>BMW(ビー・エム・ダブリュー)

BMW関連ニュース3連発!BMWのデザイナー「目立ってナンボ」、M4ワゴンのレンダリング登場、新型M3/M4に早速リコール

投稿日:2021/02/25 更新日:

BMW ix

| BMWはとにかく目立ち、変わらねばならないという姿勢を貫いている |

さて、何かと(キドニーグリルが)話題のBMWですが、「いかに批判があろうとも、その製品は目立たねばならない」という信念を持っている模様。

これはBMWのデザイン部門を管理するドマゴジ・デュケック氏が語ったもので、おおよそこれまでに語ってきた内容とも一致しています。

加えてBMWグループにてデザインを統括しているエイドリアン・ファン・ホーイドンク氏もまた「一つの成功に固執し、そこにとどまってはならぬ」と語っているので、BMWとしては「とにかく変化し続ける」「とにかく目立つ」という方針を持っているのは間違いなさそう。

たしかにメルセデス・ベンツ、アウディに比べてもBMWは衝撃的なデザインが(以前から)多く、かつ世代ごとの変化が大きいようにも思います。

一時を境にBMWは「孤高の存在」に

ちなみに「E36」時代にはその全体的なデザインやサイドステップのデザインなどが他メーカーに模倣される事が多かったものの、E46そしてそれ以降についてはそのデザインを真似るメーカーもなくなってしまったので、もしかするとその頃には「ほか自動車メーカーが付いてゆけなくなった」のかもしれません(ただしバングル・アスはトヨタがちょっと真似しましたが)。

ただ、批判を気にして日和ったがため、どっちつかずになって誰からも受け入れられなくなるケースもあり、であればBMWのように「20%に受け入れられればそれでいい」と割り切るほうがすっといい、とも思います。

BMW 4シリーズのキドニーグリル
BMWのデザイナーが新型4シリーズのキドニーグリルについて語る!「批判があるのは承知の上だ。そもそも4シリーズは万人に向けてではなく、20%の人に対してだけデザインされたものだ」

この記事のもくじ1 | ボクはどうやらその20%に入っているらしい |1.1 なぜに20%?2 ただし現代では「アクの強い車」が万人受けすることに2.1 あわせて読みたい、関連投稿 | ボクはどうやら ...

続きを見る

参照:: Autocar

BMWは「M4シューティングブレーク」を作るべき?

BMWはM3ワゴン(ツーリング)を発表する予定ではありますが、今回はレンダリングアーティストによって「M4ワゴン」の画像が公開に。

もちろんこれは公式ではなく、BMWが実際にこれを発売することは起こり得ず、しかしなかなかに魅力的な作品ですね。

【今日のニュース】BMW M3ツーリングの公式ティーザー動画公開、メルセデスAMG GT 73eの試作車登場、中国・吉利汽車からは旗艦セダン

この記事のもくじ1 | ただしBMW M3ツーリングの発売までにはあと2年ほど待たねばならない |1.1 メルセデス・ベンツは「AMG GT 73」を投入?1.2 中国・吉利汽車の新フラッグシップセダ ...

続きを見る

なお、欧州ではワゴンボディが一定のシェアを持つとされるものの、やはり積載量や使い勝手を重視するためか「5ドア」が一般的。

そして欧州発とされるボディ形状として「5ドアハッチバック」というものがありますが、それくらい欧州では実用性が考慮されているということになるのだと思われ、となるとますます「3ドアボディのワゴン」が存在する余地はないのかも。

2021-02-23 12.24.35

ただ、おそらくは唯一の(BMWにおける)例外としてZ3のワゴンボディ「Z3クーペ」が存在し、しかしこちらは新車販売時にはサッパリ人気がなく、しかし最近になって大きく価値を上げているようですね。

BMW Mクーペの中古価格(Z3クーペ)
時々欲しくなる中古車「BMW Mクーペ」。当時は不人気だったものの現在は「コレクターズアイテム認定」によって価格上昇中。世の中何が起きるかわからないものだ

この記事のもくじ1 | 当時の人気不人気に関わらず、個性の強い車は人々に記憶されやすい |1.1 当寺からマニアに人気はあったが1.2 「Z3クーペ」も値上がり中2 「Mロードスター」の国内在庫は1台 ...

続きを見る

参照:sugardesign_1

BMWはM3/M4をリコール

そしてBMWは発売したばかりの新型M3とM4にリコールを届け出。

なお、先代M3/M4も含まれ、2019年〜2021年モデルまでがリコールの対象となり、これはABSユニットが原因だとされています。

ハードなブレーキングを繰り返すと溶接が外れブレーキのアシスト力が弱くなるとされていますが、M3/M4のほかにM8、M850i、M840i、740Li、750Li、M760Li、745Le、X5M、X5 M50i、X5 40i、X6M、X6 M50i、X6 40i、X7 M50i、X7 40i等にもリコールが出されており、日本においてもなんらかの発表があるかもしれませんね。

BMW M4
新型BMW M3/M4正式発表!初の4WDを備えホイールは前後異径!最強の戦闘力を備える新世代「M」

| 思ったよりもずっと魅力的な内容で登場してきた | 発表直前にリークの憂き目にあってしまった新型BMW M3/M4。しかしながら今回、公式にて「究極のドライビングマシン」という触れ込みにて発表され、 ...

続きを見る

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5

f