>フェラーリ(Ferrari) ■そのほか車関連のネタなど

【動画】洗車場からカッコよく出てきたフェラーリがその直後に事故!なぜこういった事故が起こるのか?その理由はこうだ

投稿日:2021/03/12 更新日:

洗車場からカッコよく出てきたフェラーリがその直後に事故

| クルマはどうやっても物理的限界を超えて走行することはできない |

さて、なかなか減らないスーパーカーの事故。

とくにこの1年はコロナ禍ということもあって人々に大きなストレスがたまり、世界中でクルマの暴走や速度超過が増加している、ともいわれます。

加えて、自粛や緊急事態宣言、外出規制などで交通量が減ったにもかかわらず死亡事故が増加している国や地域もあるといい、しばらくこの傾向が収まることはないのかもしれません。

【動画】ロックダウン中のNYでポルシェ・カレラGTが暴走→クラッシュ。逃走中に3台のクルマへ衝突し、ボロボロの姿に・・・

この記事のもくじ1 | 非常に希少なクルマだけにもったいない |1.1 事故の内容はこんな感じ1.2 こんな記事も読まれています | 非常に希少なクルマだけにもったいない | ニューヨークにて、ポルシ ...

続きを見る

そんな中、こうしてフェラーリの事故が発生した

そして今回のフェラーリの事故ですが、発生したのはトルコにて。

まずはブラックのフェラーリ458スパイダーが洗車場から出てきます。

6

そしてアクセルをドカンと踏んでカッコよく路上へ。

5

と思ったもののテールスライドを誘発し、オーバーステア状態となり・・・。

4

中央分離帯にリアをヒット。

3

その反動で反対側にリアが振り出され・・・。

2

くるっとスピンして中央分離帯に乗り上げることに。

なお、一瞬車体が浮き上がるほどの速度で衝突しており、車体全体に歪みが発生している可能性が高いと考えると「修理代金は安くない」のかもしれません。

1

なぜこういった事故が起きるのか

そこでなぜこういった事故が起きるのかということですが、単にアクセルを踏みすぎるから。

FRもしくはミドシップリア駆動(MR)のスポーツカーやスーパーカーの場合は、駆動輪の前にある重量物を「後輪で押し出す」ことになりますが、停止もしくは低速状態でアクセルを踏みすぎると、重量物を押し出す前に後輪が空転してしまうわけですね。

たとえば、自分が目の前にある大きな冷蔵庫を押して動かそうとしたとき、足の回転を速くしたからといって冷蔵庫を効率的に押し出せるわけではないのと同じです。

そして空転する理由は「グリップを失っているから」で、これは一般に(停止状態からの発進だとタイヤがまだ温まっておらず硬いため)路面とタイヤとが「噛み合ってないから」。

冷蔵庫の例でいうと、「足の裏や靴底が滑る状態では冷蔵庫を押し出せず、床と足とが密着した状態でないと、力が伝わらず足が滑ることで力が逃げてしまう」ということになります。

よって、こういった停止状態からの急発進はとくに事故が起きやすく、さらに言うと「ステアリングを切った状態での急発進は自殺行為」。

またもや冷蔵庫の例で言うならば、冷蔵庫を正面から押さず、右端や左端だけを押しているようなもので、そうなると冷蔵庫は前に進むよりは「斜めに回ろうとする」ことが想像できると思います。※FFの場合は、冷蔵庫を「引っ張る」ことになる

とにかくアクセルを離してブレーキを踏む

そしてこういった状況に陥ってしまった場合、ハイパワーなクルマだともうアクセルやステアリングホイールでのコントロールは難しく、アクセル操作で姿勢を立て直したり、カウンターを当てて車体を制御するのは非常に困難(不可能ではないが、それができるスキルを持つ人はそもそもこういった状態にはならないと思う)。

よって、ぼくの経験上であれば、とにかく死ぬ気でブレーキペダルを踏みつけ、前を見てステアリングホイールを「行きたい方向」へとしっかり保持していれば、現代のクルマの優秀なABSがなんとかしてくれる可能性が高いと考えています(ABSがなければ、もう運を天に任せるよりほかはないかも)。

高速走行時の問題は別問題

なお、高速走行時のクラッシュについては「低速時とはまったく別の問題」で、主に”慣性”によるものと思われます。

これは低速・停止時からの急加速にて「リアタイヤが滑る」のとは別の話であり、ブレーキを踏んでも慣性のために(予期したように)減速しない、ステアリングホイールを回しても慣性のために曲がらない、もしくは質量の重いリアが振り出されてしまうということになり、たとえばぼくらが道を「歩いて」いるときには直角に曲がれるかもしれないものの、「走って」いるときには直角に曲がれないのと同じです(超人血清にて超人化した直後のキャプテン・アメリカが、自分の走る速度をコントロールできず曲がれなかったように)。

こうやって考えると、クルマが物理的な限界を超えるの難しく(4WDやトルクベクタリング、アクティブサスペンションはこの限界値を高めるデバイス)、クルマの運転は運動神経によって行うものではないということもわかり、ぼくらは「クルマの挙動」をまず理解するところから始める必要があるのかもしれません。

フェラーリ458スパイダーがクラッシュしてしまう動画はこちら

https://www.youtube.com/watch?v=kcjHV10PUYw&t=1s

合わせて読みたい、スーパーカーのクラッシュ関連投稿

【動画】フェラーリ812が公道でクラッシュ!その時室内では何が起きているのかをドライバー目線で見てみよう

この記事のもくじ1 | スーパーカーは直線でも容易にクラッシュしてしまう |1.1 事件はロンドン市内で起こった1.2 なぜこういった事故が起きるのか?1.3 合わせて読みたい、関連投稿1.4 こんな ...

続きを見る

フェデリコ・マルケッティ選手のフェラーリ812スーパーファストがクラッシュ
サッカー選手がフェラーリを洗車に出す→洗車場スタッフが操作を誤り、5台に衝突した上ガードレールに突っ込み大破という事件が発生

この記事のもくじ1 | フェラーリ812スーパーファストの損傷は深刻だが、人的被害が無かったのが幸い |1.1 洗車場のスタッフであればこういったクルマの扱いに慣れていそうだが1.2 スーパーカーはい ...

続きを見る

アウディR8が暴走→停車中の13台の車に突っ込みR8も半分に。なお例によって「レンタカーでの事故」「ドライバーは逃走」

この記事のもくじ1 | これだけの大事故なのによく自力脱出して逃げおおせたな |1.1 例によって「レンタカー」1.2 こんな記事も読まれています | これだけの大事故なのによく自力脱出して逃げおおせ ...

続きを見る

参照:PonçikVines

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5