシェ911初の「ダブルウィッシュボーン」採用、これはロードカーというよりレーシングカー

| しかも新型ポルシェ911GT3は見た目がけっこうオシャレ |この記事のもくじ| しかも新型ポルシェ911GT3は見た目がけっこうオシャレ |新型ポルシェ911GT3はこれまでにないほどサーキットに ...

続きを見る

ポルシェはすでにプロトタイプの画像を公開済み

なお、ポルシェは新型911GT3について、昨年末にティーザー画像を公開済み。

よっておおよそのスタイルは把握できているものの、見た限りではGT3史上もっとも(前モデルからの)飛躍が大きいという印象。

2021-porsche-911-gt3-prototype-rear-quarter-dynamic

そのデザインはロードカーのエボリューションモデルというよりはレーシングカーである911RSR、GT3 Cup(GT3 Cup自体が911RSRに随分近くなったように思う)の公道走行版という印象であり、ほかの911系とは完全に別モノといった感じですね。

2021-porsche-911-gt3-prototype-rear-quarter-dynamic (1)

新型ポルシェ911GT3カップ(992)
新型ポルシェ911GT3 Cup発表!リアウイングの幅は1,902ミリ、「過去最高のカップカーに仕上がった」

| もはやカップカーというより911RSRに近い |この記事のもくじ| もはやカップカーというより911RSRに近い |オフィシャルフォトの印象は大きく変わった新型ポルシェ911GT3Cupはこんなク ...

続きを見る

フロントフード先端のエアアウトレットはこれまでの911GT3には見られないほど容量が拡大しているように思われるものの、よくよく見ればフロントのトランクスペースを圧迫していないようにも見え(実際はどうかわからない)、もしそうだとすると「さすがポルシェ(ポルシェはモータースポーツ活動を重要視しているが、日常性や整備性も同時に重要視している)」。

2021-porsche-911-gt3-prototype-hood

そしてロードカーなのにここまで大きなスワンネック式リアウイングを採用するのも「さすがポルシェ」。

993世代にて「911GT2」を発売したときにも「これを本当に一般人向けに売るのか・・・」驚かされましたが、新型911GT3はそれ以上の、そして新型911GT3RSはそれ以上の驚きを与えてくれることになるのかもしれません。

2021-porsche-911-gt3-prototype-wing-detail

一方でパワートレーンの詳細は謎のまま

外観が「おおよそ」判明している反面、そのパワートレインは謎のまま。

公開された公式ティーザー画像を見るに、搭載されるエンジンは4リッター・フラットシックスであることがわかり、そしてこれは自然吸気だと思われますが、その出力は先代比で+10馬力の510馬力と見られます(一方、車体重量は増加していないとされるので、パワーウエイトレシオは向上している)。

2021-porsche-911-gt3-prototype-gauges

ポルシェのGT部門を率いるアンドレアス・プルニンガー氏によると「(エンジンを担当する)エンジニアたちの努力の80%は、厳しい環境規制をクリアするために向けられ、残りの20%は新型911GT3の性能を次のレベルへと引き上げるために使用された」。

それだけ環境規制に対応することが困難になっているということを意味する事例ではありますが、このご時世でまだ「パワーアップできた」ところもさすがポルシェということなのかもしれません(フェイスリフトやモデルチェンジで”パワー据え置き”のクルマも出てきた)。

2021-porsche-911-gt3-prototype-wheels-brakes

ただ、「速さ」はパワーのみによって得られるものではなく、ポルシェは新型911GT3について、エアロダイナミクスを50%改善したとも述べ、サスペンションは25%固められた、とも。

そのほか、フロントサスペンションに用いられるウィッシュボーンはレーシングカーからフィードバックされた鍛造アルミ製、そしてホイールサイズも拡大されてフロントは20インチ(9.5J)、リアは21インチ(12J)。

このフロント9.5Jというのは、GRスープラ(RZ)のリアホイールの幅と同じであり、つまり「相当に太い」ということになりますね。

2021-porsche-911-gt3-prototype-driver-s-seat

新型911GT3のトランスミッションについては、「マニュアル」そして「PDK」両方が用意されることも判明していますが、992世代の911のモデルライフ後半にはハイブリッドモデルが登場するとも言われており、もし「全車ハイブリッド化」することになればMTも自ずと消滅することになると思われ、(レギュレーション次第だとは思いますが)フェイスリフト版(992型の)911GT3がハイブリッド化されるようなことがあれば、今回発表される「マニュアル・トランスミッション」は非常に貴重ということになりそうですね。

2021-porsche-911-gt3-prototype-shifter

新型ポルシェ911GT3のティーザー動画、発表イベント(予定)動画はこちら

参照:Motor1, Porsche

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->ポルシェ(Porsche), ■新型車情報/スパイフォト/噂など
-, , , , , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5