>ルノー/アルピーヌ(RENAULT/ALPINE) ■新型車情報/スパイフォト/噂など

アルピーヌが2024年以降に発売する「EV3兄弟」の情報を公開!スポーツカー、グランドツアラーに加え「ルノー5ターボ」というべきホットハッチもあるぞ!

投稿日:

アルピーヌが2024年以降に発売する「EV3兄弟」の情報を公開

| ルノーは総力を挙げてエレクトリック化に対応しており、その速度には目をみはるものがある |

第一弾は2024年に登場、思ったよりも速くアルピーヌの電動化が進みそうだ

さて、ルノー・スポールにかわり、ルノーのハイパフォーマンスブランドとして活動することとなったアルピーヌ。

今回は「今後登場することになる」グランドツアラー、ホットハッチ、スポーツカー3台のシルエットを公開しています。

なお、これらはすべて電気自動車となり、ルノーグループのCEOであるルカ・デ・メオ氏が「EWays Electro Pop」イベントにて語ったところによると、その第一弾は2024年に登場する、とのこと。

アルピーヌA110は短い命だった

現在アルピーヌは完全専用設計を持つA110を展開していますが、これは来たるべき(そう遠くない)時期に新型エレクトリックスポーツに取って代わられることになり、この新型スポーツカーはロータスとの共同開発となる見込み。

そして今回公開されたティーザー画像を見ると、A110とはかなり異なるシルエットを持っていて、A110の後継というよりはブランニューモデルとなるのかもしれません。

アルピーヌとルノーが提携
アルピーヌとロータスが提携!よくよく考えるとこれ以上相性のいい組み合わせもなく、両者は「ピュアエレクトリックスポーツ」を今後開発するようだ

| おそらくはアルピーヌ側のほうが得るものが多いと思われる | さて、ルノーは先日大きな改革を行うと発表したところですが、その中で挙げられていたのが「アルピーヌブランドの再構築」。すでにルノーはF1チ ...

続きを見る

アルピーヌはポルシェ・タイカンに対抗?

3台のうちの1台は「グランドツアラー」だと紹介され、これは比較的大柄なボディにクーペスタイルのリアセクションを持っており、ポルシェ・タイカン、テスラ・モデルS、アウディ e-tron GTへの対抗だと言われます。

このモデルについては今回はじめてその計画が明らかにされたものですが、ルノー=日産・三菱アライアンスに含まれる様々なブランド(ルノー、日産、三菱、ダチア、ラダ)のC~Dデグメントにて展開されるEVと同じCMF-EVプラットフォームを持ち、グループ全体では(このプラットフォームを使用するクルマを)年間70万台生産するという野心的な意向を持っているようですね。

なお、このグランドツアラーは低重心、理想的な重量配分、マルチリンクリアサスペンション、クイックステアリングレシオなどにより、ドライビングプレジャーを向上させており、「比類なきパフォーマンス」、「より広い室内空間」、「最大580kmの航続距離」という魅力的な要素も持ち合わせている、と紹介されています。

もちろんアルピーヌから発売されるモデルは、グループ中でもっともハイパフォーマンスな仕様を持つものと思われます。

アルピーヌからは「ホットハッチ」も

そして見逃せないのが「最後の一台」、ホットハッチ。

これはすでにルノーが発表した「ルノー5(サンク)のリバイバル」をベースとしており、使用されるのは同グループのBセグメント(ルノー・クリオ、日産・マイクラ、ダチア・サンデロ等)に採用されるCMF-Bアーキテクチャーを電動車用に進化させたCMF-BEVプラットフォームを採用。

ルノー5プロトタイプ
ルノーが「5(サンク)」をEVとして復活させると発表しプロトタイプを公開!過去の資産をリバイバルし革命を起こす「Renaulution」計画も公表

| この新しい「ルノー5(サンク)」はちょっと欲しい | さて、つい先日「ルノーは”5”をEVとして復活させる計画がある」と報じられたばかりですが、イキナリその「ルノー5プロトタイプ」の画像そして実車 ...

続きを見る

ルノーによると、現在ルノーが欧州を中心に販売しているEV、「ZOE」に比較してコストを33%削減したうえ、一回の満充電あたり航続可能距離を最大400kmまで延長するとしていますが、アルピーヌブランドからこれが登場するとなると「5ターボ」とも言えるべき過激なルックスや性能にも期待してしまいますよね。

実際のところ、今回公表された画像でも「大きなリアウイング」を確認でき、ぼくとしてはこの3台の中ではもっとも気になるクルマです。

なお、ルノーがこれだけEVを急ぐのには理由があり、ひとつは「EVの価格が、バッテリーの生産量拡大に伴い下がってくるから」。

BMWのキー
EVの価格は早ければ2024年には「ガソリン車よりも安く」なるようだ!生産効率向上によってコストが減少し、逆にガソリン車は触媒の価格が上昇し今後値上がりしてゆく模様

| 様々な予測が出ているものの、これまでにも予測が当たったためしはあまりない | バッテリー価格の予測については「下がる」派と「上がる」派があるようだ さて、普及が進むようで進まないような電気自動車。 ...

続きを見る

もう一つは「ガソリン車の製造コストが、規制に対応するためにどんどん高くなっているから」。

そして一定の時点で「ガソリン車とEV」との価格が逆転するだろうという見方も示しており、この読みが当たるかどうかで勝敗が大きく分かれることになりそうです。

ルノーCEO「ユーロ7が導入されれば、触媒の価格が高騰しコンパクトカーの価格が倍になる」
ルノーCEO「ユーロ7が導入されれば、触媒の価格が高騰しコンパクトカーの価格が倍になる」。よって小型車メーカーは上級移行かEV移行かしか道が無さそう

| まさか触媒の価格がここまで高騰することになろうとは | さて、ルノーCEO、ルカ・デ・メオ氏が英国Autocarに語ったところでは、「欧州におけるコンパクトカーの価格は2倍になる」とのこと。その理 ...

続きを見る

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->ルノー/アルピーヌ(RENAULT/ALPINE), ■新型車情報/スパイフォト/噂など
-, , , , , ,

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5