>ポルシェ(Porsche) ■新型車情報/スパイフォト/噂など

ポルシェが正式に「マカンEV」のティーザーキャンペーン開始!発表は2023年、その前の2021年末にはガソリンエンジン搭載の「新型マカン」が出るそうだ

投稿日:2021/05/12 更新日:

ポルシェが正式に「マカンEV」のティーザーキャンペーン開始

| けっこう開発が進んでいそうだが、それでも2023年発表とは |

さて、ポルシェがマカンのエレクトリックバージョンを発売することは広く知られており、これまでにも様々なウワサやスパイフォトが出てきている状況ではありますが、今回ポルシェ自らが公式にティーザーキャンペーンを開始し、いくつかの情報を公開。

今回はまずプロトタイプの画像、そしてこれまでに至る開発の経緯等について触れています。

マカンEVプロジェクトの開始は4年前

ポルシェ役員、ミヒャエル・シュタイナー氏によれば、マカンEVプロジェクトが開始されたのは約4年前。

ここで重要視されたのは「空力」で、というのも空力の改善は走行距離を伸ばすために必要不可欠であり、そのためにまずコンピューター上にて「フローアラウンドモデル」を作成した、とのこと。

加えて、バッテリーを理想温度である20~70度に保つためにクーリングも重要となり、その意味でもエアフローの改善が「最優先」であったといいます(ガソリンエンジンだと、90~120度が理想的な温度だとされるので、これよりはかなり低い)。

Porsche-Macan-EV (5)

そこからバーチャルテストを行うことになりますが、これに用いるのは「デジタル・プロトタイプ」。

これを使用してのテストは時間そしてコストを大きく節約できるということを意味していて、さらには「開発カテゴリーごとに」デジタルプロトタイプが設計されることになり、合計で20台の「デジタル」マカンEVが設計された模様。

たとえば「エネルギーマネジメント」「オペレーションと音響」「エアロダイナミクス」といったカテゴリーそれぞれのデジタルプロトタイプが存在することになりますが、もちろんこれら20台は相互に連携を取り、進捗状況を共有しながら開発が進められています。

Porsche-Macan-EV (4)

それでも現実世界でのテストは非常に重要

実際にマカンEVのテストの多くはバーチャル環境下で行われることになり、それでもポルシェは「現実の世界でのテストは依然として重要」だと語っていて、その理由は「車両の構造、動作の安定性、ハードウェアやソフトウェア、すべての機能の信頼性がポルシェの高品質な基準を満たすためには、閉鎖されたテスト施設や公道での実際の状況下での耐久テストが不可欠」だから。

Porsche-Macan-EV (2)

こちらがその「リアルな」マカンEVの試作車ですが、計測機器含めて「非常に高価」なのだそう。

ただし、当然のことながら、ここで得られた数値はデジタル上のシミュレーションにもフィードバックされることになり、リアルとバーチャルとが相互に作用する環境が整っているようですね。

新型ポルシェ・マカン「エレクトリック」はどんなクルマに?

まず、このマカンEVに採用されるプラットフォームは「PPE(プレミアム・プラットフォーム・エレクトリック)」。

これはアウディと共同にて開発を行っている車体で、この上にタイカンと同様の800ボルト・アーキテクチャを載せることになる模様。

これにつき、ポルシェは「典型的なポルシェのEパフォーマンスを提供する」「オールエレクトリックのマカンは、そのセグメントで最もスポーティなモデルになる」ともコメントしており、大きな期待がかかりますね。

なお、発表は2023年だと公言されており、その前にガソリンエンジン搭載の「新型マカン」を2021年末に発表するともアナウンスされています。

Porsche-Macan-EV (3)

その外観についてはまだ不明なところが多く、現時点ではプロトタイプは分厚い偽装に覆われたまま。

ヘッドライトはタイカン風の「横長」を採用し、今後ポルシェはエレクトリックモデルに対し、この横長ヘッドライトを採用することになりそうですね。

フロントバンパー上の偽装も厚く、しかしフロントグリルはおそらく「全閉」だと思われます。

リアウインドウは緩やかに傾斜した「クーペ風」、そしてそれに伴ってリアサイドウインドウのグラフィックも変更され、かつ前後ホイールアーチには樹脂製のオーバーライダーが取り付けられているところを見るに、「マカン」と名はつくものの、実際には「タイカン・クロスツーリスモのSUV版」といった雰囲気を持つことになるのかもしれません。

Porsche-Macan-EV (6)

合わせて読みたい、ポルシェ関連投稿

ポルシェ・マカン「エレクトリック」初捕捉!現行マカンとは大きく異なるスポーティーなスタイルで登場か

この記事のもくじ1 | 画像を見るとかなり高い完成度を持っており、発表が近いことを伺わせる |1.1 マカンEVは「ハイパフォーマンス・エレクトリックSUV」1.2 ポルシェのEVは「横長ヘッドライト ...

続きを見る

ポルシェがタイカンの新バリエーション「クロスツーリスモ」正式発表
ポルシェがタイカンの新バリエーション「クロスツーリスモ」正式発表!オフロードデザインパッケージの用意、パノラミックルーフは魅力的

この記事のもくじ1 | タイカン・クロスツーリスモは、ポルシェに新しい客層を呼び込むことになりそうだ |2 ポルシェ・タイカン・クロスツーリスモはこんなクルマ2.1 やはり魅力は「ワゴンボディ」2.2 ...

続きを見る

ポルシェ・カイエン
ポルシェ・カイエンにも「ピュアエレクトリックモデル」登場のウワサ!マカン同様に「エレクトリック版とガソリン版とを併売し」緩やかにピュアEVへと移行させる?

この記事のもくじ1 | ポルシェの人事異動によって、カイエンの開発担当がタイカンのプロジェクトリーダーへと入れ替わったようだ |1.1 ポルシェのエレクトリック化は思ったよりも早く進みそうだ1.2 た ...

続きを見る

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5