>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) ■映画や音楽、本、ゲームについて

世界で最も有名な「あのスープラ」!ワイルド・スピードの撮影に使用され、実際にポール・ウォーカーが乗った個体が競売に登場

投稿日:2021/05/24 更新日:

世界で最も有名な「あのスープラ」!ワイルド・スピードの撮影に使用され、実際にポール・ウォーカーが乗った個体が競売に登場

| ワイルド・スピード撮影後、いったんワイルド・スピードX2撮影のためにゴールドに塗られるも、当時のスタッフによって正式にレストアされる |

以前にも実際に撮影に使用された個体が2000万円近くで落札されたが

さて、映画「ワイルド・スピード」にてもっとも有名なクルマというと「ブライアンのスープラ」。

今回は実際に映画の撮影に使用され、ポール・ウォーカーがステアリングホイールを握った車輌がバレットジャクソン主催のオークションに登場することに。

なお、これは「ワイルド・スピード」第一作目の撮影のために制作された数あるスープラのひとつで、内外装の撮影時に使用されたと紹介されています。

【動画】「ワイルド・スピード」にてスクラップのスープラを蘇らせたあの感動をミニカーで再現!まさかここまでできるとは

| まさかここまで手の込んだ仕事をする男がいたとは | さて、映画「ワイルド・スピード」といえばポール・ウォーカー、ポール・ウォーカーといえば80スープラですが、今回は劇中にてポール・ウォーカー扮する ...

続きを見る

いったんはゴールドにペイントされるも「元の姿」に

このスープラは上述の通り第一作目の「ワイルド・スピード」の撮影に使用され、その後には第二作目「ワイルド・スピードX2」撮影のためにゴールドにペイントされることに。

ただし今回、もともとこのクルマを製作したカリフォルニア州のショップそしてエディ・ポール氏によってレストアが施され、「ワイルド・スピード」登場時と同様の外観へと戻されています。

3the-fast-and-the-furious-toyota-supra-auction-rear-three-quarters

ボディカラーはランボルギーニ・ディアブロに純正採用されるものと同じ色味(オレンジパール)を持ち、ボディサイドには「ニュークリア・グラディエーター」のグラフィック。

2the-fast-and-the-furious-toyota-supra-auction-three-quarters-low-angle

ボメックス製のフロントスポイラーにサイドスカート、TRD製ボンネット、APR性のアルミ製バイプレーンリアウイングも健在です。

5the-fast-and-the-furious-toyota-supra-auction-rear-wing

ホイールは19インチの5本スポーク。

この個体には「オーディオシステム」が積まれておらず、「オーディオ担当」はまた別のスープラだったのでしょうね。

4the-fast-and-the-furious-toyota-supra-auction-hatch-open

搭載されるエンジンは「ノーマル」

なお、このクルマはエンジンルームの撮影に使用されることはなかったために「エンジン本体はノーマル」。

ボンネット内に収まるのは3リッター6気筒ターボです。

6the-fast-and-the-furious-toyota-supra-auction-engine

インテリアも劇中車同様に戻されていますが、モニターなどいくつかが欠損している模様。

ちなみにトランスミッションは4速ATだそうですが、マニュアル・トランスミッションに見せるための丸いシフトノブが装着されています。

7

過去には2000万円近くで同様のスープラが落札されたことも

なお、このスープラがオークションに登場するのは今回が初だと思われますが、この「ブライアンのスープラ」はシーンにあわせて相当数が制作されており(走行シーン用、アップ用、スタント用など)、別の個体がかつて2000万円近くで落札されたことも(そちらの個体はターボではなく自然吸気エンジンが積まれていた)。

そして今回出品されるスープラには正式な鑑定書が付属するとされ、おそらくは「相当な」ところまで価格が上がることになりそうです。

合わせて読みたい、「ワイスピカー」関連投稿

ワイルド・スピードにてポール・ウォーカーがドライブしたスープラの”レプリカ”販売中。「公式」ではないためか400万円とあまりに割安

| 公式でなくともその出来栄えは”本物同様” | さて、「ワイルド・スピード」に登場することで一気にその人気が加熱した80スープラ。劇中にて、スクラップからポール・ウォーカー扮するブライアンとその仲間 ...

続きを見る

ワイルド・スピードではなぜスープラが使用されたのか
【動画】ワイルド・スピードではなぜ「スープラ」が採用されたのか?三菱GTOでもトヨタMR2でも日産フェアレディZでもなかった理由、そしてその他に"ボツ"となった大量のクルマについて関係者が語る

| スープラは「人力でルーフをふっとばすシーン」を再現できたのが大きな理由 | さて、映画「ワイルド・スピード」シリーズの多くの作品にてカーコーディネーターとテクニカルアドバイザーを務めてきたクレイグ ...

続きを見る

ワイルド・スピードに登場するクルマのレプリカ
【動画】スープラやGT-Rも!世界最大の「ワイルド・スピード登場車」コレクションが発見される!現在24台、35台までは拡大予定

| わずか3年でここまでのレプリカを集めたようだ | さて、カナダはアルバート州にて、ワイルド・スピードに登場したクルマのレプリカを24台も所有する男がいると話題に。なお、詳しいロケーションは明かされ ...

続きを見る

参照:Barret-Jackson

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS), ■映画や音楽、本、ゲームについて
-, , , , , , ,

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5