>ホンダ/アキュラ(HONDA/ACURA)

ホンダが上海にて「Honda SUV e:prototype」公開!見た感じはヴェゼルのEV版、HondaブランドのEVを象徴する第1弾に(Honda eはどうなる・・・)

投稿日:

ホンダが上海にて「Honda SUV e:prototype」公開

| ホンダはEVのデザインを再考してこの方向へ? |

さて、ホンダが上海モーターショーにて未来の電動クロスオーバー、「Honda SUV e:prototype(ホンダ エスユーブイ イープロトタイプ)」を公開。

今回は「コンセプト」と銘打つものの、実際に2022年春には市販されると紹介されています。

全体的な印象は「新型ヴェゼル」に近く、もちろんヴェゼルがベースなのだと思いますが、現時点では詳細が公開されておらず、実際のところは不明です。

LEDライティングにて「未来」を演出

なお、ホンダのデザイナーは「未来」を示すため、もしくはヴェゼル(HR-V)との差別化のため、あるいは中国市場での嗜好に対応するためなのか、車体のあちこちにLED」を追加。

フロントだと特徴的なヘッドライトに加え、グリルにまで連結するLEDバー(はぜか中央で途切れている)。

その下には光るホンダの「H」マーク、そしてバンパー下部左右にもLEDが配置されています。

honda-suv-e-prototype (2)

サイドから見てもやはり(ドア下部に)LEDライトバーが追加されていますが、フロント~サイド~リアアンダーはヴェゼルに比較してもやや直線的、かつシャープな形状を持つ模様。

ウイングレットのような加飾も見えますが、こういったところはEVらしく「未来」「空気抵抗低減」を表現しているのでしょうね。

なお、ドアミラーは非常にコンパクトな形状を持っていますが、これは市販時には通常のドアミラーもしくはHonda eのように「カメラ」に改められることになりそうです。

ドハンドルについてはフラッシュサーフェス形状を持ち、やはり空力に配慮していることもわかります。

honda-suv-e-prototype (1)

リアもやはりLEDの発光面積が増え、リアウイングのエッジ全体が光るほか、テールランプはLEDバーへ、そして内部もスリット状の発行グラフィックに。

リアアンダーにも赤色LEDが見られます(バックフォグ?)。

そのほか、やはりホンダの「H」マークが白色に発光しており、ルーフはブラック仕上げの「ツートン」を持つ模様。

honda-suv-e-prototype (3)

上述の通り、ホンダはこのEVについて多くを語っていませんが、「HondaブランドのEVの象徴的な第1弾となる」こと、「力強くスムーズな加速性能を追求して”操る喜び”に溢れる走行性能を実現」したこと、「高度な音声識別インターフェースをベースに、”日常とのつながり””スマートフォン連携””OTAアップデートなどの先進機能を備えた第3世代Honda CONNECTにより、新鮮でFUNに溢れるモビリティ価値を提供する」ことを公表しています。

Honda SUV e:prototypeのプラットフォームについても不明ではあり、EV専用なのか、それともヴェゼルのプラットフォームを流用してEV化したものなのかも気になるところ。

今後のモデル展開含め、続報を待つしかなさそうですね。

「Honda e」は”なかったこと”に?

加えてですが、「HondaブランドのEVの象徴的な第1弾となる」という表現も引っかかるところで、これを見ると「いったいHonda eは何だったのか」という気もしてきます。

ホンダは「Honda e」を発売しており、それ以前には、ホンダeのデザインを踏襲した「スポーツEVコンセプト」を発表したことも。

もし今回の「Honda SUV e:prototype」が新世代のホンダのEVデザインを示すものであれば、ホンダe、そしてそれに連なる一連のモデルは「なかったことに」なるのかもしれません。

S800のEV版?ホンダがスポーツEVコンセプトを公開。「スポーツマインドはいつでもホンダのアイデンテティ」

「EVスポーツコンセプト」発表。コンパクトなピュアEV、発売に期待 ホンダが東京モーターショーにて、「スポーツEVコンセプト」発表。 これはジュネーブ・モーターショーにてホンダが発表した「アーバンEV ...

続きを見る

ホンダはBREEZE PHEVも公開

そしてホンダは上海モーターショーにて、「ブリーズPHEV」も公開。

これについては下記の通りアナウンスが行われています。

1618795344838

Honda独自の2モーターハイブリッドシステム「SPORT HYBRID i-MMD」をベースに、EVのようなフィールやトルクフルな走りを日常走行のほぼ全領域で実現しながら、長距離走行においても電欠不安のない、EVとハイブリッド車の強みを融合したプラグインハイブリッド搭載の新モデルです。広汽Honda初となるプラグインハイブリッド車として、今年の後半に中国での発売を予定しています。

Honda

参照:Honda

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->ホンダ/アキュラ(HONDA/ACURA)
-, , , , , ,

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5